04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

獅子浜10/13-2- 

1本目のダイビングが終わり、海から上がってくると
沖を航行する、おめでたそうな船が。
船上では、女装した若衆が歌い踊っています。
4月に行われる、有名な大瀬祭りにそっくりな光景です。
獅子浜の祝船
さて、2本目のダイビングは、2013年獅子浜の生物・生態系についての
スタッフ情報を検証しに、北のエリアへ。

その1。シルトエリアにいるカスリハゼの中に、ボ~っとしている(強気な?)個体がいて
目の前まで寄らせてくれる。
「本当かいな?」と疑いつつ、潜ってみると・・・いました!
共生エビまで、強気です(笑)
カスリハゼと共生エビ
こちらは別の個体ですが、巣穴からはるか遠く離れています。
こんなに遠征しちゃって、大丈夫なのかな?
某大手ハンバーガーチェーン店のロゴを横にしたような、背鰭の模様が印象的。
巣穴から出ちゃったカスリハゼ
少し深度を上げたところで、ムチカラマツにいた
イボイソバナガニ(♀)を発見。
イボイソバナガニの♀
ありそうでなさそうな、ツノダシ(上)とムレハタタテダイ(下)の2ショット。
獅子浜のスタッフも、一言「う~ん、微妙に珍しい」(笑)
ツノダシ&ムレハタタテダイ
検証その2。今年は、シロハナガサウミウシが、大量発生している。
確かに、いました。
シロハナガサウミウシ
シロハナガサウミウシが大量発生すると、どうなるか?
エサであるユビノウトサカを食べまくる→獅子浜の海からユビノウトサカが消える
ユビノウトサカに住む、トサカガザミもいなくなる。
という訳でこちら、いまや獅子浜では稀少な、トサカガザミ
今年は少ないトサカガザミ
検証3。ハナハゼが少なく、オオモンハタが多い。
獅子浜といえば、ハナハゼの乱舞が名物ですが
確かに、いつもより少ない・・・
今年は少ないハナハゼ
その理由が、わかりました。
大量発生しているオオモンハタが、食べまくっていたのです。
折りたたまれて、オオモンハタに飲み込まれていくハナハゼの、決定的瞬間!
オオモンハタの捕食
獅子浜のスタッフから聞いたことは、すべて本当でした(笑)
この後は、お祭りにかこつけた、BBQに参加します。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ダイビング  カスリハゼ  イボイソバナガニ  ツノダシ  ムレハタタテダイ  シロハナガサウミウシ  トサカガザミ  ハナハゼ  オオモンハタ  ユビノウトサカ 

[edit]

« 獅子浜10/13-3-  |  獅子浜10/13-1- »

コメント

確かに珍しいですね^^

初めまして、海河童といいます。

ツノダシとムレハタタテダイのツーショット、
確かに珍しいですね^^

お互いに仲間だと勘違いしているんでしょうか?(笑)

海河童 #- | URL | 2014/01/10 13:28 * edit *

海河童様。

海河童さん、はじめまして。
ツノダシとムレハタタテダイの2ショット
ありそうで、意外とないですよね。
この2匹ちょっと、追いかけてみたら
同じ方向に、寄り添いながら逃げていき
まるで、ペアのようでした。
O夫

いらっしゃいませ~。
ビギナーの頃は、よく間違われる2種ですが
こうして見ると全然違いますよね。
性格も某漫画家さんが描いていたように、ハタタテに比べて
ツノダシの方が愛想ない感じe-450
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/01/10 21:47 * edit *

ウミウシ写真、ありがとうございます!

新春っぽいですね、ゴージャスなレース!
ふと、中世の王侯貴族の肖像画のエリ部分が浮かんできました。
(似ているようで)
それにしても、ひらひらがたっぷりしていて
海水の流れが強いときは
軽~くもっていかれてしまいそうですね。


paradizo #- | URL | 2014/01/11 00:45 * edit *

paradizo様。

paradizoさん、こんにちは。
今回は、ちょっとピン甘の写真で、申し訳ありません。
シロハナガサウミウシ、確かに、中世肖像画のエリっぽいですよね!
ウミウシも、あまりにうねりが強い時は
吹き飛ばされていることも、あるんですよ~。
O夫

復帰に向けた、リハビリダイビングとしては大成功でしたが
写真はイマイチでした~e-456
スローで優雅に見えるウミウシも、同じウミウシ属を食べちゃったり
この子のように、トサカを食べつくしちゃったり。
かなり貪欲ですe-447
Oつま

Oつがい #- | URL | 2014/01/11 20:21 * edit *

こんにちは!

ハナハゼが捕食される決定的瞬間!すごいです。
ちょっとショックですが、食物連鎖なので仕方がないですね!
今回のコラムは、先日餌付けポイントにいったこともあり、なんだか考えさせられるところがあります。
トサカガザミ、私きっと見たことないと思います。
美しいですね~。

きょん #PZXyn44A | URL | 2014/01/19 16:29 * edit *

きょん様。

きょんさん、こんにちは。
伊豆で餌付けしているポイントは、だいぶ少なくなりましたが
千葉のポイントは、今でも、結構多いですよね。
世界的に、餌付け禁止の流れの中、貴重といえば貴重ですが・・・
Oつがい、千葉に潜りに行くと、20年くらい前の、伊豆を思い出してしまいます。
O夫

ハナハゼ、最初は身体半分くらい出てたんですよ。
地元スタッフによれば、食物連鎖のかなり下位にいるようです。
こうしたシーンを実際に目にすると、何というか色んな意味で
すごく勉強になりますね。
Oつま


Oつがい #- | URL | 2014/01/19 19:43 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/612-d4f6cc25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)