08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

雲見5/3-2- 

2本目のダイビングは、大牛洞窟前で、じっくり潜ります。
大牛洞窟の入り口にて、ウミウチワに、だらしなくぶら下がっている
ウツボを発見。
まったく、やる気がなさそうです。
やる気スイッチがあるなら、押してあげたいくらいです。
5月3日ウツボ
さて、水底まできたところで、ウミウシ探しです。
まずは、オオパンカイメンの端っこにいた、クロイバラウミウシを見つけました。
5月3日クロイバラ
ムラサキウミコチョウ
O夫は、ムラサキウミコチョウをみると、和菓子を思い出してしまいます。
おまけに、ちょうど餡子のような、カイメンの上にいました。
5月3日ムラサキウミコチョウ
背中の黒いラインが、一筆書きのような、リュウモンイロウミウシ
5月3日リュウモンイロウミウシ
体は小さいのですが、移動速度は意外に速い、モンガラキセワタ
この時も、カメラの設定を変えている間に、オオパンカイメンの裏側に
逃げられてしまいました。
5月3日モンガラキセワタ
では、洞窟の中に入ります。
洞窟の中には、ソリキヌヅツミのペアがいました。
もう少し、距離が近いと良かったのですが、残念。
5月3日ソリキヌヅツミ
サガミリュウグウウミウシが、わらわらと一か所に固まっています。
写真には、3匹しか写っていませんが、裏側にもう一個体いるので
合計4個体もいます。
これから、何が始まるのでしょうか?
5月3日サガミリュウグウウミウシ
ドーリス科の一種が、交接中。
まだ和名がなく、ダイバーの間では、オセロウミウシと、呼ばれています。
5月3日オセロウミウシ
移動中の、シロウミウシ。
5月3日2本目シロウミウシ
アオウミウシ。
こちらも、交接中です。
5月3日アオウミウシ
ウミウシ撮影に夢中になっているOつがいの足元には、ムスメウシノシタがいました。
5月3日ムスメウシノシタ
とにかく小さく、しかも撮りづらい場所にいた、コガネミノウミウシ
5月3日コガネミノウミウシ
伊豆では、非常に珍しい(らしい)、ホムライロウミウシの幼体。
Oつがいより、ガイドさんの方が、興奮していました。
こちらも極小サイズです。
5月3日ホムライロウミウシ(幼体)
ムラクモキヌヅツミを、水中の浮遊物を、降りしきる雪に見立て
「和」の雰囲気で、撮ってみました。
5月3日ムラクモキヌヅツミ
当ブログではおなじみの、スミゾメミノウミウシを、ダークな感じで。
5月3日スミゾメミノウミウシ
モンガラキセワタと同じく、移動速度が早い、セトミノウミウシの幼体。
小さすぎて、どこにいるのか、何度も確認しているうちに
オオパンカイメンの亀裂に、逃げられました。
5月3日セトミノウミウシ
大牛洞窟を出て、大牛の壁際を移動。
ここで、2本目の真打登場。
ウミウシ好きダイバーの間で、大人気の、ボブサンウミウシです。
当ブログには、初登場。本当に、綺麗な体色です。
5月3日ボブサンウミウシ
ウミウシ祭りは、これにて終了。
残り時間は、魚の撮影。
この1年、ずっと取り組んでいる「アカイソハゼを綺麗に撮る」
なかなか難しいです。
5月3日アカイソハゼ
全然逃げない、ミナミゴンベ。
失礼して、寄らせてもらいました。
5月3日ミナミゴンベ
小さい生物ばかりだったので、最後は大きい魚、コロダイ。
周りにいる、キンギョハナダイと比べると、大きさを分かってもらえるでしょうか?
5月3日コロダイ
2本目のダイビング終了。
伊豆のボートダイビングでは珍しい、67分の潜水時間でした。

スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クロイバラウミウシ  ムラサキウミコチョウ  リュウモンイロウミウシ  モンガラキセワタ  サガミリュウグウウミウシ  オセロウミウシ  コガネミノウミウシ  ホムライロウミウシ  スミゾメミノウミウシ  ボブサンウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 6

« 雲見5/3-3-  |  雲見5/3-1- »

コメント

今回はウミウシ祭り^ ^ですね。
やはり、カラフルで癒されますね。

k #- | URL | 2014/06/30 09:14 * edit *

k様。

kさん、こんにちは。
次のダイビングでは、ウミウシ少な目です。
ゴメンナサイv-421
O夫

次回は暗黒系です・・・
じゃなかった、夜の海中世界です。
地味だけど面白いので、楽しんで頂ければ幸いですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/06/30 21:54 * edit *

目玉が4つ?

こんばんは。
(昨夜は最新記事のページを読みながらいつの間にか沈没:ノートブックを膝に載せたまま、しっかり微動だにせず寝てました!再挑戦です!)
ウミウシは面白いですね〜色も形も。

この記事のミナミゴンベには、目玉が4つあるように見えますね。。。チョウの羽についている目玉模様と同じ役割でしょうか?!

yokoblueplanet #- | URL | 2014/07/08 21:33 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
ミナミゴンベの目玉4つは、おそらくチョウの羽と、同じ役割だと思います。
地上と水中の違いはあっても、やってることは一緒なんて、何だか不思議ですね。
ノートブック、落っことさなくてよかったですe-456
O夫

ご多忙なyokoblueplanetさんらしい、すばらしい寝技ですねe-446
みなさまからコメントを頂くたびに、改めてウミウシの不可思議さを
実感しているところです。
今後、熱意のある研究者さんによって、よりウミウシ学が深まることを
素人ダイバーながら、期待してしまいますe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/07/08 23:57 * edit *

こんにちは!

んもう~ウミウシパラダイスですね♪♪
羨ましくって涎が出そうです(笑)
ウミウシって動かない子は動かないのですが
動く子は早いですよね~

確認しているうちに、画面から消えていることが多々(笑)

ちーこ #c.uCwPQY | URL | 2014/07/11 12:57 * edit *

ちーこ様。

ちーこさん、こんにちは。
雲見のオーナーは、大のマクロ好き。
特に、ウミウシは、彼の大好物。
「ウミウシはいらない」と言っても、強引にねじ込んできます(笑)
まさに、ちーこさん向きのショップですv-218
O夫

以前も書きましたが、元ボクサーですごいガタイなのに
ものすごくちっこいウミウシを指しては
「これボク大好きなんですよ~、可愛いですよね~」と
でれでれするんですよ。
かなり強烈なキャラクターですe-450
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/07/11 21:27 * edit *

コメントの投稿

Secret