06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

西伊豆ツーリング-2- 

駒門PAを出発し、沼津ICで東名高速を降ります。
沼津IC
沼津ICからは、83号線を南下し、上石田の交差点を右折。
上石田の交差点
414号線に入ると、道の両側に、古い街並みが現れます。
この道沿いに、Oつがい的チェックポイントが、点在しています。
古い町並み
「学習院遊泳場」の看板が見えます。
良家のお坊ちゃま方が、褌で海水浴をなさるところですね。
関係者じゃないので、やっぱり入れないのかな?
学習院遊泳場
414号線を1本裏に入ると、そこは別世界。
真正面に富士山が見える、静かな通りです。
裏通り
足元のマンホールにも、富士山が描かれています。
マンホール
この通り沿いにあるのが、興福寺
興福寺
お邪魔して、境内を見学させてもらいます。
境内を散策
境内のあちこちに、お花が植えられていました。
境内の花
境内から出て、再び通りへ。
本当に静かで、人影がまったくありません。
長閑な裏道
興福寺を出発し、414号を少しだけ南下。
興福寺を出発
ここで現れるのが、本能寺の看板。
特にO夫は以前から、気になって仕方なかったんです。
次は本能寺
「いざ、本能寺」と、乗り込んだ先にあったのは、何ともモダンな本堂。
織田信長と直接の関係があるとは、思えませんが
本堂の造りは、織田信長を意識しているような気もします。
本能寺
人の気配のない、静かな境内には、藤の花が咲いていました。
境内の藤の花
本能寺の次に向かったのは、楞厳院
楞厳院へ
両脇を人家にはさまれた、参道を進み
参道
山門をくぐると
山門をくぐります
すぐ後ろに山を従えた、迫力ある本堂が現れます。
由緒は分かりませんが、どうやら歴史ある古刹のようです。
本堂
境内を散策。
山のすぐ上空に、トンビが輪を描いて舞っている
昔話に出てくるような風景を、見ることができました。
境内
歴史散策を楽しんだ後は、内浦朝市へ移動します。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行記

ジャンル: 旅行

タグ: 駒門  富士山  興福寺  本能寺  楞厳院  織田信長  内浦  朝市 

[edit]

« 西伊豆ツーリング-3-  |  西伊豆ツーリング-1- »

コメント

こんばんは。

鮮やかなカラーリングのヘルメットがかっこいいですね。
自分のは、真っ白で味気ないです(笑)。

70sとむ #- | URL | 2013/07/10 22:47 * edit *

風を切ってツーリング
気持ち良いでしょうね~!

「学習院遊泳場」ってあるんですね
プライベートビーチ?(笑)

nohohon #- | URL | 2013/07/11 07:29 * edit *

こんばんは~!
マンホールに富士山!いいですね~。
Oつがいさんたちは、いろんな土地土地のマンホールを御存じなんでしょうね。
それぞれの土地柄のデザイン、おもしろそうです。
なぁんて、出無精なので、ご近所さんの死か知らないですけど(^^ゞ

りりぃべる #- | URL | 2013/07/11 19:46 * edit *

70sとむ様。

70sとむさん、こんにちは。
レプリカヘルメットなんですが、誰のレプリカか分かりません(笑)
Wガードナー以降の人は、全然わからなくて・・・
O夫、単色のヘルメットの方が、好きですよ~。
O夫

Oつまのは、モデナレッドです(鼻息)
あ、以前ブログで自慢したんでしたe-456
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/07/11 22:14 * edit *

nohohon様。

nohohonさん、こんにちは。
「学習院遊泳場」たぶん、プライベートだと、思います。
以前から、ちょっと見学してみたいと、思っているのですが・・・
O夫

あれっ、Oつまの勘違いでしょうか?
やんごとなき方々が、他のお坊ちゃまたちに混じって
褌姿で海水浴される様子を、見たような気が・・・
ここでのことだろうと、勝手に思っていました。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/07/11 22:15 * edit *

りりぃべる様。

りりぃべるさん、こんにちは。
あちこちのマンホールの写真を、撮り溜めていますよ~。
神津島のマンホールは、カジキでしかも、カラーでした!
りりぃべるさんの地元のマンホールも、コレクションにいれたいですv-290
O夫

O夫は、赤瀬川原平さんの路上観察学会に属しているわけでもないのに
なんだか以前からマンホールが好きみたいですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/07/11 22:17 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/531-d3f8382e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)