04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

2015年兵庫県の旅10/11-7- 

徳島県から、再び福良港へと戻ってきました。
2015年10月11日鳴門の渦潮1
飲食店の前では、トラックの荷台の上で、芋が干されています。
鳴門金時かな?
2015年10月11日鳴門の渦潮2
左端に見えている、すだち1袋300円。
地元では、これでも観光地価格かもしれませんが
関東出身者にとって、この量でこのお値段はバーゲンプライス。
今晩の宴会のことも考え、購入しておきます。
2015年10月11日鳴門の渦潮3
もう一度、うずしおドームなないろ館へ。
2015年10月11日鳴門の渦潮4
先ほどチェックしておいた、咸臨丸のチケットを購入。
2015年10月11日鳴門の渦潮5
船内は先着順に場所が埋まってしまうので、少し早めに乗船場所で待機。
2015年10月11日鳴門の渦潮6
無事、出港。
大きなうちわを持ったスタッフの皆さんが、お見送りしてくれました。
2015年10月11日鳴門の渦潮7
途中ですれ違ったのは、15時30分出港の日本丸。
2015年10月11日鳴門の渦潮8
大鳴門橋が見えてきました。
海面には少し流れがあるものの、まだ静かですが・・・
2015年10月11日鳴門の渦潮9
その時は、突然訪れました。
いきなり、橋脚の下の海水が、ものすごい勢いで引いていきます。
2015年10月11日鳴門の渦潮10
その後、あちこちで、海面がざわついてきました。
2015年10月11日鳴門の渦潮11
そしてついに、渦が出来始めます。
2015年10月11日鳴門の渦潮12
気づけば、あちこちに大小の渦が。
2015年10月11日鳴門の渦潮13
動画でもどうぞ。
[広告] VPS

遠くに見えている大きな船は、渦潮に向かって一直線に進んできます。
影響はないのでしょうか。
2015年10月11日鳴門の渦潮14
ちょっと目を離すと、渦は場所を次々に移動し、大きさを変えていきます。
[広告] VPS

先ほどの大型船が、目の前を悠然と通過していきました。
2015年10月11日鳴門の渦潮15
渦潮見学を終え、福良港へとのんびり帰ってくる間
綺麗な夕日が、景色に彩りを添えてくれました。
2015年10月11日鳴門の渦潮16
赤に染まった福良港に、帰港。
2015年10月11日鳴門の渦潮17
子供の頃から見たかった、鳴門の渦潮を見学できて、大満足のO夫。
さあ、これからYたかさんと宴会です。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 徳島県  福良港  すだち  うずしおドームなないろ館  咸臨丸  大鳴門橋  渦潮 

[edit]

trackback: -- | comment: 6

« 2015年兵庫県の旅10/11-8-  |  2015年兵庫県の旅10/11-6- »

コメント

動画で見ると渦潮の迫力が伝わってきますね~!
夕陽もとっても綺麗です。

nohohon #- | URL | 2016/08/19 07:28 * edit *

帆船!

こんにちは。
渦潮も凄いですが、帆船!
子どもの時から好きなんです,帆船は。
昔,乗ってたかも知れませんね。。。

yokoblueplanet #- | URL | 2016/08/19 09:47 * edit *

nohohon様。

nohohonさん、こんにちは。
帰京してから、大鳴門橋からも渦潮が見られることを知りました。
次回は、橋から渦潮も見てみたいです!
O夫

ふだん潜ってばかりいて、海上からの景色は次点と決めつけていましたが
このクルーズには、良い意味で裏切られました。
潮の速い時間に合わせられたのも、良かったです!
Oつま

Oつがい #- | URL | 2016/08/20 00:23 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
O夫も、帆船大好きです!
たま〜に、横浜に日本丸を見に行きます。
2007年に、横浜に寄港したホクレア号も見に行ったんですよ!
O夫

yokoblueplanetさんのおっしゃる帆船からは
ずいぶん遡っている気はしますが・・・
ホクレア号といえば、コンティキ号です。
履歴書の「尊敬する人物」に「トール・ヘイエルダール」と
デカデカと書いたのは、いつのことだったでしょうか(遠い目)
Oつま

Oつがい #- | URL | 2016/08/20 00:26 * edit *

コンティキ号

こんばんは。
コンティキ号はいつでしたっけ?!
かなり強運でないと生き残れない「帆船」ですが、夢は大きかったですね。
日本丸クラスの帆船の時代になると,余程のことが無い限り,生き残りの問題はほぼ無くなりましたが、それでも海は大きいので、大冒険ですね!

yokoblueplanet #- | URL | 2016/08/20 09:57 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
2012年の映画「コン・ティキ」も見に行ったんですよ!
現在は帆船といっても、エンジンが付いてますもんね。
大航海時代の船は、格好いいですよね!
O夫

第二次大戦の軍隊仲間と一緒に、航海したはずですので
戦後間もなくのことですね。
Oつまは、日本丸出航の時に、クルーたちがマストに登って
お別れの挨拶をする場面が、ゾクゾクするほど大好きです。
今調べたら「登檣礼(とうしょうれい)」というのですね〜e-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2016/08/21 15:32 * edit *

コメントの投稿

Secret