05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

2016年八幡野7/30-3-  

夕食は、ガイドさんやゲストさんと一緒に「だんらん」さんへ。
2016年7月30日八幡野1だんらん
終いが早い「だんらん」さんは、食事のみが基本です。
しかしそこはOつがい、一杯だけでも、生ビールを確保。
2016年7月30日八幡野2だんらん
食事は、お店オリジナルの、ポキ丼を選択。
マグロを、玉ねぎやしょう油、ゴマ油等のタレで和えて
ご飯にのせたものです。
2016年7月30日八幡野3だんらん
お腹は一杯になりましたが、アルコールが足りないので
宿に帰って、飲み直しま〜す。

テーマ: 外食グルメ

ジャンル: グルメ

タグ: ビール  ポキ丼  だんらん 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2016年八幡野7/30-2- 

それでは再び、八幡野ビーチへ。
まずは、カマスベラがやってきました。
2016年7月30日八幡野1カマスベラ
岩の上には、綺麗なフタイロニシキウミウシがいます。
2016年7月30日八幡野2フタイロニシキウミウシ
ガイドさんが、砂溜まりで何か見つけました。
目を凝らしてよ〜く見ると、確かに生物はいるのですが
ガイドさんも見失ってしまうほどのサイズ。
何だかわからないので、とりあえず写真に撮り、拡大してみてみると・・・
サガミツノメエビです!
2016年7月30日八幡野3サガミツノメエビ
まさか八幡野の砂地に、サガミツノメエビがいるとは。
コンデジではこれが限界ですが、実は綺麗な模様があり
マニア心をくすぐる生物のひとつです。

名残惜しいですが、サガミツノメエビとお別れし、場所を移動すると
タテヒダイボウミウシが散歩中。
2016年7月30日八幡野4タテヒダイボウミウシ
岩の亀裂の中には、シュンカンハゼがいました。
珍しくボ〜ッとしている個体で、撮り放題でしたが
全身を出してくれなかったのは、ちょっと残念。
2016年7月30日八幡野5シュンカンハゼ
しつこくシュンカンハゼを撮っていると、さすがに逃げられ
代わりに、イチモンジハゼを撮影。
2016年7月30日八幡野6イチモンジハゼ
イチモンジハゼにも逃げられた後は、ムスメウシノシタに遊んでもらいました。
2016年7月30日八幡野7ムスメウシノシタ
この亀裂のある岩、いつも何かいるんですよね。
2本目もこれにて終了し、続いて夕食です。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: カマスベラ  フタイロニシキウミウシ  サガミツノメエビ  タテヒダイボウミウシ  シュンカンハゼ  八幡野  イチモンジハゼ  ムスメウシノシタ   

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年八幡野7/30-1- 

東伊豆の、八幡野へ潜りに行ってきました。
早速いつものビーチへ、エントリー。

まずは、八幡野でよく見られる、ベニカエルアンコウ
2016年7月30日八幡野1ベニカエルアンコウ
それに比べて、ちょっと数の少ない、オオモンカエルアンコウ
2016年7月30日八幡野2オオモンカエルアンコウ
マクロモードに目線を変えると、ホソテンロクケボリを発見。
2016年7月30日八幡野3ホソテンロクケボリ
こちらは、シロオビコダマウサギガイのペア。
左の個体は、チクチクした外套膜に覆われていますが
右は、外套膜を完全に開いています。
全然違う生物に見えますね。
2016年7月30日八幡野4シロオビコダマウサギのペア
砂地に移動すると、ヒラメが鎮座していましたが
2016年7月30日八幡野5ヒラメ
Oつがいが近づくと「寄るな〜」と、泳ぎ去ってしまいました。
2016年7月30日八幡野6ヒラメ
続いて、カスザメを発見。
2016年7月30日八幡野7カスザメ
本当はここに、砂に潜るカスザメの動画を入れるつもりだったのですが
動画のアップロードが出来ませんでした。
どなたか、アップロードの仕方がわかる方がいましたら、教えていただけないでしょうか?

