03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

大瀬崎3/29-1- 

春濁り真っ只中の、西伊豆・大瀬崎で、潜ってきました。
1本目は、先端へ。
緑色の水中を潜行していくと、大きなマンリョウウミウシがいました。
3月29日マンリョウウミウシ
続いて見つけたのは、ゴマフビロードウミウシの白バージョン。
3月29日ゴマフビロードウミウシ(白)
水底に、キンギョハナダイがいます。
でも、何か変?
3月29日キンギョハナダイの亡骸1
うねりとともに、ひっくり返ったキンギョハナダイ
昇天してました・・・
よく見ると、亡骸があちこちに、落ちています。
この日の水温は、13度台。
温帯種のキンギョハナダイではありますが、弱い個体には
限界ギリギリの、水温のようです。
3月29日キンギョハナダイの亡骸2
気を取り直して、さらに生き物探しを再開すると、地味ですがヒラムシを見つけました。
3月29日ヒラムシ
砂地にいた、カルパガザミ
まったく動かなかったので、これも死んでいるのかと思って
触れようとしたら、いきなりハサミを振って、威嚇を始めました。
水温低下で、だいぶ弱っていたようですが
O夫に近寄られ、生きる気力を、取り戻したようでした(笑)
3月29日カルパガザミ
そんな様子を、こっそり覗いていた、ミナミゴンベ
3月29日ミナミゴンベ
体を丸めているため、何だかよく分からない姿になっている、アワシマオトメウミウシ
あの美しい触角は、どこにあるのやら・・・
3月29日アワシマオトメウミウシ
普通種ですが、見つけると、つい撮ってしまう、アサヒアナハゼ
今回は、正面から狙ってみました。
3月29日アサヒアナハゼ
2個体目の、ゴマフビロードウミウシ
今度は、黄色バージョンでした。
3月29日ゴマフビロードウミウシ(黄)
よく見ると、とても綺麗な体色の、イシヨウジ
3月29日イシヨウジ
イシヨウジを撮っていると、視界の片隅で、何かがサササっと動きました。
見れば、ホンヤドカリが移動中。
3月29日ホンヤドカリ
透明度は悪いですが、マクロモードに気持ちを切り替えれば
まったく問題なし。
2本目も、楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: マンリョウウミウシ  ゴマフビロードウミウシ  キンギョハナダイ  ヒラムシ  カルパガザミ  ミナミゴンベ  アワシマオトメウミウシ  アサヒアナハゼ  イシヨウジ  ホンヤドカリ 

[edit]

trackback: -- | comment: 6

« 大瀬崎3/29-2-  |  くぎ煮 »

コメント

こんばんは!

私も以前、水温13度で初島のフタツネに潜った時、お魚が少なくてびっくりしたのを覚えてます。
もしかして旅立ってしまっていたのかしら・・・。
お魚の動きが鈍いし、寒かったのですかね。

ゴマフビロードウミウシってかわいいですね。
私は、見たことないです。

緑の世界も普段と違う海の雰囲気で、個人的に嫌ではありませんが、やっぱり視界が・・・なのでマクロですね。

きょん #PZXyn44A | URL | 2014/05/17 00:00 * edit *

きょん様。

きょんさん、こんにちは。
伊豆の魚には、水温14度と、13度は、大きな違いなんでしょうね。
最初から、マクロ狙いなら透明度も、気にならないんでしょうが
「ワイドも」なんて、下心がある時は、かなりヘコミますよね。
Oつがいは、コンデジなので、あまり透明度に左右されないので
そこは、助かっていますv-291
O夫

今年の伊豆は、なかなか水温が上がりませんよね~。
ゴマちゃん、何となくモフモフした感じが、かわいいでしょう?e-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/05/17 01:01 * edit *

いつもステキな写真をありがとうございます。
ナマコではなく『ウミウシ』でしたね。
今回もかわいい『ウミウシ』がいますね。
ゴマフビロードウミウシの目がとっても愛嬌あります。
触ってみたいとは思えないけど、、、
写真で楽しませて頂きます。

takechan0312 #- | URL | 2014/05/18 01:34 * edit *

takechan0312様。

takechan0312さん、こんにちは。
ハイ!ナマコではなく、ウミウシです(笑)
ダイバーの間で、ゴマフビロードウミウシは人気、赤丸急上昇中なんですよv-290
O夫

この時はゴマちゃんのトップシーズンでした。
いろんな所にポツポツ落ちていて、そのたびに癒されましたe-349
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/05/18 23:27 * edit *

まだまだ種類が。。。

こんばんは。
今回も初見の生き物がいますね〜何と種類が多い事か!
キンギョハナダイやアワシマオトメウシへの低温の影響が、興味深い。
ヒトは火を使う事を覚えて暖をとることができるけれど、他の動物にはその手が無い。
お猿さんたちは固まって団子状になって寒さを凌ぐ、クマさん等は穴の中で冬眠。
魚さんたちは、ちょっと厳しい。。。
緑に染まった光が柔らかいですね。

yokoblueplanet #- | URL | 2014/05/19 17:11 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
13度台の水温が、特別低い訳ではないのですが
今年は、たくさん息絶えた、キンギョハナダイを見ました。
透明度は落ちますが、春濁りは自然のサイクルなので
ダイバーは「透明度が悪い」なんて言わずに
この緑色を、楽しまなくちゃいけませんねv-291
O夫

親しいガイドさんは、ハナダイの息絶える瞬間を
見たことがあるそうです。
突然ぽとりと、はかなく地面に落ちるとか・・・
Oつま


Oつがい #- | URL | 2014/05/19 22:19 * edit *

コメントの投稿

Secret