07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

大瀬崎7/21-1- 

一夜明け、朝食前に早朝ダイビング。
同じ湾内でも、昨夜と反対の左側を潜ることにします。

まずはカケアガリにて、魚類界有数の阪神タイガースファン
カゴカキダイが、猛虎会のように隊列を組んで
過ぎ去っていきました。
10月21日大瀬崎カゴカキダイ
砂地には、丸々としたマアジが泳ぎ回っています。
7月21日大瀬崎マアジ
さらに砂地を進むと、キンチャクダイが数匹群れていました。
普通種ながら綺麗なので、いつもカメラを向けるのですが
なかなか、目で見たような本来の美しさを、表現できません。
7月21日大瀬崎キンチャクダイ
こちらも普通種の、オオモンハタ(幼魚)。
幼魚はシャイで、すぐに物陰へ隠れてしまいます。
7月21日大瀬崎オオモンハタ(幼魚)
大瀬崎湾内の名物、ムラサキハナギンチャク。
流れにあおられ、妖しげなムードを醸し出しています。
7月21日大瀬崎ムラサキハナギンチャク
夜行性のマダコは、そろそろお休みの時間。
7月21日大瀬崎マダコ
闊歩しているイシダタミヤドカリの進路上に、カサゴがいます。
どうなるか観察していると、気づいたイシダタミヤドカリが、進路を変えました。
カサゴの方が強いんですね。
7月21日大瀬崎カサゴ&イシダタミヤドカリ
ハゼエリアに来ると、出のいい、オニハゼがいました。
シックな体色が魅力的。
7月21日大瀬崎オニハゼ
ロープ沿いにいた、巨大なトラギス
ここまで大きくなると、態度もふてぶてしいです。
7月21日大瀬崎トラギス
Oつまが、コブダイの幼魚のペアを見つけました。
どこにいるか、わかりますか?
7月21日大瀬崎コブダイ幼魚1
拡大します。
この大きさから、成魚のあの大きさになるなんて・・・
7月21日大瀬崎コブダイ幼魚2
ハンター、アナハゼ
海藻の中に潜んで、獲物が近づくのを待っています。
7月21日大瀬崎アナハゼ
「さあそろそろエキジット」と思ったら、スズメダイの群れにまかれました。
7月21日大瀬崎スズメダイの群れ
もう、お腹ペコペコです。
遅めの朝食にしましょう。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: カゴカキダイ  マアジ  キンチャクダイ  オオモンハタ  マダコ  オニハゼ  トラギス  コブダイ  アナハゼ  スズメダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 8

« 大瀬崎7/21-2-  |  大瀬崎7/20ナイトダイビング-2- »

コメント

弟が喜びそう!

こんにちは!
カゴカキダイで猛虎会、トラキチの弟は泣いて喜びます!
今日も色々と満載ですね〜本当にお花のような妖しいムラサキハナギンチャク、ふてぶてしいトラギス、強いカサゴ、豆粒のようなコブダイ、、、
面白い!

yokoblueplanet #- | URL | 2014/10/29 16:45 * edit *

こんにちは。(^-^)

ダイビングをしていて、スズメダイのような群れにあったとき、トンボ網のようなもので、2、3匹捕って、食事のおかずに・・・なんてこと、たまにはあるのですか・・・?(^_^;)

こんな質問、されたことはないですかね。(V)o¥o(V)

ダンボー1号 #- | URL | 2014/10/29 16:56 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
そうですか、弟さんはタイガースファンですか。
まだ、シーズンが続いていて、羨ましいです。
ドラゴンズファンのO夫は、すでに来季の事を考えています(笑)
O夫

声は聞こえないけれど、海の中も何かと賑やかですよねe-446
プロの人みたいに、もっと近くで豊かな表情を切り取れたらなぁ~。
Oつま


Oつがい #- | URL | 2014/10/29 20:54 * edit *

ダンボー1号様。

ダンボー1号さん、こんにちは。
「潜っていて、魚は獲らないんですか?」と、よく聞かれますよ~。
Oつがいは、漁業権を持っていないので、魚を獲ったら密漁になり
逮捕されてしまいますv-12
ですので、魚は「獲る」ではなく「撮る」ですv-290
O夫

網で獲るのは、ちょっと難しいかもです(笑)
昔は、網ならぬスピアガンで、魚を獲る人が日本にもいました。
漁師さんたちからは「物盗りダイバー」という、物騒な名前で
呼ばれていましたe-447
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/10/29 20:58 * edit *

いつも海の写真ありがとうございます。
これから海水が冷たくなると思いますが、
それでも潜る機会は多いのでしょうか?

イソギンチャクって移動するんですね。
珊瑚のようにずっと同じ所にいるのかと思ったら、
この紫色の何れ位の大きさでしょうか?
とっても大きく感じるのですが、、。
あんまり大きいと苦手なんですが。

takechan0312 #- | URL | 2014/10/31 15:55 * edit *

takechan0312様。

takechan0312さん、こんにちは。
伊豆の海は、秋から冬がいいんですよ!
ですので、これからダイビングの回数が増えます(笑)
ヤドカリなんかにくっついて、移動する場合はありますが
イソギンチャクは基本的に、自力移動はしないですよ~。
O夫

このムラサキハナギンチャクは、だいたいOつまの腕で
一抱えくらいでしょうか。
触手が長いので、よけいに大きく見えますよね。
うんと近づいてみると、ピンクがかった紫色をしていて
なかなかの美しさです。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/10/31 20:54 * edit *

オニハゼがかわいい

お魚でもこんなに表情があるのには(@_@;)して
私の目も オニハゼのように・・・なってしまいます。

ROMI #- | URL | 2014/11/01 20:13 * edit *

ROMI様。

ROMIさん、こんにちは。
魚の表情、豊かですよね。
水中カメラマンの中村征夫さんは、魚の顔ばかりの写真集
「海中顔面博覧会」を発売してるくらいですから。
O夫

魚によって生き方が違うのはもちろん、性格もハッキリ違いまして
このオニハゼは、たぶん好奇心が警戒心に勝るタイプなのでしょう。
かなり寄らせてくれる、我々にとっては「とても良い子」でしたe-446
Oつま


Oつがい #- | URL | 2014/11/02 19:33 * edit *

コメントの投稿

Secret