07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

伊豆海洋公園6/1-2- 

2本目は、2番の手前まで、行ってみました。
伊豆を代表する魚、タカノハダイが、目の前を行ったり来たりしています。
ダイビングを始めた頃「タカノハダイは不味い」と、聞かされたものですが
その後O夫は、2度ほどいただく機会がありました。
焼いたタカノハダイを自然薯と絡める食べ方で、とても美味でした。
東伊豆はわかりませんが、少なくとも西伊豆と南伊豆では、食用魚のようです。
タカノハダイ
2番の手前に到着。
お目当ての魚を探していると、アオサハギが目に入ってしまったので
ちょっと、撮影に付き合ってもらいました。
アオサハギ
こちらは、トラフケボリダカラガイ
奥に見えている白いものは、トラフケボリダカラガイの卵です。
トラフケボリダカラガイ1
同じフトヤギに、もう一個体いました。
トラフケボリダカラガイ2
ようやく、お目当ての魚が登場。
キツネベラの幼魚(高校生サイズ)、通称黒パンツ。
Oつがいは伊豆半島で、まだ成魚を見た記憶がありません。
伊豆半島で見られるのは、このサイズまでなのかな?
しっかり背鰭も立ててくれ、撮影にたいへん協力的な個体でした。
キツネベラyg
根の上に移動してくると、アカエソの幼魚がいました。
成魚と比べれば、ずいぶん可愛らしい表情をしています。
アカエソyg
1番まで、戻ってきました。
ムスメベラ(♀)が、目の前を、ビュンビュン泳ぎ回っています。
ムスメベラ
岩の亀裂には、いつものように、サラサエビ
サラサエビ
少し、婚姻色の出かかった、オトヒメベラ(♂)
出会うたび、その美しい体色に見とれてしまいます。
オトヒメベラ
オクリダシの入り江の奥には、もう1年以上観察され続けている、ヌノサラシがいます。
ヌノサラシ1
他に誰もいないので、うねりの中、しばらく粘って撮影していたら
大きな、あくびを見せてくれました。
ヌノサラシ2
2ダイブ目も、無事終了。
夜は、お気に入りのお寿司屋さんで、夕食です。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: タカノハダイ  アオサハギ  トラフケボリダカラガイ  キツネベラ  アカエソ  ムスメベラ  サラサエビ  オトヒメベラ  ヌノサラシ 

[edit]

« 鮨晴  |  伊豆海洋公園6/1-1- »

コメント

先々週は大変お世話になりましたv-238
楽しく、美味しい週末でございました。

この時既にヌノサラシと逢ってたのですねー
そうそう、欠伸ってみると嬉しんだけど、撮るのあわてちゃって…

F #- | URL | 2013/08/13 23:02 * edit *

F様。

Fさん、お帰りなさい。
八丈は、どうでしたか?
こちらこそ、楽しいIOPでした。
この時のヌノサラシは、1個体だけだったのですが
その後、ヌノサラシ発生装置により、増え続けています(笑)
でもO夫は、ノーマルのヌノサラシより、Fさんの言っていた
真っ黒い、ヌノサラシが見たいです!
八丈のお話も聞きたいので、近々v-275行きましょう!!
O夫

「美味しい」というところが、ポイントですよねっe-348
うねりに逆らわず、ザーッと近づいたところで撮る、というのを
繰り返していたら、こんな絵が撮れました。
でも、コンデジファイターには、まだまだ遠いです先生・・・
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/08/14 00:10 * edit *

こんばんは~

2の根...

ダメだ、ウズウズしてきた(^^;

やっぱ、IPO行きたい!

2の根まで行くと、
静かでいいですよね。

じっくり観察もできますし。

flowerh #- | URL | 2013/08/14 21:42 * edit *

flowerh様。

flowerhさん、こんばんは。
2の根まで行くと、ダイバーの数も少なくて、いいですよね~。
1の根まで戻ると、急にダイバーの数が増えて、別のダイビングポイントみたいですよね。
flowerhさんのダイビングは、いつですか?!
O夫

よかった、ダイバーの血が騒いできましたね。
ブログをアップする甲斐があったというものですe-446
ぜひまた潜って、記事にしてください!
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/08/14 22:41 * edit *

八丈は今週末なのですよー(どきどき)
良いですねぇーv-275

そうv-237「美味しかった」のPOINTは、凄ごく高かったv-238
本当にお誘いどうもありがとうございました。

そしてコンデジファイトは、シニア眼との闘いです…
こればっかりは、どうにもこうにも…
なので私の場合は、寄って枚数切って、まぐれを狙う方式です。

あとは好きな被写体に対する愛かも。
って、肝心な構図がないじゃんv-12

F #- | URL | 2013/08/14 23:05 * edit *

F様。

Fさん、こんにちは。
お~、八丈は、今週末でしたか!いいなぁ。
ウチは、Oつまのカメラを、再び修理に出したので
戻ってくるまで、しばらくダイビングは、お休みです。
その隙に、益田一展に行ってきます。
O夫

うーんやっぱりOつまは、被写体への愛が足りないのかな・・・
修行を続けます先生!
あ、またOつがいエリアなんですけど、美味しいイタリア料理屋さんに
今度行きませんか?
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/08/14 23:54 * edit *

クロパンツとかヌノサラシとか。。。

おはようございます。
面白い名前ですね。どちらかと云うとこちらで見聞きする動植物の名前の付け方の感覚に似ている感じです!見た印象をそのまま反映しているような俗称が多いので、覚え易いんです。

今日のお魚さんや貝は、トラフケボリダカラガイ のようにオシャレな「着物」着用ですね。

yokoblueplanet #- | URL | 2013/08/15 04:14 * edit *

おはようございます!

タカノハダイ此方土佐ではギンダと呼ばれております^^

煮ると若干磯臭さがするので嫌われがちですが
焼くと香ばしくなり美味しいですよね

ボクは石鯛より好きなんですけど!
土佐では焼き切れ(炙り)で食べます。

あくともん #- | URL | 2013/08/15 06:24 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
まず、学名がつき、英名や和名がつきますが
地元の人達が、昔から使っている、地方名なんていうのもあるうえ
ダイバーは、その生物に名前がつく前から、存在を知っていたりするので
ダイバーが、勝手につけた名前(愛称)もあり、1匹の魚が
いくつも名前を、持っていたりします。
ただ和名の付け方は、かなりいい加減だったりすることもあるようです(笑)
O夫

同じ種類(ベラならベラ)でも、色んな模様がありますよね~。
肉眼で水を通してみると、青かぶりしてはっきりしないので
上手にストロボを当てられるかどうかが、決め手ですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/08/15 19:37 * edit *

あくともん様。

あくともんさん、こんにちは。
土佐では、ギンダと呼ぶんですか?!
そちらでも、食べるんですね。
ちょっと皮が固いですが、美味しいですよね。
炙りのギンダを、土佐のお酒と合わせて、飲んでみたいです。
貴重な情報、ありがとうございました。
O夫

東伊豆では「タカッパ」と呼ばれているそうです。
Oつまは一度も食べたことがなく、機会を虎視眈々と狙ったまま
現在に至りますe-452
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/08/15 19:38 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/546-d932e562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)