09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2015水根沢-2- 

それでは、入渓。
2015年8月2日水根沢12
小さな木橋の下をくぐり、探検隊の気分が盛り上がります。
2015年8月2日水根沢13
Oつまが、毎年苦戦する、トラバースポイント。
今年は無事にクリアしました。
2015年8月2日水根沢14
滝壺への、飛び込みポイント。
ちょうど、T口隊員が飛び込んだところです。
洗濯機のように渦巻く滝壺を横切り、向こう側へと泳ぎます。
2015年8月2日水根沢15
しかも水深がけっこうあり、岩によじ登るのがひと苦労。
2015年8月2日水根沢16
さあ、前半戦最大の難所がやってきました。
ルートを確認する、Yたか隊長。
2015年8月2日水根沢17
そのまま一直線に、滝を登れればいいのですが、水量が多く
ちょっと無理そうなので、一度左に高捲きました。
2015年8月2日水根沢18
今度はこの岩を下り、向かいに見えるパーティーのいる場所を目指します。
2015年8月2日水根沢19
登って降りて、また登る。
これから、Oつまが登ってくるところです。
ロープを出してくれているのは、アメリカにあるクライマーの聖地
ヨセミテを登ったこともある、経験豊富なN村隊員。
向こう側の崖を降りているのは、N水隊員。
2015年8月2日水根沢20
難所を無事通過したところで、いったん休憩。
2015年8月2日水根沢21
ここで、昼食も済ませてしまいます。
シャリバテしないよう、しっかりエネルギーチャージ。
2015年8月2日水根沢22
食事を終えたら、ゴールの半円の滝を目指して、再スタート!
スポンサーサイト

テーマ: 登山

ジャンル: スポーツ

タグ: 滝壺  半円の滝 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« 2015水根沢-3-  |  2015水根沢-1- »

コメント

迫力満点!

こんばんは。
私にはとても恐くて真似できない沢登りですが、見ているだけでも迫力満点で、
独自の靴があることに納得です!

yokoblueplanet #- | URL | 2016/04/01 13:25 * edit *

こんにちは~。

今年の沢登も又又ハードですネ。
その体力と冒険心に、感心してしまいます!(憧れもあって)
お若いうちこそ、大冒険が出来ると言うもの・・・ウー、楽しそう。
O妻さまは、沢登りの技量向上されたのではないですか?楽に挑戦されているようですね。

奥多摩の自然は大好きです・・・つづき楽しみ。

ROMI #- | URL | 2016/04/01 14:48 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
O夫の地下足袋に、穴が開いてきたので、先輩たちのような沢靴にするか
いままで通り、クラシックスタイルで通すか、思案中です。
先輩たちによると、やはり新しい靴はいいそうです・・・
O夫

なんでこんなに恐ろしいところにいるのだ自分・・・と
今でもふと思いますが、兄貴たちが体を張って応援してくれるので
行かねば身がすたる、というか罰が当たる感じですe-443
Oつま

Oつがい #- | URL | 2016/04/02 20:21 * edit *

ROMI様。

ROMIさん、こんにちは。
Yたかさんを隊長とした、沢登り隊ですが、メンバー高齢化中(笑)
もちろん、Oつがいも皆さんと同じだけ歳を重ね、沢の水が冷たく感じるようになってきました。
隊員も、最近は弱気な発言が多くなってきましたよv-388
O夫

Oつまが上手になる訳がないので、そう見える理由を考えました。
前回から、ダイビングのインナーに使うフードベストを着用したのです。
それまで歯の根がガチガチいうくらい、低体温症になっていて
今でも寒いんですが、それが少し軽減されたのでしたe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2016/04/02 20:22 * edit *

コメントの投稿

Secret