07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

福岡・佐賀の旅3/21-11- 

倉と市」と呼ばれるエリアにきました。
ここは南内郭の西側にあり、吉野ヶ里の「国」の交易の中心だったと
考えられているそうです。

入口の門には、かわいい木製の鳥がとまっています。
鳥は稲などの穀物の霊を運んできたり、悪霊から守ってくれる
シンボル(神の使い)とされていた、という説に基づいています。
3月21日倉と市入口
入場すると、ここにも物見やぐらがありました。
3月21日倉と市物見やぐら
もちろん、登りました。
当時は武装した兵士たちが、ここから環濠の出入り口や倉庫群を
見張っていたようです。
3月21日倉と市物見やぐらからの風景
では、それぞれの倉を見て回りましょう。
まずは、稲穂の倉
吉野ヶ里の「国」の各地から、税として納められた稲穂を収めています。
3月21日倉と市稲穂の倉
稲穂の倉の中を見てみると、稲穂(正確には稲藁)が山積みに。
3月21日倉と市稲穂の倉内部
中の見学はできませんでしたが、こちらは武器の倉
3月21日倉と市武器の倉
稲籾の倉
軍事のための備蓄や「国」の財力を示すため、籾を収めています。
3月21日倉と市稲籾の倉
中には、籾(正確には籾殻)がいっぱい。
3月21日倉と市稲籾の倉内部
原料の倉
吉野ヶ里で制作される、鉄や銅製品などの原料を収めています。
3月21日倉と市原料の倉
原料の倉の中。
山積みになっている茶色いものは、鉄鉱石ですが
弥生時代には、鉄鉱石や砂鉄から鉄を精製する技術はなかったそうで
「参考として展示しております」と、正直な案内板がありました。
3月21日倉と市原料の倉内部
続いて、吉野ヶ里の「ムラ」へ移動します。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行記

ジャンル: 旅行

タグ: 倉と市  南内郭  吉野ヶ里  稲穂の倉  武器の倉  稲籾の倉  原料の倉 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 福岡・佐賀の旅3/21-12-  |  福岡・佐賀の旅3/21-10- »

コメント

こんにちは。(^-^)

吉野ヶ里遺跡・・・結構広いところに、たくさんの遺構があって、見がいがありそうですね。(p_-)

私も一度行ってみたくなりましたが、ちょっと遠いのが残念です。

妖精ボージー #- | URL | 2015/08/26 14:55 * edit *

妖精ボージー様。

妖精ボージーさん、こんにちは。
そうなんですよ。うちも遠いのでこれまで二の足を踏んでいたのですが
ちょうど、九州に行くことになったので、予定に入れました。
とにかく広くて、今回すべて見て回れなかったので、いつか再訪したいです。
O夫

我が家も、本当にひょんな思いつきで行けたのです。
何となく記憶にとどめておくと、訪れる機会が来るかもしれませんよ。
遺跡好きの方なら、行って損はないと思いますe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2015/08/26 20:42 * edit *

コメントの投稿

Secret