04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

福岡・佐賀の旅3/21-9- 

北内郭を出たOつがいは、北墳丘墓へ。
左手に、盛り土が整然と並んでいます。
3月21日北墳丘墓へ
これが、甕棺墓列
大型の素焼の土器を使った棺おけである甕棺は、弥生時代の北部九州だけに
みられるそうです。
3月21日甕棺墓列1
埋葬の様子も、見られるようになっていました。
3月21日甕棺墓列2
北墳丘墓に到着。
見えている建物は、歴代の王の祖霊へお供えや、お祈りを捧げる祠堂
その左手には、祖霊の宿る立柱が建てられています。
3月21日祠堂
手前にあるのは、壕をわたって走る墓道
壕の外までつづいており、人々がお参りするために作られたもののようです。
そして奥に見えているのが、歴代の王の墓、北墳丘墓
中からは、計14基の甕棺が発見されました。
3月21日墓道・祖霊の宿る柱・北墳丘墓
北墳丘墓の裏側に回ると、北墳丘墓保存館の入口があり
内部を見学できるようになっています。
3月21日北墳丘墓保存館
では早速、入館。
3月21日北墳丘墓保存館内部1
これらの甕棺は、レプリカではなく本物です。
先ほど展示室で見た、銅剣とガラスの管玉が添えられた甕棺も
ここから出土しました。
3月21日北墳丘墓保存館内部2
この遺構面も本物!
3月21日北墳丘墓保存館内部3
この後は、さらに北の甕棺墓列に向かいます。

スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行記

ジャンル: 旅行

タグ: 北内郭  北墳丘墓  甕棺墓列  祠堂  墓道  祖霊の宿る柱  北墳丘墓保存館 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 福岡・佐賀の旅3/21-10-  |  福岡・佐賀の旅3/21-8- »

コメント

迫力ありますね。

こんばんは。
保存館の掘り起こした墳丘の甕棺のある様子、そこに立って見ると、かなりの迫力でしょう?!
ドイツのケルン大聖堂の下に、昔々の秘密の通路などの遺跡が、むき出しにされて見学ができるようになっています(今でも見学できると思うけど)。
その迫力を思い出しました!

yokoblueplanet #- | URL | 2015/08/21 22:41 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
O夫、ヨーロッパは未体験なんですよ。
ヨーロッパの遺跡、見てみた~い!
O夫

ケルン大聖堂は知りませんでした、情報ありがとうございます!
つられて、昔に訪れたポンペイの遺跡を思い出しました。
いつも思うんですけれど、現地に立って五感を総動員させることが
大切だなぁと。
ちょっとドキドキしますが、太古の人々の息遣いを身近に感じられますよねe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2015/08/22 00:21 * edit *

コメントの投稿

Secret