03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

大瀬崎7/20-2- 

2本目は、外海の門下で潜りました。
「何かいないかな~」と、フラフラ泳いでは、生物探し。
まず目に入ってきたのは、マツバスズメダイ
7月20日大瀬崎マツバスズメダイ
こちらは、岩の傾斜に沿って、ひっくり返っている、サクラダイのメス。
奥から、カサゴが覗いています。
7月20日大瀬崎サクラダイ(♀)2
棘を綺麗に刈り込まれた、イイジマフクロウニがいたので、覗いてみると
やっぱりいました、ゼブラガニ
ちょっと甲羅が汚れていて、残念な感じ。
7月20日大瀬崎ゼブラガニ1
同じイイジマフクロウニに、もう1個体。
ダブルリーゼントみたいです。
7月20日大瀬崎ゼブラガニ2
この場所が、よほどお気に入りなのか、ピクリとも動かない、キンチャクダイ
目だけキョロキョロと動いて、こちらを見ています。
7月20日大瀬崎キンチャクダイ
浅場に戻ったところで、綺麗な婚姻色の出ている、ホシノハゼを見つけました。
7月20日大瀬崎ホシノハゼ
いつもは、せわしなく泳ぎ回っている、キンギョハナダイのオスですが
この日は妙に、ゆったり泳いでいます。
胸鰭のピンクが、オシャレです。
7月20日キンギョハナダイ(♂)
産卵を終えたばかりの、クロホシイシモチのペア。
口に抱卵している右のオスに、左のメスがちょっかいを出しています。
自分で産んだ卵の、おこぼれを狙っているのです。
もう少し早くここに来ていれば、産卵シーンを見られたかもしれなかったなぁ。
7月20日大瀬崎クロホシイシモチのペア
この日の外海は、なんだかどこも、のんびりムード。
いつもは、なかなか寄らせてくれないボラ
Oつがいをまったく気にせず、目の前を悠々と泳いでいきました。
7月20日大瀬崎ボラ
2本目のダイビング終了。
一度部屋に戻り、ナイトダイビングまで、ゆっくりすることにします。

スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: マツバスズメダイ  ゼブラガニ  キンチャクダイ  ホシノハゼ  キンギョハナダイ  クロホシイシモチ  サクラダイ  ボラ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 大瀬崎7/20-3-  |  大瀬崎7/20-1- »

コメント

キンギョハナダイ

こんばんは。
キンギョハナダイの♂、初めて見るかも?
本当に胸びれのピンクが素敵ですね。きれいなピンクです。

ゼブラガにやイイジマフクロウニの「ダブルリーゼント!」など、面白い姿ですね。
他のお魚さん達の眼もキラキラしてますね!

yokoblueplanet #- | URL | 2014/10/14 21:56 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
キンギョハナダイのオスは、動きが早くてピンボケを量産しています。
今回のような、のんびりしたオスを見つけるのが、ちゃんと撮れるコツなんでしょうが
なかなかのんびりしたオスって、いないんですよね~v-409
O夫

慣れない新カメラに、四苦八苦しているOつまを尻目に
魚たちは、思いっきりマイペースでくつろいでいましたe-456
Oつま


Oつがい #- | URL | 2014/10/14 22:17 * edit *

コメントの投稿

Secret