09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

PALAU7/19-5- 

さて、ヤシの実の皮を剥いだ後は、中身を取り出します。
パラオの女性の嫁入り道具だという、こちらの道具と
2015年7月19日ヤシの実加工体験1
この、ナタのようなものを使います。
2015年7月19日ナタ
まずは、皮を剥いだヤシの実を、ナタのようなものでふたつに割るのですが
アンさんは、手のひらの上で簡単に割ってしまいます。
さすがに素人には危ないので、ここはアンさんにお任せ。
2015年7月19日ヤシの実加工体験2
そして先ほどの道具を使い、ヤシの実の中身を削ります。
まずは、アンさんのお手本。
女性は、削り器をまたがずに使うとのこと。
2015年7月19日ヤシの実加工体験3
続いて、Oつま。
アンさんによると、なかなか筋がいいそう。
ガリガリガリと、リズムよく削るのがコツのようです。
2015年7月19日ヤシの実加工体験4
最後に、O夫。
Oつまに比べて、どうしても力任せに削ってしまいます。
男性はこのように、削り器をまたいで作業するそうです。
2015年7月19日ヤシの実加工体験4
この後、アンさんと楽しくおしゃべりしながら
削ったヤシの実の中身を絞って、新鮮なココナッツミルクを味わったり
日焼けした肌に塗ったり、まさにヤシ三昧のひと時を楽しみました。

最後に、アンさん御手製のほうきで、散らかった床をきれいにします。
と言っても、外に掃き出すだけなので簡単。
2015年7月19日ほうき
アンさんが、川エビ獲り用の竿を作ってくれました。
ほうきもこの竿も、削ったココナッツの受け皿も、すべて
マングローブハウスの敷地内で、調達したものです。
2015年7月19日エビ獲り竿
何をこねているのかな?
2015年7月19日エビのエサ1
エビ獲り用のエサでした。
ピンボケでゴメンナサイ。
2015年7月19日エビのエサ2
すっかり仲良くなったアンさんに、お礼を言って別れを告げ
車まで戻ってくると、お父さん犬が、木陰で休憩中。
2015年7月19日アンさんの犬1
お母さん犬は、Oつがいの姿を目ざとく見つけ「もっと撫でて~」と
寄ってきました。
2015年7月19日アンさんの犬2
アンさん、いろいろありがとうございました!
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

タグ: ヤシの実  パラオ  マングローブハウス  ココナッツミルク 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« PALAU7/19-6-  |  PALAU7/19-4- »

コメント

旅は人なり!

こんばんは。
昔友人が、「旅は人だよ」と云ってました:出逢う人で、旅の良し悪しが決まると云う意味で云っていたのですが、アンさんとの出逢いはまさにそのようですね。
でも、手の平にヤシの実を載せてそのまま割ると云う技は、訓練が必要ですね。。。
現地の人達は、皆、そんな危険そうなことを楽々としてしまうのですよね。
我々が柔になり過ぎた?!

yokoblueplanet #- | URL | 2016/03/04 18:42 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
本当にそうですよね。
出会う人で、旅の印象がぜんぜん変わっちゃいますよね!
パラオ旅行記も、あと残りわずかですが
yokoblueplanetさんが、久しぶりにパラオに行きたくなるような記事になるよう
頑張って、書きあげますv-91
O夫

アンさんは本当に素敵な方でした。
彼女も、Oつがいとは気が合うと思って下さったんじゃないかなぁ。
インテリでありながら、ヤシ割り名人でもあるところが
またカッコいいですよね!
Oつま

Oつがい #- | URL | 2016/03/04 21:12 * edit *

コメントの投稿

Secret