08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

2015年大瀬崎11/22-1- 

西伊豆の大瀬崎へ、ダイビングに行ってきました。
今回は珍しく、ボートダイビングです。
1本目のポイントは、シラガケI。
最初に見つけたのは、サキシマミノウミウシ
2015年11月22日大瀬崎1
シラガケIの名物、アキアナゴのコロニーへ向かいます。
ニョロニョロとたくさん出ていますが、相変わらず神経質で
全然、近寄らせてくれません。
2015年11月22日大瀬崎2
キンギョハナダイの幼魚が、小さな群れを作っています。
黒くて細長いのは、クリーナーで有名な、ホンソメワケベラの幼魚。
2015年11月22日大瀬崎3
アカオビハナダイもいます。
撮ろうとすると必ず、キンギョハナダイが割り込んできます。
2015年11月22日大瀬崎4
若いカンパチが2匹、獲物を求めてやってきました。
2015年11月22日大瀬崎5
イソギンチャクに住むマダム系、アカホシカクレエビ
2015年11月22日大瀬崎6
優雅な(でも実は獰猛な)ハナミノカサゴの幼魚。
2015年11月22日大瀬崎7
可愛らしい、オキゴンベの幼魚。
2015年11月22日大瀬崎8
キンギョハナダイの幼魚(オレンジ色)と、アカオビハナダイの幼魚(ピンク色)が
混泳しています。
2015年11月22日大瀬崎9
ガラスハゼもいました。
2015年11月22日大瀬崎10
いつもは岩の上で、ボ〜ッとしていることの多いアカハタ
悠々と、泳いでいます。
2015年11月22日大瀬崎11
伊豆基本4種と言われているウミウシの1種、シロウミウシ。
ちなみに左半分の点々は、ウツボの胴体。
2015年11月22日大瀬崎12
ふと視線を感じては、振り返ると必ず後ろにいた、イラ
2015年11月22日大瀬崎13
つい撮ってしまう、ソラスズメダイ。
この青い体色に、いつも魅了されますが、目つきの悪いところが難点。
2015年11月22日大瀬崎14
このシラガケIには、稀種のアカネキンチャクダイが2個体います。
Oつがいも目視はできましたが、神経質で、すぐに隠れてしまい
撮影は無理でした。
代わりに、普通種キンチャクダイを撮影。
2015年11月22日大瀬崎15
特に珍しい魚はいなくても、定番種をゆっくり観察できるのは、いいですね。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: サキシマミノウミウシ  アキアナゴ  キンギョハナダイ  アカオビハナダイ  アカホシカクレエビ  ハナミノカサゴ  オキゴンベ  ガラスハゼ  アカハタ  イラ 

[edit]

trackback: -- | comment: 6

« 2015年大瀬崎11/22-2-  |  落花生 »

コメント

久しぶりの海中!

こんばんは。
海の中の世界、久しぶりですね。
楽しみ!

yokoblueplanet #- | URL | 2016/10/10 18:23 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
PCのアクシデントで、更新がだいぶ遅れてしまいましたv-406
少しペースを上げて、更新していきますね。
O夫

だいぶ昔の海の中。写真とログを見返して、具体的なイメージを
一生懸命、思い出しております。頑張ります。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2016/10/10 19:06 * edit *

ウミウシ

久しぶりのウミウシですした~
ありがとうございます。

白秋マダム #K.8lH0lM | URL | 2016/10/11 14:04 * edit *

白秋マダム様。

白秋マダムさん、こんにちは。
次の更新でも、ウミウシが登場しますので、また見に来てくださいね〜v-411
O夫

そうでした、マダムさんのためにもっとウミウシ頑張らなくては!
お待たせして申し訳なかったです!
Oつま

Oつがい #- | URL | 2016/10/11 20:41 * edit *

水中はいいなぁ

こんにちは。
水中はやっぱりいいですね。
撮影は何かと難しそうですが成果ははっきりと見れるから楽しそうです。
あくまでも見る方としてですがね(笑)

さすがに潜っての撮影はこの歳ではチャレンジできません~
ので、撮ったつもりでOつがいさんの写真で楽しませていただきます。

気まぐれpapa #r0n3ENrY | URL | 2016/10/13 09:28 * edit *

気まぐれpaoa様。

気まぐれpapaさん、こんにちは。
水中撮影は、陸上より自由な角度から撮れる面白さがありますが
撮影時間に限りがあるのが難点なのと、何よりカメラを水中に持っていくためのハウジングが
カメラ本体より高価なのが辛いところです。
O夫

水中撮影に興味おありでしたら、潮溜まりは如何でしょう?
潜って撮るより、ある種、難しいかもしれませんけれど(汗)
深い海では見られない生き物が、たくさんいますよ〜e-446

Oつがい #- | URL | 2016/10/13 20:03 * edit *

コメントの投稿

Secret