09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

筑波山-3- 

女体山から御幸ヶ原までは、普通に歩けば15分くらいで着くのですが
今回のOつがいの目的は、カタクリ
地図を見ると、三本松線にカタクリの群生があるようなので
何も考えず、三本松線へ向かいます。
三本松線
ゆるい下りが、ずっと続いています。
そして、人が全くいない!
林道
しばらく歩くと、すぐにカタクリの群生地が現れました。
カタクリの群生
誰もいないので、遠慮なく写真を撮りまくります。
カタクリの花
少し歩くと、また次の群生地が現れます。
そのたびに立ち止り、写真を撮ってまた移動を繰り返していると
Oつまが「ねぇ、何だかずっと下ってない?」
O夫「その内、上りになるんじゃないの?」
しかし、O夫の読みは甘く、気付いたら下山していました・・・(汗)
辿りついた、筑波高原キャンプ場には、散りかけの
散りかけの桜
足元にはニリンソウ?横には、明らかにご機嫌斜めのOつま。
ニリンソウ
車のある、つつじヶ丘に行くにしても、男体山に行くにしても
もう一度、昇らなければなりません。
同じルートで登ると、ますますOつまが不機嫌になりそうなので
関東ふれあいの道を使って、御幸ヶ原を目指すことに。
関東ふれあいの道
しばらくは平坦な道が続き、途中には女の川があったりして
Oつまの機嫌も、少し良くなってきました。
女の川
「輪っかが2つの木があるよ」なんて、雰囲気も和んできた時
輪が2つ
再び、上りが始まりました。
一気に、Oつまのテンションが下がったのを感じながら
キョロキョロと、ネタになりそうな物を探すO夫。
再び登り
御幸ヶ原まで一気に登る、このコースにも、あちこちにカタクリが咲いています。
「ほら、またカタクリが咲いてるよ」と、Oつまに声をかけると
無言で、写真を撮りはじめました。
御幸ヶ原コースのカタクリ
「ほら、ここにも別の綺麗な花が、咲いてるよ」
ふたたび無言で写真を撮る、Oつま。
この花は、何でしょう?
キクザキイチゲ
キクザキイチゲ?ニリンソウ?
Oつまの気を紛らわせながら、ずいぶん遠回りをして、御幸ヶ原に到着。
正面に見えているのが、男体山です。
御幸ヶ原到着
御幸ヶ原からの、風景。
御幸ヶ原からの風景
ここで、少し休憩です。
スポンサーサイト

テーマ: 登山

ジャンル: スポーツ

タグ: 女体山    御幸ヶ原  カタクリ    ニリンソウ  男体山  女の川  キクザキイチゲ 

[edit]

« 筑波山-4-  |  筑波山-2- »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/524-e4719ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)