07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

水根沢-4- 

ゴールにあたる半円の滝は、直接滝を登るルートと、左側の岩場を登るルートの
2パターンがあり、男性隊員は、ほぼ強制的に、滝ルートを義務付けられています。
まずは、スージー部長がチャレンジ。
半円の滝登り1
この辺りが、ちょうど滝の幅が広がり、難しい箇所です。
足をとられて、滝壺まで滑り落ちる隊員も、時には出るのですが
さすが、ベテランスージー部長。一歩一歩、確実に進んでいきます。
半円の滝登り2
スージー部長、余裕綽々で、ゴ~~ル!
半円の滝登り3
いっぽう、身の丈がホビット族なOつまは、手足を精いっぱい広げても
滝の幅に届かないので、岩側のルートを登ってきました。
Oつまは岩場から
全員登り終わったところで、恒例の滝滑りがスタート。
まずは、Yたか隊長から。
滝滑り1
滑り落ちる様子を、動画でどうぞ。
[広告] VPS

すっかり上機嫌なYたか隊長、戻ってくるなり「もう一回行く~」
滝滑り2
こちらも、動画で。
[広告] VPS

ここでO夫が、閃きました。
カメラを動画モードにして、自ら滝を滑れば、臨場感ある動画が撮れるのでは?
早速、挑戦。
[広告] VPS

N水隊員が「私もやってみます」と、撮影を申し出てくれました。
ところが・・・
[広告] VPS

あ~N水隊員、一番いいところで、停止ボタンを押してる!ダメじゃ~ん。

さて、全員気のすむまで遊び終わったところで、少しさかのぼり
ここが本当のゴールです。
ゴール
しかし、沢登りが終わったからといって、油断はできません。
ある意味、沢登りよりも過酷な、山登りが待っているからです。
ここが、山登りの入り口。
林道へ
沢登りで疲れた体には、辛い急斜面。
どれだけ勾配がキツイか、写真から伝わるでしょうか。
林道1
山の経験豊富な、Yたか隊長、スージー部長、N水隊員も
思わず無口になるくらい、辛い登りです。
林道2
やっと、林道に出ました。
整備された道ですが、今度は下りが延々と続き、ジワジワと、膝に負担がかかります。
林道3
林道の終わりは、魔の階段。
ここで毎回、Oつがいの膝は悲鳴を上げます。
真っ直ぐに降りることもできません。
林道4
魔の階段が終わり、舗装された道へ入り、バス停まで、あともう少し。
バス停へ
さあ、温泉で、冷えた体を温めましょう。
スポンサーサイト

テーマ: 登山

ジャンル: スポーツ

タグ: 半円の滝  沢登り    山登り 

[edit]

« 水根沢-5-  |  水根沢-3- »

コメント

うう、残念な動画を残してしまいました。
機会があれば完璧な動画をとって見せまするぞ~v-91

N水 #- | URL | 2013/10/22 06:22 * edit *

こんにちわ

沢登りお疲れさまでした。
臨場感のある動画、とてもよかったです^ ^

k #- | URL | 2013/10/22 09:10 * edit *

コメントありがとうございます。
お二人でダイブもすれば、沢登り、山登りもされるのですね。
海外の川は大き過ぎて、沢登りにはちょっと辛いですが、
キンバリーでして沢登りは良かったですよ。
キャンピングツアーで暑いので、シャワー代わりでした。

これからは寒いので、どちらも辛いでしょうが、
お二人はきっと今日もアウトドアーかな?
いっぱい変った魚を楽しみにしています。

takechan0312 #- | URL | 2013/10/22 14:40 * edit *

N水様。

N水さん、こんにちは。
ダメですよ~、停止ボタンを押しちやぁ~(笑)
次回は、その長身を生かした、ハイアングルからの撮影を、期待していますv-221
O夫

都合3回も、ボタン押したでしょ!?
録画音をよく聞くと、Oつまが何度も「そのままで(押さなくて)いいよ」と
叫んでいるのが、わかりますよ~e-443
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/10/22 21:17 * edit *

k様。

kさん、こんにちは。
動画、よかったですか?!
危険を冒して(ウソ)撮影したかいがありました(笑)
O夫

こういう時こそ動画!ですけど、カメラを持っているという固定観念で
なかなか、思いつかないんですよね。
というわけで、技術も全然上がりませんe-449
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/10/22 21:18 * edit *

takechan0312様。

takechan0312さん、こんにちは。
先週末、今週末と、ダイビングの予定だったのですが、ことごとく台風にやられています(泣)
Oつがいも、最初はキャニオニングがやりたくて、山の先生に相談したのですが
「川は下るな、登れ!」と言われ、いまだにキャニオニングは未体験です(笑)
オーストラリアだと、ダイバーならまず、GBRかパースが思い浮かびますが
実は、エアーズロックにも登りたい、Oつがいです。
O夫

海外ではダイビング三昧が多く、山に登ったことはないので
いつかは!と思っています。
でも、先生方が行きたいという海外の山は、レベルが高過ぎて
聞くだけでビビってしまい、とても付いていけませんe-447
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/10/22 21:21 * edit *

怖そうな滝すべり~、O妻さん、挑戦されたの?大丈夫なの?
凄い冒険家と言うか凄い体力と運動神経持ってますネェ~。(尊敬の眼差し)

それにしても、疲れ果てた末の山登り・・・ここでやめる!・・・出来ませんねェ。
膝が折れても歩くしかない辛さ、自然環境は素晴らしくとも、桑原桑原です。

後の温泉と飲み会が充実していなければ、観て居る側も納得できないです。

ROMI #- | URL | 2013/10/23 17:06 * edit *

ROMI様。

ROMIさん、こんにちは。
そうなんです。沢登りを始めた時に、Yたか隊長に言われたのは
「入渓したらゴールするしかない」でした。
後戻りは、できないのです。
そして、沢登りをする理由は
「温泉を楽しみ、お酒を美味しく飲むため」なんだそうです(笑)
O夫

今回は寒さ対策で避けましたが、滝滑りは、意外に怖くないですよ。
岩場を登る方が、ずっとずっとスリリングです。
水根沢には、もう5回以上(たぶん7回以上)行っていますが
毎回、ビビっております。
でも登り切った時の達成感が、それを吹っ飛ばしてくれるのですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/10/23 21:29 * edit *

気持ち良さそう♪

こんばんは!
トレイルランニングツアーをやっているショップが、シャワークライミングを企画していて、個人的に興味があったので、楽しく読ませていただきました。
ただ思ったより過酷なんですね~。
自信がなくなってしまいましたが、いつか挑戦してみたいです。
滝すべりはハウジングを持って撮ったのですか??
どうやって撮影されたのかと気になりました。
それにしてもお二人ともタフですね~。すばらしいです。

きょん #PZXyn44A | URL | 2013/10/26 19:44 * edit *

きょん様。

きょんさん、こんにちは。
Oつがいを引率してくれる、Yたか隊長によると
ここ水根沢は、沢登り初心者が、シャワークライミングを体験するには
格好の場所らしいです。
滝滑りは、昨年までは、パナソニックのTZ-3をハウジングに入れて持ち込んでいてたのですが
今年から、アウトドア用に、ペンタックスの安い、防水カメラを購入し
これが、デビュー戦でした。
O夫

シャワークライミングなら、沢登りほど厳しくないと思うので
ぜひ挑戦してみてください。
水に慣れている人ほど、楽しめると思います。
トレランやってらっしゃる、きょんさんの方が全然タフですよ~!
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/10/26 23:02 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/577-55b2f638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)