09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

PALAU7/18-2- 

今日の1本目は、シアストンネル。
Oつがいの大好きなポイントで、珍しい魚の宝庫なんですが
どの魚も住んでいる場所がちょっと深いので、リクエストしても
ほとんど却下されてしまいます。

エントリーし、棚の上で一度集合。
2015年7月18日シアストンネル1
このドロップオフを降りていくと、巨大な横穴が現れます。
2015年7月18日シアストンネル2
横穴に入り、天井部を探索していると、ミナミハタがいました。
たいがい、逆さまになって暮らしています。
2015年7月18日シアストンネルミナミハタ
見たかった魚が、いました。
バージェスバタフライです。
以前来た時は、1個体しか見ませんでしたが、今回はペアでいました。
元々2個体いたのかな?
2015年7月18日シアストンネルバージェスバタフライ
バージェスバタフライを撮った後は、水底に移動。
ここで見たいハゼが本当は別にいるのですが、今回は我慢。
代わりに、アケボノハゼを撮影。
2015年7月18日シアストンネルアケボノハゼ
アケボノハゼのそばにいた、ハタタテハゼ
この水深にもいるんだと、ちょっとビックリ。
2015年7月18日シアストンネルハタタテハゼ
斑点のあるハゼが、視界の片隅に入りました。
Oつがいの見たかったハゼだ!と、一瞬、テンションが思いっきり上がりましたが
よく見たら、残念ながら、ヤマブキハゼでした。
2015年7月18日シアストンネルヤマブキハゼ
穴の中から出口を見ると、こんな感じ。
神秘的ですね。
2015年7月18日シアストンネル3
トンネルを出たら、根沿いに移動。
パラオでは普通種でも、伊豆では珍しい魚ばかりいるので
とりあえず、シャッターを切ってしまいます。
この魚は、ホソフエダイ
パラオの常連さんは、まず撮らない魚。
7月18日シアストンネルホソフエダイ
今、Oつまが背負っているタンクに、書かれていた
「NICHIRINDATEHAZE」の文字の正体が、この魚。
ニチリンダテハゼ」です。
7月18日シアストンネルニチリンダテハゼ
サンゴの上にちょこんと乗っている、イシガキカエルウオ
かわいいですね~。
2015年7月18日シアストンネルイシガキカエルウオ
南の海の定番、ハナゴイの群れ。
こんなに綺麗な魚なのに、南の海をメインに潜っているダイバーは
まったく見向きもしないんですよね。不思議です。
2015年7月18日シアストンネルハナゴイの群れ
アケボノチョウチョウウオのトリオ。
幼魚は、伊豆でも見られるんですが、成魚はまず出会うことができません。
2015年7月18日シアストンネルアケボノチョウチョウウオ
なぜか、ウミガメに好かれるOつま。
今回もエキジット直前に、アオウミガメが遊びにきてくれました。
2015年7月18日シアストンネルアオウミガメ
1本目のダイビング終了。
リクエストした魚は見られなくても、やっぱりシアストンネルは面白いですね。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ハタタテハゼ  ミナミハタ  バージェスバタフライ  アケボノハゼ  ヤマブキハゼ  ホソフエダイ  ニチリンダテハゼ  イシガキカエルウオ  ハナゴイ  アケボノチョウチョウウオ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« PALAU7/18-3-  |  PALAU7/18-1- »

コメント

ハゼ類

こんばんは。
ハゼ類の姿が面白いですね。
ハゼと云うと、剽軽な姿のものを思い出しますが、大きな美しいヒレを持つパラオのハゼは別物の印象です!
紫のハナゴイ、素敵な色ですね。
それにしても、ウミガメが遊びに来てくれるなんて、最高です!

yokoblueplanet #- | URL | 2016/02/05 18:18 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
ハゼとベラは、奥が深いんですよ。
ハゼラー、ベラリストなんて言われるくらいですから(笑)
伊豆のハゼにも綺麗なのがいるんですが、撮りづらい場所にいることが多くて・・・
もっと修行しますv-393
O夫

なぜだか子ガメに好かれるんですよね~。
手招きすると、遠くからでも「なんだなんだ」と寄ってくるんです。
あるいは食事に夢中で、隣に寝そべっても気にされなかったり。
ウソみたいですけど、一応証人もいますe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2016/02/06 00:37 * edit *

コメントの投稿

Secret