07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

大瀬崎12/30-2- 

この日の大瀬崎2本目は、先端で潜りました。
この先から、一気に深くなります。
12月30日大瀬崎先端エントリー
ゴロタの斜面には、先端名物、キンギョハナダイの群れ。
12月30日大瀬崎キンギョハナダイの群れ1
こちらは、前回(11/29)潜った時に騙された、黄色いキンギョハナダイ
当時は、スミレナガハナダイ(♀)だと思いこみ、撮りまくったものでした。
12月30日大瀬崎黄色いキンギョハナダイ
移動中に見つけた、オルトマンワラエビ
12月30日大瀬崎オルトマンワラエビ
さらにハナダイエリアに移動中、ハナオトメウミウシを見つけました。
12月30日大瀬崎ハナオトメウミウシ
ハナダイエリアに到着。
せっかく来たのに、アカオビハナダイはやる気なし
(体側の赤い帯が薄い)。
12月30日大瀬崎アカオビハナダイ
この日のハナダイエリアで会いたかったのはこちら、ケラマハナダイ
12月30日大瀬崎ケラマハナダイ

浅場に戻ってきたところで、2本目最大のお目当て、ウサギトラギス探しです。
幸い、すぐに見つかったので、早速撮影開始。
12月30日大瀬崎ウサギトラギス(♀)1
ウサギトラギスの特徴は、何といっても背鰭。
O夫は「背鰭を立てろ、背鰭を立てろ」と念じながら、何度もシャッターを切ります。
が・・・
12月30日大瀬崎ウサギトラギス(♀)2
まったく背鰭を立ててくれません。
そう、O夫が撮っていた個体は、メス。
メスでは、ダメなんです。
そのことに気づかず、シャッターを切り続ける、哀れなO夫。
12月30日大瀬崎ウサギトラギス(♀)3
一方、こんな時にきっちり仕事をするのが、Oつま。
ちゃんと、オスを狙っていました。
先ほどのメスと比べ、背鰭が長いのが分かるでしょうか?
12月30日大瀬崎ウサギトラギス(♂)1
ようやく、長い背鰭がピッと立ちました。そしてここが・・・
12月30日大瀬崎ウサギトラギス(♂)2
くるっと反転すると、あ~ら不思議。
こんなに綺麗な背鰭へと、変身するのです。
12月30日大瀬崎ウサギトラギス(♂)3
しっかりオスの背鰭を撮ったところで、移動開始。
再び、キンギョハナダイの群れを抜け、エキジット。
12月30日大瀬崎キンギョハナダイの群れ2
念願かなった、ウサギトラギスのオスとの出会い。
Oつまが撮れたので、良かったと言えば良かったのですが
やはり、O夫は悔しい~。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: キンギョハナダイ  オルトマンワラエビ  ハナオトメウミウシ  アカオビハナダイ  ケラマハナダイ  ウサギトラギス 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 大瀬崎12/30-3-  |  大瀬崎12/30-1- »

コメント

お久し振りです。
当方 忙しいと理由付けをしてブログの更新をサボっています。

ハナウミウシを拝見して思わず笑ってしまいました。
ハナと名前が付いているのに・・・
これを見つけたら驚くと同時に吹きだすでしょうねぇ、私は。

白秋マダム #K.8lH0lM | URL | 2015/06/16 00:28 * edit *

白秋マダム 様。

白秋マダムさん、お久しぶりです。
この姿で、ハナ+オトメですもんね~(笑)
また、遊びに来てくださいね!
O夫

まだ小さかったらいいんですけど、わりに成長するタイプの種なので
たいがい、このくらい迫力のある姿になってしまいますe-447
Oつま


Oつがい #- | URL | 2015/06/16 20:45 * edit *

コメントの投稿

Secret