07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

大野麥風展 

くじら軒でお腹を満たした後、7/27~9/23まで
東京ステーションギャラリーで開催されていた、大野麥風展に行きました。
大野麥風展
Oつがいも初めて知ったのですが、大野麥風さんは
魚類の作品を数多く描き「大日本魚類画集」を手掛けた、日本画家だそう。
フグの入場券が、かわいいです。
大野麥風展チケット

会場内の撮影はできないので、お土産で購入したものから
ピックアップして、ご紹介しましょう。
こちらは「ヤマメ」のポストカード。
ヤマメポストカード
電車の中吊り広告でも使われていた「飛魚」のポストカード。
飛魚ポストカード
どれも素晴らしい作品だったので、思い切って、画集を購入。
表紙には「ニシン」が、描かれています。
画集表紙ニシン
画集より「鯖」
画集鯖
画集より「ホオボオ」
画集ホオボオ
画集より「サメ」
画集サメ
ダイバーであるOつがいが見ても、生息環境等も含め
「潜ってもいないのに、どうして水中の様子が、こんなに描けるんだろう?」と
思わせるものばかり。
しかも一つひとつが、美しい芸術作品に仕上がっています。

この展示会で知った、もう1人の画家が、杉浦千里
その緻密な描写に、思わず絶句です。
画集より、シマイセエビと、ニシキエビ。
杉浦千里1
画集より、ヒラツメガニと、シマイシガニ。
杉浦千里2
画集より、ゴシキエビ。
杉浦千里3
杉浦千里さんは、甲殻類を得意とした、博物画家で
残念ながら2001年に、39歳の若さで、お亡くなりになったそう。
もっともっと、素晴らしい作品を描いてほしかった・・・残念です。

大野麥風展、がんばって行った甲斐がありました。
Oつまも1日かけ、博物館と美術館を歩き回った結果
だいぶ腰の具合が回復しているのを、実感できたようです。
スポンサーサイト

テーマ: 美術館・博物館 展示めぐり。

ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 大野麥風  杉浦千里  東京ステーションギャラリー  くじら軒   

[edit]

« 海鮮居酒屋 海宴丸  |  くじら軒八重洲店 »

コメント

綺麗で緻密な中に柔らかく幻想が漂っている・・・。
魚にそれぞれの感情を表す表情がうかがえて面白いですネ。
杉浦千里さんの色使いが上品で輪郭の精密さがすごい。
髭までもシンメトリーに配置されてた構図は、上品さがより強く出ていますネェ。
私も老後(踊れなくなった後)日本画を描こうと思って、庭にはいろいろな植物を植え、昆虫も沢山いますが・・・目が悪くなって断念。
でも、子供の時から油絵をいたずらしてたので~もう良いわ!自然を愛でるだけで。
お魚も甲殻類もお花と同じように美しい❤素敵な絵画をありがとう。
 (好きな美術館(日本画):山種美術館です=久しく行っていませんが)

処で、腰のお具合が悪かったのですか?沢登りで冷えたのでしょうか?お大事になさってください。

ROMI #- | URL | 2013/12/08 22:39 * edit *

ROMI様。

ROMIさん、こんにちは。
大野麥風さんも、杉浦千里さんも、正直、この展覧会で初めて知りました。
大野麥風さんの残した、大日本魚類画集は、原色木版二百度手摺りと謳われるほど
手の込んだものだったそうです。
若くして亡くなられた、杉浦千里さんは、ウルトラマンでお馴染みの
円谷プロで、キャラクターデザインを手掛けながら、独学で博物画をマスターし
彼の描いた、甲殻類博物画は、写真を凌駕する緻密さを持つと、言われたそうです。
現在でも、彼の博物画は、日本各地の博物館や水族館で、展示されているそうです。
O夫

なんとなくROMIさんがコメント下さるのでは、と思っていましたe-446
山種美術館なつかしい~、大昔に兜町界隈で働いていたので・・・
でも今は広尾にあるのですねぇ。浦島気分ですe-443
腰は、仕事中に痛めてしまいました。
もう二度と辛い思いはしたくないので、仕事は努めてセーブしてます!
Oつま


Oつがい #- | URL | 2013/12/08 23:12 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/599-7b6f3ab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)