07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

2015年兵庫県の旅10/12-7- 

淡路島を出発し、五色塚古墳舞子公園魚の棚と巡った、2日目。
最後の訪問地、兵庫県立考古博物館にやってきました。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館1
運良く特別展で、王墓の埴輪展を開催中。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館2
入館してすぐのスペースに、年代別に並べられた土器が、ずらりと並べられています。
その名も「ときのギャラリー」良いネーミングですねぇ。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館3
ここが、特別展の入り口。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館4
その前に、常設展示もざっと見学しましょう。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館5
縄文人と弥生人の身長比べ。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館6
左から、現代人、近世人(江戸時代)、中世人(鎌倉時代)、古墳人の身長比較。
江戸時代の人が、一番小さいんだ・・・。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館7
迫力ある、ナウマンゾウハンティングの様子。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館8
木の実は、貴重な食料でした。
今でも、これと全く同じ方法で、栃の実を保存・加工している
地域があるそうです。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館9
稲作が始まると、武器を含む道具も、様々に進化していきます。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館10
そして、交易が始まります。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館11
ここで、常設展は終了。
弥生時代?の男の子が、ちょこんと座っていました。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館12
続いて、特別展の「王墓の埴輪展」を見学します。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館13
地元兵庫県の、池田古墳で出土した埴輪だそうです。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館14
ずっと見たかった、水鳥の埴輪を、ここで見ることができました。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館15
羽が、後付けされているものも。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館16
立派な家形埴輪
2015年10月12日兵庫県立考古博物館17
船形の埴輪
この船で、どこまで遠征したんでしょうか。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館18
水鳥の埴輪は、表情も様々で、見飽きることがありません。
見えにくいですが、足もちゃんと表現されています。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館19
首、そして足の長いタイプ。
今年になって、水鳥が埴輪として祀られる意味を、知ることができましたが
それは、また後日。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館20
ゆっくり見学を楽しんでいたら、だいぶ時間がかかってしまいました。
最後に大急ぎで、ミュージアムショップを回ります。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館21
せっかく、古代から現代を旅してきたので、大中古代茶を購入し
家で、古代の味を楽しみたいと思います。
2015年10月12日兵庫県立考古博物館22
さあ、もう時間ギリギリ。
急いで新神戸へ移動しないと。
Yたかさん、運転よろしくお願いします!
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 淡路島  五色塚古墳  舞子公園  魚の棚  兵庫県立考古博物館  埴輪  池田古墳  大中古代茶 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« 2015年兵庫県の旅10/12-8-  |  2015年兵庫県の旅10/12-6- »

コメント

水鳥の埴輪

こんにちは。
水鳥の埴輪を見たのは,今回が初めてです!
ヒトと異なり、かなり写実的ですね!
丸みがあって可愛い感じがします。

yokoblueplanet #- | URL | 2016/09/15 15:23 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
O夫も、水鳥の埴輪を見るのは、初めてでした。
ずっと見たいと思ってましたが、まさか神戸で見れるとは!
兵庫県立考古博物館、ちょっと遠かったですが、行ってよかったです!
O夫

可愛いでしょう?
現代人にもストレートに伝わる造形ですよね。
許されるなら、ひとつ家に置いておきたいくらいですe-349
Oつま

Oつがい #- | URL | 2016/09/15 20:15 * edit *

こんにちは~

「魚の棚」の記事をリンクさせて頂きました
了解いただくのがおそくなってしまいまいスミマセン
よろしくお願いします。
(18日にのせようかと思っています)

nohohon #- | URL | 2016/09/16 15:54 * edit *

nohoho様。

nohohonさん、こんにちは。
うちの記事でよければ、どうぞお使いください!
O夫

Oつがいはちょっと駆け足でしたから、行かれた際には
新しい情報を、ぜひお願いいたしますe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2016/09/16 21:04 * edit *

コメントの投稿

Secret