07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

井田6/16-2- 

2本目のダイビングです。
せっかく新しいタンクに交換したことですし、超・浅場で粘る前に
少し空気を減らしに、深場へ。
浅場に群れている、ソラスズメダイの群れを、一気に抜けていきます。
ソラスズメダイの群れ
ネタ探し中、ふと気づくと、ほじほじ君(探索用の金属棒。約3mm)に
何かが、絡みついています。
よ~く目を凝らして見てみたら、タツノイトコの赤ちゃんでした。
肉眼では、糸くずにしか見えません。
何とか撮影した後、ほじほじ君を海藻にそーっと近づけ、移動してもらいました。
タツノイトコの幼魚
ムチヤギには、ガラスハゼがいました。
奥のムチヤギにいる個体と、同時にピントを合わせようとするも、失敗。
ガラスハゼ
さらに、ムチヤギの根元には、ガラスハゼの卵がありました。
この卵の周りに2匹のガラスハゼ、という、欲張りな構図を狙うも、やはり失敗。
ガラスハゼの卵
場所を移動し、ムチカラマツを見てみると、大柄なビシャモンエビがいました。
ビシャモンエビ1
別のムチカラマツに、もう1個体発見。
このビシャモンエビ、あきらかにOつがいを見てますね。
「うわ、見つかっちゃった」って感じでしょうか?(笑)
ビシャモンエビ2
さらに場所を移動し、1個体だけいる、スジハナダイを見にいきました。
きっぱりとした模様が、Oつがい好み。
スジハナダイ
ここには、スジハナダイの他に、アカオビハナダイのメスもいます。
アカオビハナダイ(♀)
同じ場所に、ムラサキウミコチョウも2個体いました。
撮影時は、交接中だったのかな?
ムラサキウミコチョウ
貝をみつけるのが好きな、Oつま。
今回は、珍しくヤギの先端で主張している、ツリフネキヌヅツミを発見。
ツリフネキヌヅツミ
そろそろ、浅場へ移動しましょう。
深度を上げていくOつがいと入れ替わりで、深場へ降りていく
スズメダイの群れと、すれ違いました。
スズメダイの群れ
Oつがいのマイブーム、アカイソハゼが、ペアでひそひそ内緒話。
普通種ですが、実は日本固有の魚だと、恥ずかしながら最近知りました。
今後は、より真剣に撮らなければ。
アカイソハゼのペア
これまで、キンセンイシモチの伊豆バージョンと言われてきた
こちらのドットタイプ。
近年、スジオテンジクダイという、独立した名前がつきました。
スジオテンジクダイ
伊豆で見られるのは、スジオテンジクダイがほとんどですが
ごくまれに、ラインタイプもいます。
これからはスジオテンジクダイなのか、キンセンイシモチが混じっていないか
チェックする楽しみが増えましたね。

さあ、浅場に戻ってきました。
ここからは有志のみ集まって、水深-1m以浅のマニアック・ダイビング。
あまりにも浅い為、ベタ凪の日限定です。
まずは浅場の地味なアイドル、イダテンカジカ
すばしっこくて、EN/EX時にその姿は見られても、なかなか撮れません。
THE LORD OF THE RINGS好きのOつがいは、密かに
「馳夫さん」または「Strider」と、呼んでいます。
イダテンカジカ
こちらも存在は知っていましたが、なかなか見られなかった、イソスジエビ
美しい外見に似合わず、実はかなりの悪食。
イソスジエビ
こいつも、以前からちらっと姿を見るだけで、撮影できなかった
かわいいナベカ
やっと、撮れました。
ナベカ
どこか悲しげな表情で、虚空を見つめる、ホシギンポ
ホシギンポ
いや~、超浅場での撮影は、腹筋と腕力がいりますね~(笑)
井田の常連の方は、Oつがいの隣で、フィンを脱いで撮影してました(爆)
壁族の聖地でのダイビング、是非また、やりたいです!
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ナベカ  タツノイトコ  ビシャモンエビ  スジハナダイ  ツリフネキヌヅツミ  アカイソハゼ  スジオテンジクダイ  イダテンカジカ  イソスジエビ  ホシギンポ 

[edit]

« 井田6/16-3-  |  井田6/16-1- »

コメント

こんにちは~♪

赤イソハゼ、可愛いお魚ですね。衣裳が可愛い! 表情も可愛い・・・これが日本の固有種。うれしいです。
桜の花を愛でる気持ちそのままに、優しい綺麗なお魚ですね。

ROMI #- | URL | 2013/08/27 12:56 * edit *

こんばんは!

来月井田に行く予定なので、興味津々で見させていただきました。
いやー、ホントにいろんな生き物が居て楽しいですね。
やっぱキレイな日本海もいいけど、魚種いっぱいの太平洋が好きだわ~。

ASSHIGONTA #- | URL | 2013/08/27 21:20 * edit *

ROMI様。

ROMIさん、こんにちは。
日本固有種、意外と多いんですけど、意外と知らないんですよね。
もっと、勉強しますv-388
O夫

かわいいでしょう!?
この2匹は、だんだんと近づいて、ピョコピョコ頭を上下して
本当に、何かおしゃべりしているみたいでした。
このあと本気を出して、婚姻色を見せてくれるかな~と思いましたが
残念ながら、時間切れになってしまいましたe-443
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/08/27 21:38 * edit *

ASSHIGONTA様。

ASSHIGONTAさん、こんにちは。
お~、井田に来るんですか?!
井田は、海も面白いですが、名物のお客さんが何人もいて
その人たちの会話を、聞いているのも面白いので
海でも陸でも、飽きませんよ~v-291
O夫

井田は施設が使いやすく、海へのアプローチもコンパクトなので
いつもゲストさんで賑わっています。
地元ガイドさんに聞けば、いろんな旬の魚を教えてくれますよ。
楽しみですね!
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/08/27 21:49 * edit *

ツリフネキヌヅツミ

こんにちは。
ツリフネキヌヅツミの色合いと模様を真似て絹地で布を作ってドレスにしたら,華やかでしょうね〜美しい!
ナベカの顔がイモリの顔みたいで何となく可愛い〜多分「赤ちゃん体型」に近い?
地上にも色々な形態がありますが、水中も色も形も凄いですね!

yokoblueplanet #- | URL | 2013/08/30 14:30 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
なんで、こんなきれいな色合いになるんでしょうね?
海の中では、光が失われてしまうので
光を当てないと、とても地味なんです。
まるで、ダイバーに照らしてもらえることを想定して
こんなきれいな、色合いになっているかのようです。
O夫

ツリフネキヌヅツミ、今回はえらく目立つところにいましたが
ふつうはもっと入り組んだところにいて、派手なわりには
意外と気付きにくいんです。
そして浅場にいる魚は、なぜか目がキョロッとした、表情豊かな
愛嬌のある子が多いんですよね~。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/08/30 21:03 * edit *

ナベカ、可愛いですね~^^。
なかなかダイバーの水深にいないけど、逢いたいです。

nabi #8zyxN7ck | URL | 2013/09/06 01:53 * edit *

nabi様。

nabiさん、こんにちは。
ナベカ、個体数は、結構いるんでしょうが
ダイビング中に、写真に撮るには、浅すぎですよね~。
ここ井田でも、ベタ凪の日限定の、お楽しみですv-291
O夫

このあとOつまも追っかけましたが、超高速で逃げられましたe-443
水深0メートルだと、個体を選んだりアングルを考えたり、など
腰を据えた作業が、全然できませんよね~。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/09/06 21:23 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/554-5fd5b3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)