10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

獅子浜7/20-4- 

夕食の後は、獅子浜でナイトダイビングです。
昼間は北側を潜ったので、南のエリアへ行ってみましょう。
まず現れたのは、妙にぐにゃぐにゃしている、トラウツボ。
トラウツボ
砂の上に乗っていた、エビ。
アカエビの仲間なのかな?
アカエビの仲間?
獅子浜ナイトダイビングの名物、カザリイソギンチャク。
触手から、毒をぶわ~っと放出中・・・というのは、嘘で
モヤモヤしているのは、巻き上がった砂です。
ただし、触手にも体にも猛毒を持っており、接近しすぎると危険なので
触手の反対側へまわり込むように、気をつけなければいけません。
ライトを当て、引っ込んでしまう前に、大急ぎで撮影。
カザリイソギンチャク
泥地エリアまで来たところで、オシャレカクレエビを発見。
透明な身体のせいで、すっかり泥に同化しています。
オシャレカクレエビ
昼間に見たゲンロクダイの子供は、体色がナイトバージョンになっています。
目が、明らかに眠そう。
ゲンロクダイ
深場まで下りてみると、オキノスジエビがいました。
この時期でも、いるところには、いるんですね。
オキノスジエビ1
しかも見回せば、かなりの数がいるのですが、密集した群れではなく
ばらばらに分かれて、そこらじゅうで動き回っています。
よく見ると、卵(お腹の青いところ)を持っている個体もいました。
オキノスジエビ2
さあ、ここから少しずつ、深度を上げていきます。
岩にくっついていたのは、キタンヒメセミエビ
キタンヒメセミエビ
岩の隙間では、お約束のように、ホムラチュウコシオリエビが威圧しています。
これも、獅子浜のナイトダイビングの名物。
ホムラチュウコシオリエビ
昼間と全く違う体色の、サクラダイ。
こんな場所でグーグー寝ていて、襲われないのでしょうか?
サクラダイ
キサンゴをバックに、オトヒメエビ
この個体も、お腹に卵を持っているようです。
オトヒメエビ
サクラテンジクダイ
昼間と、あまり変わらない感じに見えますが
か○ぢさんによると、ナイトバージョンだそう。
サクラテンジクダイ
岩の亀裂にいた、巨大なユウモンガニ
夜は、エビ・カニたちが元気です。
ユウモンガニ
普段は、砂の中から顔だけ出していることの多い、ハナアナゴですが
ナイトダイビングでは、こうして泳いでいるシーンを見ることができます。
ハナアナゴ
狭い空間に体を押し込み、微動だにせず爆睡する、イラの成魚。
体色が、昼間とは明らかに違います。
イラ
マツバスズメダイも、着底して就寝中。
マツバスズメダイ
昼間同様、ガンガゼの周りには、サラサエビがいますが
やはり、体色が変わっています。
サラサエビ
この日はヨソギも、たくさんいました。
石の端っこを咥えて眠っているように見えますが、手ごろな海藻が
なかったのかな?
ヨソギ
オビアナハゼも、岩の上でじっと動かず、撮り放題。
オビアナハゼ
眠いのに光を当てられて、右往左往している、ハコフグの幼魚。
ハコフグの幼魚
コロダイは、昼間と同じ場所を、ウロウロ泳いでいましたが
やっぱり、体色がナイトバージョンになっています。
コロダイ
水底を移動していたのは、ソメンヤドカリ
ずいぶん欲張って、イソギンチャクを付けましたねー。
ソメンヤドカリ
O夫は気づかなかったのですが、グレートマジンガーが倒れていたそうです。
見たかった・・・いや、救出したかった。
グレートマジンガー
これにて、西伊豆合宿の初日が終了。
「初」西伊豆のdivermatsukunも、獅子浜を堪能したようです。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ゲンロクダイ  オキノスジエビ  キタンヒメセミエビ  ホムラチュウコシオリエビ  オトヒメエビ  イラ  サクラテンジクダイ  ユウモンガニ  オビアナハゼ  ソメンヤドカリ 

[edit]

« 大瀬崎7/21-1-  |  獅子浜7/20-3- »

コメント

ナイトダイビングは珍しいのがいっぱいですネ!

昼間のダイビングでもおぼつかないので
夜は怖くって参加した事無いですが

お写真で見せて頂いて満足です(笑)

nohohon life #- | URL | 2013/10/04 15:56 * edit *

nohohon life様。

nohohon lifeさん、こんにちは。
沖縄のナイトダイビングは、いいですよ~。
勇気をもって、是非一度参加してみてください。
問題は、ビールを少し我慢しないといけないことです(笑)
O夫

実はですね、ナイトは意外に怖くないのですよ。
よほど濁らない限り(沖縄では少ないでしょう)ライトで
皆がどこにいるか、すぐにわかるし、潜るエリアが狭いから
行き遅れることもないんです。
そのうえ、魚たちも至近距離まで寄せてくれますe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/10/04 21:21 * edit *

わーオトヒメエビってめちゃくちゃかわいい子なんですネ♡
見てみたいです♪

雲蓮 #- | URL | 2013/10/06 19:47 * edit *

こんばんは。

ずっと以前に、TOKIOの鉄腕ダッシュだったかな?で
深海生物の新種を探すというものがありましたね。

あれは伊豆半島の西側・・・・・・じゃなかったかな?
深海生物の宝庫みたいに言っていました。

いろんな生物が多い海なんでしょうね!

孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ | URL | 2013/10/07 01:54 * edit *

雲蓮様。

雲蓮さん、こんにちは。
Oつがいが、座間味でお世話になっている、DSのオーナーも、北海道出身なんですが
初めて沖縄で潜った時、オトヒメエビを見て、感動したそうです。
ガイドになったばかりの頃、ずらりと並んだ伊豆ダイバーに
オトヒメエビの美しさを熱く語った後、当時のショップのオーナーに裏に呼ばれ
「オトヒメエビは、伊豆が本場だ」と言われ、メチャクチャ恥ずかしかったと
懐かしそうに、話していました。
Oつがいは、雲蓮さんの地元にいる、ヤドリイバラモエビが見たいです!
O夫

昼間は岩の隙間から、睨みをきかせていますが
夜になると写真のように出てきて、そこらじゅうでワーッと
手を上げているさまは、なかなか壮観ですe-349
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/10/07 22:20 * edit *

孝ちゃんのパパ様。

孝ちゃんのパパさん、こんばんは。
Oつがいも、鉄腕ダッシュは大好きで、よく見ています。
鉄腕ダッシュに限らず、最近深海魚を扱う番組が多いですよね。
西伊豆は、ダイビングだけじゃなく、深海魚料理店も、多いんですよ。
O夫

おっしゃる通り、伊豆は深海生物の宝庫。
陸から海溝までの距離がこんなに近い場所は、なかなかないらしいです。
生きた状態の深海生物を見られるのは、ダイバーの特権かもしれませんね~e-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/10/07 22:22 * edit *

ハナアナゴは見なかったなー。
グレートマジンガーは見たけど(笑)。

M下 #- | URL | 2013/10/07 23:53 * edit *

M下様。

M下さん、こんにちは。
ダイビングの後、このグレートマジンガー(当日はマジンガーZ)の話題に乗れず
悔しかった、O夫です(笑)
O夫

ぴょろぴょろ~っと、目の前を泳いで行ったハナアナゴ。
昼間の子と同じだったのかな?
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/10/08 22:30 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/570-933d312e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)