05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

伊豆海洋公園8/3-3- 

2本目のダイビングも、ちょっと遠征してきました。
お目当ては、オビトウカイスズメダイ
生息深度がとにかく深いので、滅多に見ることができない魚ですが
今回は、強運のFさんのお蔭でしょう、ギリギリダイバーが見られる深度まで
上がってきていました。
ただ、やはり初見だったOつがいが、Fさんの背後で大興奮していたためか
あっという間に引っ込んでしまい、申し訳ないことをしました。
オビトウカイスズメダイ
ちょっと落ち込むOつがいをよそに、Fさんの強運は続きます。
これまでOつがいが、西伊豆の大瀬崎で何度もチャレンジしては、振られ続けてきた
イトヒキコハクハナダイを、見ることができました。
一見スジハナダイと似ていますが、体側にある赤い縦スジの、入り方が違います。
イトヒキコハクハナダイ」という正式和名が付くまで、ダイバーからは
「スジチガイ」という愛称で、呼ばれていました。
イトヒキコハクハナダイ&サクラダイ&マツバスズメダイ
ちなみに、後ろにいる赤い魚は、サクラダイのオス。
その下の魚は、マツバスズメダイ。
マツバスズメダイも、こんな深度にいるんだなぁ。

Fさんの強運は、まだまだ続きます。
その美しさから、エビの女王と呼ばれる、バルスイバラモエビです。
残念なのは、オビトウカイスズメダイイトヒキコハクハナダイと回ってきた後では
ゆっくり観察する時間がないこと。
ちょこっとだけ、その姿を確認して、すぐに浅場へ移動しなければなりません。
バルスイバラモエビ
浅場への移動中に、アカオビコテグリを発見。
もうちょっと浅い場所にいてくれると、いいんですけどね~。
アカオビコテグリ
さあ、そろそろ、イトヒキベラが姿を見せ始めました。
イトヒキベラ
おやおや、岩陰には、コブダイの幼魚もいます。
何だか、盛り沢山なダイビングになってきました。
コブダイ(幼魚)
クロホシイシモチの群れが、水面からシャワーのように降り注いできます。
クロホシイシモチの群れ
ようやく、オクリダシでの、お仕置きタイムのスタート。
各自、好きな被写体と向き合います。
こちらは、勝気なトウシマコケギンポのオス。
口を大きく開けて、何かモノ申したいことがあるようです。
トウシマコケギンポ(♂)
大きな体格の、ヤマドリのオスがいました。
先ほど見たアカオビコテグリと同じ、ネズッポの仲間です。
ヤマドリ(♂)
下から見ると、まるで剣山のような歯の(でも実は気の小さい)コケウツボ。
コケウツボ
チビテグリのオスを、見つけました。
サイズは違いますが、やはりネズッポの仲間です。
チビテグリ(♂)
しばらくオスの後をつけてみると、体の大きな、メスと出くわしました。
チビテグリ(♂、♀)1
早速、アピールを始めるオスに対し、メスはよほど機嫌が悪かったのか
いきなり噛みついて、オスを追い払ってしまいました。
チビテグリ(♂、♀)2
マイブームの、アカイソハゼ。
婚姻色が出ていますね。
アカイソハゼ
いつものように、サラサエビを撮ろうと思ってみたら、何となく違う感じ。
よく見ると、ヤイトサラサエビでした。
ヤイトサラサエビ
巣穴から出て、楽しそうにお散歩中の、トウシマコケギンポのメス。
トウシマコケギンポ(♀)
まだかなり幼いステージの、チョウチョウウオがいました。
岩の隙間を、チョロチョロ逃げ回って、撮りづらいです。
チョウチョウウオ(幼魚)
そろそろ、お仕置きタイムも終了という時に、変なソラスズメダイを見つけました。
体色が、マダラになっています。
ソラスズメダイ
2本目のダイビングも、無事終了。
伊豆らしい魚を見られて、「初」海洋公園のFさんも喜んでくれたようで、良かった。
2日めは、海洋公園の浅場をじっくり、潜る予定です。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: オビトウカイスズメダイ  イトヒキコハクハナダイ  バルスイバラモエビ  アカオビコテグリ  イトヒキベラ  コブダイ    トウシマコケギンポ  チビテグリ  ヤイトサラサエビ 

[edit]

« 伊豆海洋公園8/3-4-  |  伊豆海洋公園8/3-2- »

コメント

オビトウカイは、まさか見れるとは思っていませんでした\(◎o◎)/!
一生私には縁がない魚と思ってましたから…
いや~、私の強運は、Oつがい様に伊豆へ連れって行ってもらった事ですよんv-290

イトヒキもコブダイ幼魚も勿論初見。
そしてヤマドリは見てません。アカオビイソハゼは、前回ご一緒した伊豆でハマり、大好きでーす。
そしてトウシマコケギンポは、全身が出ると、なんで残念な感じなんですかねぇ?
変な模様になってたソラスズメは、ハマりますよね~

F #- | URL | 2013/11/05 23:05 * edit *

あーっ、あまりに盛りだくさんで、やはり見たいけど縁がないと思ってた、
バルスイバラモエビを忘れていましたー!!
そして砂イソギンチャクも初見で見たことないので、毒があるって知らなかったのでした。

F #- | URL | 2013/11/05 23:08 * edit *

F様。

Fさん、こんにちは。
ヤマドリは、いつでも見れるので、大丈夫ですよ~。
次は是非、アゴアマダイを狙いたいですね!
O夫

うーんトウシマコケギンポ。顔のインパクトに比べて、胴体の色といい
長さといい、ハンパだからでしょうか・・・
そしてOつまは密かに、オビトウカイのリベンジを狙っております。
スキルもカメラも不安なままですがe-455
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/11/06 21:41 * edit *

F様。

Fさん、こんばんは。
初日は、特に、盛りだくさんでしたよね。
さすがに、オビトウカイスズメダイ→イトヒキコハクハナダイ→バルスイバラモエビのルートは
かなり、大忙しになって、最後のバルスイバラモエビなんて、ちら見程度でしたよ。
ありえないですよね(笑)
O夫

バルスにお似合いな、美しい色味のスナイソギンチャクだったでしょう?
他の色に付いた子はNGと、撮らない人もいるほどですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/11/06 21:42 * edit *

こんにちは!

私には見れそうにない深場の生物ばかりで楽しく拝見させていただきました。
オビトウカイスズメダイって100M以深にいるお魚なのに、見れるなんて凄いです。大興奮するのは当然ですね。
ダイバーが興奮するとお魚も殺気を感じるのかしら?私も引っ込ませたり逃がしたりやらかしてしまい、へこむことが多々あります。
それにしても、皆様強運なんですね。
バルスイバラモエビも一度も見たことが無いので、見てみたいです。
IOPに行きたくなって来ました^^

きょん #PZXyn44A | URL | 2013/11/07 11:51 * edit *

きょん様。

オビトウカイスズメダイは、時々、柏島で、ダイバーの見られる深度まで
上がってきていることがあったようですが、まさか、IOPでも見れるとは
思っていなかったので、本当に興奮しました。
バルスイバラモエビは、シーズンになると、八幡野の浅い場所で見られることがあるので
平日ダイバーのきょんさんなら、貸切で見られるかもしれませんよ。
O夫

この日のオビトウカイは、特に出がシブかったようなんです。
でも主役のFさんには、けっこう近くで見て頂けたので良かった。
次回は、ご機嫌のいい日に当たるといいなぁe-349
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/11/07 21:58 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/583-f9dcc3c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)