09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

大瀬崎2/3-1- 

西伊豆の大瀬崎で、キアンコウがフィーバー中と聞き、早速、潜りに行ってきました。
まずは、ポイント「先端」へ。
エントリーし、名物キンギョハナダイの群れを抜けます。
キンギョハナダイ
現地のガイドさんによると「先端のキアンコウは居つかない」そうで
空振りの可能性も視野にいれつつ、深度を下げていきます。
砂地まで到達すると・・・あっ、いました!
が、上から見ると、砂に紛れて、イマイチよくわかりません。
キアンコウ1
砂地に降り、接近して撮影。
キアンコウは、はるばる深海から、冬の間だけ訪れる魚です。
キアンコウ2
他にダイバーの姿がなかったので、正面からも撮れました。
キアンコウ3
他のグループがやって来たので場所を譲り、Oつがいは、ハナダイエリアへ。
キンギョハナダイの群れに混じり、各種ハナダイが住んでいる、名所です。
前週の獅子浜ではメスしかいなかった、アカオビハナダイのオスを
ここで撮影できました。
アカオビハナダイ
真ん中にいる、頭の丸いオレンジ色の魚は、ミナミハナダイ
小さいうえに、キンギョハナダイと一緒に泳ぎ回るので
すぐ、見失ってしまいます。
ミナミハナダイ
ハナダイエリアに、ふらりとやってきた、イラ
頭部の色が、何とも言えず綺麗です。
イラ
ハナダイエリアを離れ、もう一度、キアンコウのところへ行くと
誰もいなかったので、撮影を再開。
キアンコウ4
すぐに、また他のダイバーが現れたので場所を譲り、浅場へ移動。
マイブームの、キンセンイシモチの、ラインタイプを探しますが
残念ながら、ドットタイプしか、見つかりませんでした。
キンセンイシモチ
フクロノリの上を、ハクテンミノウミウシが、移動していました。
ハクテンミノウミウシ
こちらは、サキシマミノウミウシ
少し探せば、次々と、いろんなウミウシが見つかります。
トップシーズンですね~。
サキシマミノウミウシ
巨大な、マンリョウウミウシ
大きすぎてキモイと言うダイバーもいますが、Oつがいは好きです。
撮りやすいですし(笑)
マンリョウウミウシ
エキジット間際の浅場で、ハナダイの幼魚を見つけました。
遠目から見たO夫は、尾鰭を見て
「カワリハナダイかな?」と思いましたが、近づいてみると
明らかに違います。
ナガハナダイ(幼魚)
ナガハナダイか、あるいはシロオビハナダイの幼魚か?
エキジットしてから、現地のガイドさんと、調べたところ
シロオビハナダイの可能性も、ゼロではないけれど
おそらくナガハナダイの幼魚だろうという、結論に達しました。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: キンギョハナダイ  キアンコウ  アカオビハナダイ  ミナミハナダイ  イラ  キンセンイシモチ  ハクテンミノウミウシ  サキシマミノウミウシ  マンリョウウミウシ  ナガハナダイ 

[edit]

« 大瀬崎2/3-2-  |  獅子浜1/27-3- »

コメント

キアンコウ

ワーッ、、、、不気味!
思わず鳥肌が立ちました。
こんなものに潜っていて出会ったらコワーイ。
どのくらいの大きさなのでしょうか。
写真からの印象では1メートルくらいに見えますが。

なおもじっと見ていると今度は愛嬌があるようにも
見えました。

ウミウシ、最高!
すっかりファンになりましたよ。

白秋マダム #K.8lH0lM | URL | 2013/04/22 23:45 * edit *

白秋マダム様。

白秋マダムさん、こんばんは。
ダイバー憧れの魚ですが、やっぱり、不気味ですか?!
見ても、食べても、冬の名物です(笑)
大きさは、80cmくらいです。
現地のガイドさんによると、かなり大きい個体だそうです。
O夫

口を半開きにしたまま、綺麗なグリーンの目をクリクリさせて
こちらを見つめる姿は、かわいいですよ~。
白秋マダムさんが褒めて下さるので、以前よりもウミウシ撮影に
俄然、燃えるようになりましたe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/04/23 00:05 * edit *

目玉が可愛い!

こんにちは。
キアンコウが目だけを動かしてカメラの方を見ている姿が可愛いですね。
正面から撮ると、顎の周囲についているヒゲのようなもの(?)がレースのようにも見えて、ちょっと不思議な姿になってますね。
ハナダイたちは、海の中に咲くお花のようで楽しくなりますね、気分的に!
ウミウシは種類が多いので改めてビックリしてます:色も形も千差万別で、不思議な存在ですね。

yokoblueplanet #- | URL | 2013/04/23 12:54 * edit *

ああ、深海さん

会えていいなあ!キアンコウさん。

今年は全然潜れてないから会えなくて当然なんだけど来年はがんばろーーっと。

まるし #- | URL | 2013/04/23 20:46 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
キアンコウ、明らかにこっちを、見てますよね。
いきなり、バクっとやられないか、ヒヤヒヤしました。
レースのように見えるのは、皮弁と呼ばれています。
レースだとしたら、何年くらい掃除してないんだって、感じですね(笑)
O夫

このポイントは、いつでもお花畑のようにハナダイが群れていて
その中にポツポツと珍しい種類が混じっています。
ハナダイ好きのダイバーには、たまらない場所なのですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/04/23 21:19 * edit *

まるし様。

まるしさん、こんばんは。
今回は、キアンコウ祭りでしたよ。
運のいいダイバーは、3個体見れたらしいですよ。
大瀬も、キアンコウのシーズンが終わり
マンボウのシーズンに、突入した模様です。
O夫

何か見たさに毎週通い詰める、ということをしないので
Oつがいも、やっと会えたんだよ~。
今年は他に珍しいアンコウも出現したんだけど、残念ながら
1週遅れで、すれ違いでしたe-452
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/04/23 21:21 * edit *

お~実は大瀬崎でキアンコウを見たことないんです(笑)
実はミジンベニハゼも探せないんです(笑)
大瀬崎でセルフすると最強のヘッポコです!
うらやましい~キアンコウ
今度砂地凝視しよっと!

オカン #- | URL | 2013/04/23 21:53 * edit *

オトンとオカン様。

オカンさん、こんばんは。
キアンコウ、出現したらたいてい、まわりにダイバーがいるので、すぐわかります(笑)
ミジンは、何カ所かいるみたいですね。
O夫も、全部は、わかりません。
一番いいのは、ダイバーが集まっているところは、必ず覗き見る事です(爆)
O夫

砂地の主はたくさんいますが、キアンコウの作る砂紋?は、独特でした。
それにしても今年は豊作だったみたいで、この後も、かなり長い間
見られていたようですよ~。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/04/23 23:22 * edit *

おお~キアンコウ!
ぱっと見だとこんなに目立たないもんなんですね。
それにしてもすごい造形。
ほとんど顔ですね。

DI #wr80fq92 | URL | 2013/04/24 19:57 * edit *

DI様。

DIさん、こんばんは。
そうなんですよ。上から見ると、全然わからないんですよ~。
ここにキアンコウがいたって跡も、独特の窪みです。
もうすぐ、波左間編が始まりますよ~。
O夫

あの独特な美しい眼を、やっと間近で見られましたー。
カスザメと違って全身露出しているのに、これだけ見つけにくいなんて
さすがというか何というか。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/04/24 22:51 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/489-1973de96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)