03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

大瀬崎12/30-1- 

2014年最後のダイビングは、西伊豆の大瀬崎です。
1本目は、外海の大川下からエントリーしました。
12月30日大瀬崎大川下エントリー口
大瀬崎では、富士山を眺めながらエントリーすることができます。
12月30日大瀬崎大川下からの富士山
ただこの日は、水面が少しうねっていて
2本目もここ外海のポイントに潜れるかは、微妙な状況。
12月30日大瀬崎大川下水面下
お目当ての生物のところへ向かう途中、ポツンと1匹だけキンギョハナダイがいました。
群れなくても、このオレンジ色は目立ちますね。
12月30日大瀬崎キンギョハナダイ
この日のお目当て、ドトラケモサ(和名がまだない)という
ウミウシの仲間です。
白い卵塊に埋もれた、真ん中の黄色いツブツブが、ドトラケモサ
かなり分かりづらいですね。
12月30日大瀬崎ドトラケモサと卵塊
すぐそばの岩には、セスジミノウミウシがいました。
ドトラケモサに比べると、ずいぶん分かりやすい(笑)
12月30日大瀬崎セスジミノウミウシ
お目当てその2は、ハナタツの子供。
毎回言い訳をしていますが、ハナタツはライトを嫌い、すぐカメラに
背を向けてしまうので、いい角度の写真がなかなか撮れません。
12月30日大瀬崎ハナタツ(幼魚)
食事に夢中の、サガミリュウグウウミウシの幼体がいました。
12月30日大瀬崎サガミリュウグウウミウシ(幼体)
さて、いつも魚やウミウシ、甲殻類を単体でご紹介することが
圧倒的に多いので、たまには目線を変えてみましょう。
題して、海の芸術シリーズ。
まずは美しい海藻の代表格、アヤニシキ。
12月30日大瀬崎海藻
続いて、ポリプ全開のトゲトサカの仲間。
もっと寄って、ポリプだけをアップで撮っても綺麗です。
12月30日大瀬崎トゲトサカの仲間
海の芸術シリーズ最後は、オオナガレカンザシ
ちょっと、妖艶な感じ。
12月30日大瀬崎オオナガレカンザシ
おまけで、ユビノウトサカにずっぽりとハマっている、オニオコゼ
擬態しているつもり?
12月30日大瀬崎オニオコゼ
エキジットすると、エントリー時よりさらにうねりは強くなっていて
午後の外海は、潜水禁止になってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  ダイビング  キンギョハナダイ  ドトラケモサ  セスジミノウミウシ  ハナタツ  サガミリュウグウウミウシ  オオナガレカンザシ  オニオコゼ  ユビノウトサカ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 大瀬崎12/30-2-  |  富戸12/21-4- »

コメント

富士山を前にダイビングすてきでしょうね
富士山が絶景です。。。
海の中、いつも思います
素敵、素敵、綺麗って。。
それしか言葉がありません
これからも素敵な写真載せて下さいね

薫子 #- | URL | 2015/06/11 09:36 * edit *

薫子様。

薫子さん、こんにちは。
関西のダイバーの方々も、富士山を見ながらのダイビングに
最初は感動するそうです。
東伊豆でも、初島からは富士山を見ながらダイビングができます。
西伊豆と東伊豆では、見える富士山の雰囲気も全然違うので
見比べるのも、いいですよ~。
O夫

うれしいコメントを、ありがとうございます。
写真が上手な方はたくさんいらして、Oつがいのレベルでは
少々お恥ずかしいのですがe-449
この日は富士山を愛でつつも、手前の海況に思わず
「うーむ、ちょっとまずいな・・・」と唸ってしまいました。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2015/06/11 20:56 * edit *

コメントの投稿

Secret