08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

雲見6/30-1- 

深夜までボクシング談義で盛り上がった、翌日。
この日は2本とも、牛着岩で潜る予定でした。
雲見港に到着し、器材のセッティングをしていると、海老名にあるダイビングショップさんが
「これから沖の根に潜るんですけど、一緒にどうですか?」
少し遠いポイントで、エキストラチャージがかかってしまいます。
しかし、なかなか潜るチャンスがないのも事実。
迷ったあげく、結局、同行させてもらうことになりました。

以前も何度か入ったことがある沖の根は、いつも流れが強いイメージ。
最後に潜った時(10年近く前)など、あまりの激流に、潜水時間わずか20分でした(笑)
今回も覚悟していましたが、ポイントに到着し、海面を見てみると
「あれ???」
潮、完全に止まってます。
そんな訳で、妙にまったりした、沖の根でのダイビングスタート。

まず、最初に目についたのは、ナンヨウイボヤギウツボ
何とも、和風な眺め。
ナンヨウイボヤギとウツボ
根の周りには、たくさんのイサキが群れています。
まったりしたイサキの群れ
魚群を掻き分けるように泳ぎ回る、ホシエイ
あまりダイバーの来ない場所に、突然おおぜいの人間が現れたので
ビックリしたようです。
ホシエイ
激流だったら、まず出会えなかった、アヤトリカクレエビ
アヤトリカクレエビ(小)
もう1個体いました。
今まで見た中で、最も巨大な、アヤトリカクレエビ
何を食べたら、こんなに丸々と太るのでしょう?
アヤトリカクレエビ(大)
ふたたび、和の世界。
スズメダイナンヨウイボヤギ
スズメダイとナンヨウイボヤギ
そして、マクロの世界へ。
擬態上手の、コボレバケボリ
コボレバケボリ
トラフケボリダカラガイが、2個体。
まさか沖の根で、マクロ三昧になるとは・・・(笑)
トラフケボリダカラガイ
沖側を見ると、イサキは相変らず、やる気のなさそうに、まったりと群れています。
[広告] VPS

岩の亀裂には、巨大なイセエビが、何個体もいました。
イセエビ
最後に根のトップで安全停止中、遊んでもらった、イソギンポ
きょろきょろ動く目が、とってもキュート!
イソギンポ
海老名のダイビングショップさん、誘って頂きありがとうございました。
久しぶりの沖の根、楽しかったです。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ナンヨウイボヤギ  ウツボ  イサキ  ホシエイ  アヤトリカクレエビ  スズメダイ  コボレバケボリ  トラフケボリダカラガイ  イセエビ  イソギンポ 

[edit]

« 雲見6/30-2-  |  雲見6/29 »

コメント

こんにちは!
トラフケボリダカラガイは、
下の貝がマクに覆われると上の貝姿になるんですね!
生態が見れて楽しい♪
写真がきれいなので私も
海中気分になって見ています、ありがとうございます。

paradiso #- | URL | 2013/09/13 22:11 * edit *

paradiso様。

paradisoさん、こんにちは。
タカラガイや、ウミウサギの仲間は、外套膜が綺麗なので
ダイバーの間では、見るのも、撮るのも人気なんですよ!
O夫

今回ご一緒したオーナーさんは、ボクサー上がりのガタイを持ちながら
綺麗なマクロ生物を、愛して止まない男。。
気がつくといつも、大きな体を丸めて、極小アイドルを探していますe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/09/13 23:27 * edit *

こんにちは!
つい先日、私も雲見に行ってきましたが、海の中はいろんな生物がいてきれいなんですね。
ウツボは怖いけど、イサキに、巨大なイセエビ!
おおっ、おいしそう、高そう! と思っちゃったりして・・・
獲るとやっぱり捕まっちゃうんでしょうね(^_^;)アハハ

りゆう #iVEsRi8k | URL | 2013/09/16 09:45 * edit *

りゆう様。

りゆうさん、こんにちは。
今回、一緒に潜ったガイドさんは、雲見の漁業権を持っているのですが
イセエビは、獲れないそうです。
イセエビは、権利がまた別なんだそうです。
Oつがいは、漁業権を持っていないので
魚介類を獲ったら「密漁」になるので、逮捕ですv-12
撮ってるほうが、よさそうですv-291
O夫

ウツボ(特に写真のような、伊豆近海のウツボ)はですね~
それはもう、臆病なんです。
カメラをグッと近づけただけで、尻尾を巻いて逃げだします。
特別に肩入れするつもりはないのですけれど、その風貌のせいか
あまりに怖がられ過ぎていると感じるので、つい・・・
Oつま


Oつがい #- | URL | 2013/09/16 19:04 * edit *

本当に和風!

こんにちは。
今日の一枚目,完全に和風ですね。
そのまま絵にしてもうまく行きそうな雰囲気です。
そして今日の最後は、愛嬌たっぷりの一枚。
良いですね。
それにしてもアヤトリカクレエビは擬態ですか〜見事ですね。
マクロも良いですね。

yokoblueplanet #- | URL | 2013/09/17 13:46 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
このダイビングポイント、本当は、潮がガンガン流れていて
ゆっくり小さいものを、見ていられるポイントではないのですが
マクロ大好きのガイドさんの、願いが叶ったのか
完全な、潮止まりでした(笑)
このポイントに、こんな「和」の世界があったのも
これまで全く、気がつきませんでしたv-12
O夫

見渡せばタカベの群れなど、動きのある風景が展開し
根に近づけば、かわいい小物たちが隠れていて
とても贅沢な1本でしたe-349
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/09/17 22:00 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/561-91aa9275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)