続いては、砂の中から顔を出している生物、三連発。
まずは、口の動きから、古参ダイバーにパクパクと呼ばれている
ホウジロゴマウミヘビ
2016年7月30日八幡野8ホウジロゴマウミヘビ
ホウジロゴマウミヘビより体の大きい、ハナアナゴ
2016年7月30日八幡野9ハナアナゴ
そして、ハナアナゴより顔のいかつい、ホタテウミヘビ。
2016年7月30日八幡野10ホタテウミヘビ
1本目終了。
少し休んだら、もう一度ビーチで潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ベニカエルアンコウ  オオモンカエルアンコウ  ホソテンロクケボリ  シロオビコダマウサギガイ  ヒラメ  カスザメ  ホウジロゴマウミヘビ  ハナアナゴ    ダイナンウミヘビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年新横浜ラーメン博物館・支那そばや7/18 


新横浜ラーメン博物館支那そばやさんの、30周年記念・ラーメン人気投票。
第3位 石臼挽き麺第2位八戸麺道 大陸と、制覇してきましたが
いよいよ、第1位のラーメンの登場です。
2016年7月18日支那そばや1
それがこちら、絹腰和伊麺(醤油)。
イタリアの「パスタ」と日本の「ラーメン」による「麺の融合」というテーマから生まれたそう。
今や、イタリア人シェフの作るラーメンもある時代。
創業者・佐野実氏の先進性を感じます。
2016年7月18日支那そばや2
支那そばやらしい、醤油のコクと旨味を蓄えたスープ。
2016年7月18日支那そばや3
小麦粉は、国産小麦を独自にかけ合わせた「支那そばや御用達粉」と
イタリア産デュラムセモリナ粉をブレンドし、カンスイは佐野実氏が苦心の末
2年がかりで入手した、内モンゴル産を使用。
配合割合、加水率、熟成時間など、試行錯誤を重ね
パスタ寄りでもなく、中華麺寄りでもない、ツルツル感もありながら
中華麺とは違った独特の歯ごたえと風味・旨味を持つ麺が、完成したそうです。
2016年7月18日支那そばや4
第3位 石臼挽き麺、第2位八戸麺道 大陸、第1位絹腰和伊麺(醤油)と、
いずれ劣らぬこだわりのラーメン。
さて、どれが一番美味しかったか?
・・・結論は「好みによる」でした(笑)

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

タグ: 新横浜ラーメン博物館  支那そばや  八戸麺道  大陸  石臼挽き麺 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年深川江戸資料館7/17 

江戸東京博物館を後にし、江東区白河まで、テクテク歩いてきました。
次の目的地はここ、深川江戸資料館
2016年7月17日江戸深川資料館1
最初のエリアは、深川にゆかりのある人の紹介コーナー。
戯作者の山東京伝は、深川木場の出身。
南総里見八犬伝の著者、滝沢馬琴は、松平家の用人の五男として
深川の松平邸内で生まれたそうです。
その他、佐久間象山は深川に塾を開き、
伊東甲子太郎は、深川にあった道場主の娘と結婚。
七代目市川団十郎は、深川島田町に、豪奢な住居がありました。
2016年7月17日江戸深川資料館2
続いて地下へ降りると、江戸時代の深川の町へタイムスリップ。
長屋の他に、飼料問屋・八百屋・米屋・船宿・火の見櫓が再現されています。
2016年7月17日江戸深川資料館3
長屋の屋根の上の猫が、首を振りながら「ニャー」と鳴く現場を
見られたら、ラッキー。
2016年7月17日江戸深川資料館4
ほとんどの建物は、中に入ることができます。
2016年7月17日江戸深川資料館5
川べりには、船が係留されていたり
2016年7月17日江戸深川資料館6
路地裏を探検していると
2016年7月17日江戸深川資料館7
お稲荷さんの前に出たり
2016年7月17日江戸深川資料館8
さらには、突然雷鳴が轟き、夕立が降ってきたりと、演出もなかなか。
2016年7月17日江戸深川資料館9
以前から気になっていた、深川江戸資料館
お盆の時は、お化け屋敷に早変わりするそうなので、
今度はお化けに会いに行ってみたいです。

テーマ: 写真日記

ジャンル: 日記

タグ: 江戸東京博物館  深川江戸資料館  江戸時代  深川 

[edit]

trackback: -- | comment: 2