10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

富戸12/1-2- 

2本目も、大当たりだったヨコバマに潜ります。
まずは、1本目で見かけていたもののスルーしていた、ニラミギンポの所へ。
12月1日富戸ニラミギンポ1
すぐそばには、巣穴から顔を出してこちらを窺う、別のニラミギンポがいました。
クリクリした目が、かわいいです。
12月1日富戸ニラミギンポ2
少し場所を移動したところで、モンツキベラの幼魚を見つけました。
体長、推定2センチ。
12月1日モンツキベラ
最近、一部の水中写真愛好家の間で流行っている
ソウル撮り(ピントを故意に合わせない)に挑戦してみました。
被写体は綺麗にボケたのですが、背景にバッチリピントが合ってしまっています。
これは、ソウルとして成立するのか否か?
12月1日モンツキベラソウル
1本目でノコギリハギがいた、トサカに行ってみると
ノコギリハギは、少し離れた場所に移動しており
かわりに、キンギョハナダイとコガネスズメダイが、陣取っていました。
仕方なく、こちらの2ショットを狙ってみますが、なかなか綺麗に並んでくれません。
12月1日キンギョハナダイ&コガネスズメダイ
結局、キンギョハナダイを主役にした写真と
12月1日富戸キンギョハナダイ
コガネスズメダイ主役の写真の、2枚になってしまいました。
12月1日コガネスズメダイ
砂地まで下りていき、大きなガラスハゼを撮影。
12月1日ガラスハゼ
撮影に夢中になっていると、いつの間にか2匹に増えていました。
ペアだったんですね。
12月1日ガラスハゼのペア
ガラスハゼのそばで遊んでいた、クロフチススキベラの幼魚。
非常に動きが素早く、撮るのに一苦労です。
12月1日クロフチススキベラ
さあ、もう一度、ニシキウミウシ+ウミウシカクレエビのコラボを撮ろう!
と思ったら、ウミウシカクレエビがいない・・・
12月1日ニシキウミウシ
ガッカリしつつ、先ほどのペアとは別個体の、ガラスハゼを撮影。
12月1日別個体ガラスハゼ1
せっかく、ガラスハゼという名前を持っているので、透明になってもらいました。
12月1日別個体ガラスハゼ2
あれっ、ニシキウミウシ+ウミウシカクレエビのコンビがいる!
先ほどのニシキウミウシは、別個体だったんですね。
近い場所にいたので、紛らわしい~。
1本目と比べて、いい感じの場所に乗っています。
まるで、ニシキウミウシを操る、ウミウシライダーのよう。
12月1日2本目ニシキウミウシ&ウミウシカクレエビ1
しばらく見ていたら「あらら、ちょっと前に出過ぎ」
ウミウシの触角が、引っ込んじゃいました~。
12月1日2本目ニシキウミウシ&ウミウシカクレエビ2
赤バックで、ソラスズメダイ。
12月1日富戸ソラスズメダイ
1本目と同じキンチャクダイの、今度は全身をこれまた、赤バックで。
12月1日2本目キンチャクダイ
帰り際、フリソデエビのペアの住処に立ち寄ってみると
誰もいなかったので、もう一度じっくり撮影。
1本目と違って、2匹が並んでくれていました。
12月1日2本目フリソデエビのペア
木筒を住処にしている、ミナミギンポ
口元が、テヘヘと笑っているように見えます。
12月1日ミナミギンポ
イソギンチャク畑に戻ってくると、真正面からウミスズメの成魚がやってきました。
12月1日ウミスズメ
ホンソメワケベラにクリーニングされ、気持ちよさそうな、アオヤガラ。
12月1日アオヤガラ&ホンソメワケベラ
エキジット間際、Oつまが激しくO夫を呼ぶので行ってみると
カミソリウオを、見つけていました。
現地のガイドさんが、行方不明だと言っていた個体のようです。
Oつま、やりますな~。
12月1日カミソリウオ
これにて、2本目のダイビング終了。
あぁ、楽しかった~。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: モンツキベラ  クロフチススキベラ  ウミウシカクレエビ  フリソデエビ  ミナミギンポ  ニラミギンポ  ガラスハゼ  コガネスズメダイ  キンチャクダイ  カミソリウオ 

[edit]

« 富戸12/1-3-  |  富戸12/1-1- »

コメント

ミナミギンポの写真、

たしかに、笑っているように見えますね^^

そもそも、魚には喜怒哀楽があるのでしょうか?

海河童 #gFfoDz9s | URL | 2014/02/27 16:27 * edit *

こんばんは!

かわいいベラの幼魚たち、きれいに撮られていてうらやましいです。
個人的にベラが好きなのにいつも惨敗で(**)
ガラスハゼも気がついたら見失っていることが多いです。
生物のアプローチが乱暴なのでしょうかね・・・。

きょん #PZXyn44A | URL | 2014/02/27 19:12 * edit *

海河童様。

海河童さん、こんにちは。
喜・哀・楽は、分かりませんが、怒はありそうですよね。
ダイバーなら一度は、ゴマモンガラや、スズメダイの縄張りに入って
彼らの怒りを買ってるはずですから(笑)
O夫

ホンソメワケベラにクリーニングされて、ほぇ~となっている魚たちは
喜や楽にちかい感じがしますねe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/02/27 22:05 * edit *

きょん様。

きょんさん、こんにちは。
Oつがいのダイビング仲間で、写真の上手い人に共通しているのは
みんな「粘り」ます。
凄い人だと、1DIVE1つの被写体だけって時も、あるようです。
でも、色んな生物見たいですよね~(笑)
つまり、Oつがいも、上手くはなれないって、ことですねv-406
O夫

ダイバー間に伝わる名言
「鉄は熱いうちに打て、ベラは若いうちに撮れ」
若くてエネルギッシュなきょんさんなら、本腰入れてベラを追っかければ
必ずや、ベストショットを手にすることができるでしょうe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/02/27 22:06 * edit *

ウミウシライダー!可愛すぎます!!
乗られているウミウシは、邪魔じゃないのでしょうか(笑)

ガラスハゼ・・・大瀬崎ではついにお会いすることなく。。
何匹も羨ましいです(泣)

ままま、また大瀬崎に行きなさいってことでしょうか(爆)

ちーこ #c.uCwPQY | URL | 2014/03/09 15:00 * edit *

ちーこ様。

ちーこさん、こんにちは。
ウミウシはきっと、邪魔だと感じていると思います。
だって、触角引っ込んじゃってるし(笑)
大瀬崎だけじゃなく、是非、東伊豆にもお越しくださいよ~。
一緒に潜りましょう!
O夫

ガラスハゼやビシャモンエビ、ムチカラマツエビなんかは
やたらいる時と、全然いない時の差が激しくて
不思議ですよねe-441
ともあれ、伊豆でお待ちしています~。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/03/09 21:59 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/635-b9420f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)