05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

PALAU7/19-6- 

アンさんのマングローブハウスを出発し、表通りに出ると
先ほどカヤックを漕ぎだした入り江は、ここまで潮が引いていました。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑1
次の目的地へ移動する前に、ローカルマーケットで水を調達。
熱中症予防に欠かせません。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑2
やって来たのは、小さな集会所の前。
ここは、前回も訪れた場所です。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑3
集会所の脇にある、小さな坂道を登ると
2015年7月19日石棺とタロイモ畑4
謎の石棺があります。
パラオ最古と言われている、この石棺を発見したのは、日本人のヒジカタさん。
もっともアンさんによれば、石棺ではなく、石の倉庫ではないかとのことです。
確かに、発見されたとき中は空で、また成人を安置するにはサイズが小さい。
倉庫と考えれば、それらも納得がいきます。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑5
集会所の前にある、ストーンフェイス
一番大きなストーンフェイスは、とある、パラオの優しい神様を表しています。
このお話は、現地で是非聞いてみてください。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑6
石棺とストーンフェイスを見学した後は、アンさんのタロイモ畑の見学です。
こちらが、畑の入り口。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑7
敷地内に入ると、少しだけジャングルを歩きます。
Oつまは、日本の5倍以上と言われる日差しを避けるため
タオルをかぶり、怪しい風体。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑8
ジャングルを抜けると、目の前にタロイモ畑が現れます。
手前に見えている、葉がスペードの形の植物は、タロイモではなく
クワズイモ
2015年7月19日石棺とタロイモ畑9
すべてがアンさんの畑ではなく、区画ごとに所有者が違うそうです。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑10
このスペースが、アンさんの畑。
タロイモの葉は、ハートの形をしています。
クワズイモの葉と比べてみてください。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑11
タロイモは、水がきれいでないと育たないそうで
畑のまわりには、小川が流れています。
ここでアンさん特製、エビ獲り用の竿の出番。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑12
が、数日前の大雨の影響で、水はドロドロ。
残念ながら、諦めるしかありません。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑13
車に戻る途中、小さなカエルを見つけました。
動かなかったら、踏んでしまうところでした。
2015年7月19日石棺とタロイモ畑14
続いて、バベルダオブ島の中でも、ガラスマオの滝と並ぶ
観光スポットを見学します。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

タグ: マングローブハウス  石棺  ストーンフェイス  タロイモ  クワズイモ  バベルダオブ島 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« PALAU7/19-7-  |  PALAU7/19-5- »

コメント

コメントの投稿

Secret