04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

福岡・佐賀の旅3/21-7- 

吉野ヶ里にある、2つの中心区域の中の1つである、南内郭
ここでは吉野ヶ里の「国」の「大人」(たいじん。支配層のこと)たちが暮らしながら
「国」の政治を執り行っていた場所と、考えられているそうです。
それでは、南内郭の門から入場しましょう。
3月21日南内郭の門
物見櫓
上には四方に盾が置かれ、見張りの兵士もいたと思われます。
3月21日南内郭の物見櫓1
裁定を取り仕切る大人の家。
今でいう裁判所のようなものでしょうか。
3月21日裁定を取り仕切る大人の家
内部も、ちゃんと復元されています。
3月21日裁定を取り仕切る大人の家内部
集会の館。
王や大人たちが集まり、儀式や話し合いをする場所。
3月21日集会の館
その奥が、外交を取り仕切る大人の家。
3月21日外交を取り仕切る大人の家
中ではこのように、大人(右)がよその国の使者(左)の話を聞いたのでしょう。
3月21日外交を取り仕切る大人の家内部
もう1つ物見櫓があり、こちらは登ることができます。
3月21日南内郭物見櫓2
物見櫓からの景色。
見えているのは、吉野ヶ里遺跡のほんの一部。
3月21日南内郭物見櫓からの風景
煮炊屋。
今まで見てきたような住居の中に、煮炊きの痕跡がないことから
独立した炊事場があったと推定されているそうです。
3月21日煮炊屋
ここで、王や大人たちの食事を作っていました。
山海の幸が揃って、なかなか豪華な材料ですね。
3月21日煮炊屋内部
ここは、王の妻の家。
3月21日王の妻の家
内部では、妻が機を織っています。
先ほど展示室で見た、染糸を使った服を着用しています。
3月21日王の妻の家内部
王が結婚した娘のために建てたとされる、王の娘夫婦の家。
3月21日王の娘夫婦の家
こちらが王の家。
王が家族と暮らしていた家です。
3月21日王の家
王の家内部。
王の力を示す品々が置かれています。
さすが王というだけあって?ここだけ人形がとてもリアル。
3月21日王の家内部
祭祀・儀礼を取り仕切る大人の家。
ここで、祭りの相談をしたようです。
3月21日祭祀・儀礼を取り仕切る大人の家
大人の妻の家。
ここは、祭祀・儀礼を取り仕切る大人の妻の家で
妊娠の儀礼が行われたと考えられています。
3月21日大人の妻の家
軍事や土木を取り仕切る大人の家。
武器や、道具の出来具合などを監督する役割を担っていました。
3月21日軍事や土木を取り仕切る大人の家
続いて、中のムラ北内郭を見学します。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行記

ジャンル: 旅行

タグ: 南内郭  物見櫓  吉野ヶ里  中のムラ  北内郭 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 福岡・佐賀の旅3/21-8-  |  福岡・佐賀の旅3/21-6- »

コメント

弥生時代って。

こんばんは

弥生時代って、教科書的には稲作と定住始まったくらいしか記憶にないです。もっとあったかなぁ。
弥生時代に想いを馳せたの初めてです!
意外と面白いのかもって気がしてきました。

sachi! #- | URL | 2015/08/19 20:19 * edit *

sachi!様。

sachi!さん、こんばんは。
吉野ヶ里遺跡の発掘調査が始まったのが、1986年(昭和61年)らしいです。
sachi!さんや、Oつがいが弥生時代について勉強した教科書は、これ以前・・・(笑)
海の前に、sachi!さんと歴史散歩にも、行ってみたいなぁ。
O夫

文字で読むだけの歴史を、こうしてババーンと立体的に見せてもらえると
一気に親しみやすく感じますよね!?
むかし青森の三内丸山遺跡に行った時も(おそらく農閑期の)地元のお母さんが
掘ったばかりの遺物を見せてくれて、ものすごく感激したことを覚えていますe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2015/08/19 22:53 * edit *

コメントの投稿

Secret