03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

大瀬崎7/20ナイトダイビング-1- 

夕食の後は、いよいよナイトダイビングです。
いつものように、長い時間のんびりと潜りましたので
前半と後半の二回にわけて、更新します。

夜の湾内にエントリーし、一気に砂地へ。
今回は、湾内の右側を散策してみます。
最初に現れたのは、ホウボウ
逃げる時に、この美しい胸鰭を広げてみせて?くれます。
7月20日大瀬崎ナイトホウボウ
夜行性の魚、ハチ
普段は砂の中に潜っていますが、夜や、昼間でも薄暗い時などは
こうして出てくる時があります。
7月20日大瀬崎ナイトハチ1
ホウボウと同じカサゴ目の仲間で、やはり胸鰭を広げて逃げるのですが
Oつがいに見つかると、砂の中に潜っていってしまいました。
ハチは、背鰭に毒があり、不用意に手をついたりしないよう
気をつけなければいけません。
7月20日大瀬崎ナイトハチ2
砂の中から顔を出しているのは、マッキーくらいの太さの
ホタテウミヘビの幼魚。
7月20日大瀬崎ナイトホタテウミヘビ(幼魚)
石をはさんで、綺麗に整列していた、トラギスメゴチ
急に現れたOつがいに驚いたのか、手前のトラギスが「ん?」って顔で見ています。
7月20日大瀬崎ナイトトラギス&メゴチ
スナダコがいました。
貝に擬態しているのかな?
思いっきりバレていますが・・・
7月20日大瀬崎ナイトスナダコ
昼でも夜でも、ここにいるので、探す必要がない、ガラスハゼ
7月20日大瀬崎ナイトガラスハゼ
チョロチョロ動く、小さなイカの幼体を見つけました。
これは、何イカなんだろう?
7月20日大瀬崎ナイトイカの幼体
今度は、大きなオトヒメエビがいました。
体色が紅白で、おめでたい。
7月20日大瀬崎ナイトオトヒメエビ
着底し、お休みモードのキタマクラ
体色が、ナイトバージョンになっています。
鼻ちょうちんでも描いてあげたいくらいの、熟睡っぷり。
7月20日大瀬崎ナイトキタマクラ
ちょうど砂から出てきた、エビ。
サルエビかな?似たようなエビが他にもいるので
ちょっと、わかりません。
7月20日大瀬崎ナイトサルエビ1
しばらく見ていると、砂から這い出て、スタスタ歩いていってしまいました。
7月20日大瀬崎ナイトサルエビ2
前半は、ここで終了。
後半は、浅場で見つけた生物をご紹介します。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ホウボウ  ハチ  ホタテウミヘビ  トラギス  メゴチ  スナダコ  ガラスハゼ  オトヒメエビ  キタマクラ  サルエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« 大瀬崎7/20ナイトダイビング-2-  |  大瀬崎7/20-3- »

コメント

ホウボウの胸鰭・・・美しく光ってるんですね!(◎_◎;) すごい!
エビの尻尾も、ちょっと光っているのですかね・・・?(p_-)

ダンボー1号 #- | URL | 2014/10/21 16:11 * edit *

ダンボー1号様。

ダンボー1号さん、はじめまして~。
ホウボウの胸鰭も綺麗ですが、トゲカナガシラやセミホウボウの胸鰭もお勧めです。
見つけたら、今度撮ってきますね。
O夫

いらっしゃいませ!
エビの尻尾も、きれいです。
青い海の中で、ライトを当てた時に浮かび上がる
メタリックブルーは、はっとするような美しさですe-349
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/10/21 20:07 * edit *

魚同士の反応が。。。

こんばんは。
ちょっと面白いですね。。。あまりイキイキしていないヒトの事を、魚のような、とか、魚のように冷たい、とか表現するのですが、反応が見難い所為でしょうか。
でも写真で、お魚さんたちが交流する姿を見ると、冷たい事はないよね〜って思いますね!

ホウボウのきれいな胸びれは初めて見ました!

yokoblueplanet #- | URL | 2014/10/22 20:44 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
あれ?ホウボウの胸鰭は初めてでしたっけ?
胸鰭の綺麗な魚は他にもいますので、ちょっとずつご紹介していきますね。
O夫

魚の比喩って、釣り上げられた後の様子から来ているんでしょうか?
表情筋がなくても、魚たちの感情はとても豊かに見えますので
同類ならもっと分かりあっているのではないかなぁ、と思いますe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/10/22 23:14 * edit *

コメントの投稿

Secret