07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

赤沢2/24-2- 

さて、赤沢での2本目です。
まず最初にお断りしておきますが、赤沢のビーチは、もともと水深が浅いうえに
この日は特に、うねりが強かったため、写真はすべてピンボケです。

さぁ、言い訳が終わったところで、エントリー。
まず最初に見つけたのは、ヨツハモガニ
Oつがいですら、うねりで体を右に左に、持っていかれる中
体の小さいヨツハモガニも、必死に海草にしがみついていました。
ヨツハモガニ
クロヘリアメフラシも、吹き飛ばされないように
うねりの影響を受けないところを、移動しています。
クロヘリアメフラシ
水面近くに、小さなアオリイカの群れがいます。
赤沢の湾内区域は、ここまで。
ここから先は、防波堤の外へまわります。
アオリイカ
ヒトエガイが、いました。
小さな貝殻を背中に背負っている、ウミウシの仲間です。
貝殻部分が「僅か」しか残っていない為、貝好きからは、相手にされず。
逆に貝殻部分が残っているため、ウミウシ好きからも、相手にされないという
可愛そうなヤツです(笑)
ちなみに分類は、傘殻目、日本産1科1属1種という、変わり種。
ヒトエガイ
ダイビング中に、あまり見ることはない、ニホンスナモグリ
必死で、砂の中に潜ろうとしているところです。
こういった変わり種と、普通に会えるのが、赤沢ビーチの魅力。
ニホンスナモグリ
カサゴの幼魚。
岩陰で、じーっとしていました。
カサゴの幼魚
岩をひっくり返してみると、イナズママメアゲマキガイが群がっていました。
イナズママメアゲマキガイ
うねりで、あっちこっちに吹き飛ばされていた、ウスユキミノ
ウスユキミノ
岩に、ピッタリと張り付いていた、ネズミウミウシ
ネズミウミウシ
ネズミウミウシのすぐそばには、メリベウミウシもいました。
刺激を与えると、背中の突起が脱落してしまうらしいですが
まだ、脱落の瞬間は、見たことがありません。
いけないことと知りながら、いちど刺激を与えてみたい・・・
メリベウミウシ
防波堤のそばには、キビナゴが群れていました。
あまり近づくと、防波堤に叩きつけられてしまうので、ここらが限界。
キビナゴの群れ
湾内に戻り、エキジットするため、フィンを脱ごうとしていると
見慣れない魚が、泳いでいました。
何だろう?と話していたら、ガイドさんが
スジミゾイサキです。滅多に見られない、稀種ですよ」
大慌てで、フィンを履き直し撮影。
ちなみに水深は、-1m以浅でした(笑)
スジミゾイサキ
赤沢ビーチに来ると、うねっていることの多い、Oつがい。
たまには、ベタ凪の赤沢ビーチを、潜ってみたいです。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ヨツハモガニ  クロヘリアメフラシ  アオリイカ  ヒトエガイ  ニホンスナモグリ  イナズママメアゲマキガイ  ウスユキミノ  ネズミウミウシ  メリベウミウシ  スジミゾイサキ 

[edit]

« 大瀬崎3/2ナイトダイビングOつま編-1-  |  赤沢2/24-1- »

コメント

こんばんは~。

初めて見る生き物ばかり載ってますね。
Oつがいさんのブログは見ていてホントに面白いです。

ニホンスナモグリって釣具屋でエサで売られてるやつそっくりです。たぶん同じヤツですね。
ネズミウミウシって一見するとヒラムシなみに薄っぺらく見えますけど、薄っぺらい?
メリベってやつはみんな柑橘系の匂いがするみたいなことをテレビでいつだかやってました。嗅いでみたいけど、陸まで連れてくわけにもいかないですもんね。

ここでひとつ謝らないといけない事が…。
この前のコメントでオキノスジエビ見たことないみたいなこと言ってましたけど、よくブログみてみたら、Oつがいさんのおっしゃる通り、3/16紀伊大島・須江のナイトでそこかしこで見てました。
写真に収めてなかったし、超浅かったし、群れてなかったしでぜんぜん記憶に残ってませんでした~。すいません。
今考えるとガイドが珍しいんだよっていってたような…。となると、やっぱあの水深で見れるのは貴重なんでしょうね。
無知って怖い。もったいない。

ASSHIGONTA #- | URL | 2013/05/09 23:46 * edit *

珍しいのがいっぱい!
どれも見た事無いです~。
ってあんまり潜ってないですが・・・(笑)

nohohon life #- | URL | 2013/05/10 20:06 * edit *

ASSHIGONTA様。

ASSHIGONTAさん、こんばんは。
赤沢ビーチは、特にマニアック系ですからね~(笑)
ネズミウミウシは、平べったいですよ。
うねりに耐えているのか、まったく動きませんでした。
すぐそばにいた、メリベウミウシは、右へ左へと大変そうでした。
突起部がとれるのを、期待していたのですが
うねりなどは、刺激とはみなさないようで、見ることができませんでした。
オキノスジエビは、やっぱり群れが見たいですよね!
O夫

そうなんだニホンスナモグリは釣りえさなんだ!へぇ~。
確かに、魚にとっては美味しいのかも。柔らかそうだしe-443
調べてみたら、Oつまの子分がオキノスジエビの群れを見たのは
一昨年の、みなべでした。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/05/10 22:17 * edit *

nohohon life様。

nohohon lifeさん、こんばんは。
今回は、珍しいの特集でした。
nohohon lifeさんも、そろそろ海に、復帰の季節じゃないですか?!
O夫

ルックス的に、萌える人はあまりいなさそうな生物ばかりでe-456
うねりさえなければ、どの子も、もっとガブリ寄って撮りたかったです~。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/05/10 22:19 * edit *

ネズミウミウシ

こんにちは。
このウミウシを見た瞬間、「ハリー・ポッター」の中のネズミ男、名前を忘れてしまいましたが、を思い出しました!多分、眼の印象から。
面白い姿ですね。
メリベウミウシも。
ウミウシの世界も広いですね!

yokoblueplanet #- | URL | 2013/05/11 13:21 * edit *

こんばんは!

赤沢のビーチも楽しそうですね。
空いているのも良いですね。
被写体の順番待ちとか、出来ないタイプなので、空いている海が好きです!
しかも私にとって、見慣れない生物が沢山見れて、楽しく読ませていただきました。
まだまだ伊豆の生物で遭って無い物が沢山ありそうです。

きょん #PZXyn44A | URL | 2013/05/11 23:13 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
ハリーポッターのネズミ男・・・似てますね(笑)
ウミウシは、奥が深いです。
Oつがいも、全然わかりません。
O夫

ウミウシと、ひとくくりに言っていいものなのか?
と思うほど、姿かたちが多種多様ですよね。
ネズミやメリベは、変な形なうえ大きいので、迫力満点です。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/05/12 21:05 * edit *

きょん様。

きょんさん、こんにちは。
赤沢ビーチは、面白いですよ~。
今度は、ナイトもやってみようと思っています。
Oつがいも、順番待ちが苦手で、取り逃した被写体は、数知れずです(泣)
O夫

いつも新しい生物探索に余念のない、現地ガイドさんたちには
感嘆します。
それから学者の方々、セミプロの常連さん、こうした皆様の活躍で
私たちも、豊かな海を堪能できるんですよね~。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/05/12 21:06 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/501-4fb1f8a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)