06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

浮島6/29-ナイトダイビング- 

この日のOつがいは、毎週土曜日に通っている、水泳教室終了後
そのまま車で西伊豆へ。

やって来たのは、浮島。
「浮島で潜るのは、久しぶりだなぁ」と思い、調べてみたら
なんと、1992年の9月以来・・・

さあ、21年振りの浮島で、ナイトダイビングです。
まずは、ゴロタと砂地の境目を、ゆっくり移動。
「やたらハオコゼばっかりいるな~」などと、思っているところに
これも定番の、クツワハゼが現れました。
体色が、ナイトバージョンになっています。
クツワハゼ
ドテッと無造作に、砂利の上で横たわる、アカササノハベラ
本当に、ここでこのまま寝ちゃうんでしょうか?
アカササノハベラ
ハオコゼに負けじと、イモガイもそこらじゅうにいます。
じっくり見ると、目がキモイ。
まぬけな容姿に見えますが、安易に触ってはイケません。
毒銛で刺されたら、命にかかわることもあります。
イモガイ
「それにしても、地味な生物ばかりだな」と思っていたところ
ナマコマルガザミを、発見。
ガッチリと、ナマコにへばりついています。
ナマコは、痛くないんでしょうか?
ナマコマルガザミ
砂地へ移動すると、ヒラタエイがいました。
やたら逃げまくるので、何とか1枚だけ、証拠写真が撮れました。
ヒラタエイ
浮島の砂地には、所々、海藻が生い茂っています。
そんな場所を覗いてみると、寝床を探す魚たちに出会うことができます。
カワハギは、海藻をベッドに、就寝準備中。
カワハギ
イトフエフキは、海藻から海藻へと移動しています。
手ごろな場所を、探している最中なのかな?
イトフエフキ
一方、砂の上には、何個体も這いまわっている、バイ貝。
この日の3大勢力は、ハオコゼ、イモガイに、このバイ貝でした。
やはり目がキモイので、横からの写真にしておきます。
バイ貝
もう1度、藻場に目を向けると、ナイトカラーになったヨソギ
海藻をくわえて、就寝体勢に入ったところでした。
ヨソギ
海藻のないエリアには、大きなヒラメがいました。
この日は、この個体を含め、計3個体のヒラメを見ました。
ヒラメ
スナイソギンチャクの根元にいた、おおきなマルガザミ
目が、明後日の方を見ているのが、可笑しい。
マルガザミ
ここのところ、やたらとタツノイトコづいている、O夫ですが
また、見つけちゃいました。
今回も、小さめの可愛い個体ですが、この体色は初めて見ました。
ナイトバージョンなのでしょうか?
タツノイトコ
さあ、そろそろ、戻らなくてはいけません。
砂利エリアの上を移動中、小さなコツブムシの仲間を、見つけました。
コツブムシの仲間
砂の中から顔を出していた、宝石のような眼を持つ、謎の魚。
エキジット時間が迫っていたので、ゆっくり観察する暇がなく
詳細は不明です。
謎の魚
エキジット寸前に見つけた、ロウソクエビの仲間。
時間があれば、ゆっくり撮りたかった。
ロウソクエビの仲間
21年振りの浮島ダイビングは、気がつけば、潜水時間90分。
エキジットすると、ダイビングの窓口である、サンセットリゾートには
誰も、居なくなっていました(笑)
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クツワハゼ  アカササノハベラ  ナマコマルガザミ  ヒラタエイ  イトフエフキ  ヨソギ  ヒラメ  マルガザミ  タツノイトコ  ロウソクエビ 

[edit]

« 雲見6/29  |  八幡野6/23-3- »

コメント

こんばんは~

浮島ですか、
自分にとっても懐かしい(^^)

レスキューの講習以来ですので、
15~6年ですかね。

ナイトで誰もいないのは、
流石に寂しいですね(^^;

あっ、それ以前に、
ライト忘れたのも思い出した...

なんか楽しくない思い出だけが...
(^^;

flowerh #- | URL | 2013/09/09 00:04 * edit *

flowerh様。

flowerhさん、こんにちは。
O夫も、最後に潜った21年前は、レスキュー講習でした。
溺者役は、巨漢のダイバーで、ブーブー言いながら
講習を、受けました(笑)
O夫も、楽しくない思い出の、浮島でした(爆)
O夫

Oつまの浮島は遥か昔、どなたかのドライスーツ講習に便乗した
ファンダイブでした。
あまりに前のことで、ぼんやりとした記憶しかありませんe-350
あの当時ご一緒したメンバーで、今でも潜っている方は
おそらく0人でしょう・・・
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/09/09 22:01 * edit *

マルガザミ

こんばんは。
マルガザミとスナイソギンチャクの組み合わせが面白いですね。
半透明のスナイソギンチャクの構造がまるで建物のよう、ガザミにとっては安心できる自分のお家という事なのかも知れませんね。
家と云えば、ナマコマルガザミは「家」と完全に同体化してしまっているような姿ですが、ナマコにとってのメリットがある関係なのかどうなのか。。。気になる姿です!

yokoblueplanet #- | URL | 2013/09/11 23:41 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
マルガザミは、こういった環境にいることが、多いのですが
今回は、透明で綺麗なスナイソギンチャクだったので
じっくり、撮れれば、もっといい写真になったかもしれないんですが
スナイソギンチャクが嫌がって、少しずつ砂に潜っていってしまい
マルガザミメインの、写真になってしまいました(汗)
さて、ナマコマルガザミとナマコの関係ですが
たぶん、ナマコにメリットはないと思われます(笑)
O夫

とは言え、もしかするとガザミとナマコには
私たちにはわからない、特別な関係があるのかもしれません。
なんて想像(妄想?)すると楽しいですよねe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/09/12 21:23 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/559-7801fe8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)