09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

浮島ナイトダイビング5/3-1- 

雲見から、いったんダイビングショップに戻ったOつがいは
夕方ふたたび店を出て、浮島にやってきました。
これより、ナイトダイビングです。
きれいな夕日を見ながら、浮島ビーチにエントリー。
5月3日浮島の夕日
まず刺さってしまったのが、ワレカラ
岩の上で「ハッ」と、ポーズを決めています。
武道の鍛練中でしょうか?
5月3日ワレカラ1
もう一個体のワレカラは、ウォータースライダーならぬ
海藻のスライダーで、遊んでいるよう。
5月3日ワレカラ2
しばらく、ワレカラで遊んだ後、沖に向かって移動して行くと
大きな魚の群れを、見つけました。
が、何か変・・・近づいてみたら、鯉のぼりでした。
5月ですもんね~。
5月3日鯉のぼり
陽もすっかり落ちて、ここから、本格的なナイトダイビングです。
この日、やたら見かけたのが、アシナガモエビモドキ
特に珍しい訳ではないのですが、ついつい撮ってしまい
しかも、上手く撮れたためしがないという、Oつがいの宿題種。
5月3日アシナガモエビモドキ
海藻に、何か付いていないか見ていたら
ミドリアマモウミウシを、見つけました。
極小ですが、立派な成体。すぐそばに、卵塊もあります。
5月3日ミドリアマモウミウシ&卵塊
砂地にポトリと落ちていた、エビジャコの仲間。
地味な身体に散らばる、メタリックブルーの星が魅力です。
Oつがいにとっては、特に珍しい種ではないのですが
雲見のガイドさんが
「スゲー、カッコいい」と、異常に興奮していました。
5月3日エビジャコの仲間
サクラミノウミウシ
ナイトバージョンなのか、昼間見る個体と比べると
どこか、キラキラした感があります。
5月3日ナイトサクラミノウミウシ
海藻をくわえて就寝中の、アミメハギ
こちらも、体色がナイトバージョン。
5月3日アミメハギ
浮島でのナイトダイビングでは「これでもか」というくらい、たくさん出会う、バイ貝
大瀬崎や、東伊豆でナイトダイビングをしても、そんなに見た記憶がありません。
浮島でやたら繁栄しているのか、それとも他の場所で潜っている時は
Oつがいが他の生物に夢中で、気がついていないだけなのか?
5月3日バイ貝
海藻に隠れていた、アナハゼの仲間の幼魚。
5月3日アナハゼの仲間
先ほどのアミメハギは、就寝中でしたが
こちらのヨソギは、そろそろ寝るかと、ロープをくわえようとしたところで
Oつがいに出会ってしまったようです。
ビックリさせて、ゴメンナサイ。
5月3日ヨソギ
貝にでも擬態しているのか、砂の上で、ポーズを取るスナダコ
何だか、置物みたい(笑)
5月3日スナダコ1
とても長いダイビングになったので、ここまでを前半として終了。
次回は、後編をお送りします。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ワレカラ  ミドリアマモウミウシ  アシナガモエビモドキ  エビジャコ  サクラミノウミウシ  アミメハギ  バイ貝  アナハゼ  ヨソギ  スナダコ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

« 浮島ナイトダイビング5/3-2-  |  雲見5/3-3- »

コメント

サクラミノウミウシ、
優しい色してますね~。
ミノが1本1本おいしそうに見えたりして。
なんだか上生菓子というか、
和菓子の色っぽくて。


ところで、
海中の鯉のぼり、
ダイバー専用の観賞用?
海の上からじゃ当然見えない、ですよね。

paradizo #- | URL | 2014/07/05 22:40 * edit *

paradizo様。

paradizoさん、こんにちは。
ウミウシは、和菓子に見える種が、多いですよね。
O夫もいつも「和菓子みたい」と、思ってみてます。
鯉のぼりは、水深は浅いので
シュノーケリングで、真上までいけば見えると思います。
O夫

サクラミノ、なんて名前からして和菓子みたいですよね。
動きもよく言えば優雅だし、そこらへんも日本人ダイバーが
ウミウシをこよなく愛する所以かもしれませんe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/07/06 20:04 * edit *

ワレカラは動物?植物?

こんばんは。
ワレカラ、不思議な生き物ですね〜一体、どちらに属するのかと一瞬考えます!

yokoblueplanet #- | URL | 2014/07/08 21:38 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
Oいがいも、よくわからないのですが
節足動物門・甲殻綱・軟甲亜綱・端脚目・ワレカラ科と、なるらしいです。
ですので、植物ではなさそうですね。
O夫

動きを見ている限り「節足動物系の、でかいミジンコ」って感じですが
相当おもしろい生き物なんだそうですよ。
そちら方面の専門家の話を聞いたという友人に、再確認しておきますねe-449
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/07/08 23:58 * edit *

コメントの投稿

Secret