05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

伊豆海洋公園12/30-2- 

さあ2012年、最後のダイビングです。
2本目は、岩場と砂地の境目を、流してみました。
一旦砂地に降り、水中ポストの周りで
何かいないか探してみましたが、空振り。
水中ポスト
砂地を諦め、お目当ての魚の場所に移動。
ずっと見たかった、ベンガルフエダイです。
水温が下がり、半ば諦めていたのですが、まだ頑張ってくれていました。
「魚は、鰭全開を撮れ!」の教えに従い、20分ほど粘ったものの・・・
あとでガイドさんも「この個体はキビシイ」と、嘆いていました。
ベンガルフエダイ
ベンガルフエダイの上には、クロホシイシモチが群れています。
クロホシイシモチの群れ
以前からいる、ベニハゼspのところへ移動。
ペアのうちオスには、素早く逃げられ
気の強いメス単体の写真に、なってしまいました。
ベニハゼsp
再び移動して、もう一度、砂地へ向かいます。
クロホシイシモチの群れの中を、横切っていると
イラが同じように、群れを突っ切っていきました。
イラとクロホシイシモチ
ホソウミヤッコのペアを、発見。
つかず離れず、文字通り蛇行しています。
ホソウミヤッコ
ここから、少しずつ深度を上げていきます。
コケギンポのメス。
オスに比べ、岩穴から全身を出すことが多いそうです。
コケギンポ(♀)
さらに深度を上げたところには、極小(1センチ弱)の
ミヤケテグリの幼魚がいました。
ミヤケテグリ
1本目とは別個体の、クマドリカエルアンコウ
しかしここでも、後ろに行列ができてしまったので
早々に退散。
クマドリカエルアンコウ(白)
海草の林を分け入る、ムカデミノウミウシ
これに行列は、できませんでした。
ムカデミノウミウシ
最後に、安全停止を兼ねて
サザナミヤッコの幼魚と、1本勝負。
激しいうねりのなか、体を右に左に持って行かれながらも
何とか、撮れました。
サザナミヤッコ(幼魚)
こうして、2012年最後のダイビングも、無事終了。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ベンガルフエダイ  クロホシイシモチ  ベニハゼ  イラ  ホソウミヤッコ  コケギンポ  ミヤケテグリ  クマドリカエルアンコウ  ムカデミノウミウシ  サザナミヤッコ 

[edit]

« SAIPAN1/7-1-  |  伊豆海洋公園12/30-1- »

コメント

何人くらいの列?!

こんにちは。
列ができるって聞いて、何人くらいのダイヴァーがいるんだろうってちょっと気になりました。こちらでも色々な所へダイヴィングに行くダイヴァーを知っていますが、知られているダイヴ・スポットは世界でもある程度限られているので、皆さん、集まるのでしょうね。
マレーシアでも知り合いがダイヴ・ショップを経営してます。
今回も1cmの極少固体も含めて、個性豊かな水中生物を楽しませて頂きました!
次回は2013年のダイヴ体験になるのですね。
楽しみにしています。

yokoblueplanet #- | URL | 2013/02/12 12:16 * edit *

こんにちは

2012年のダイビングが最後なのですね!
2013年の綺麗な海の中が 楽しみだなぁ!
海の中にもポスト設置されているのですね、
お魚さんが手紙を投かんするのですか...?
ダイバーが投函して 郵便局が配達してくれるのかなぁ(笑)
でも、海の中は 私にとっては未知の世界 綺麗だねぇ!
可愛い変わった魚も いいねぇ...!

ノリーダヨ #- | URL | 2013/02/12 16:30 * edit *

サザナミヤッコYgは
鮮やかな縁取りで綺麗ですね~♪

写真の度に後ろに行列は
焦ってしまいますが・・・
それだけ人気があるんですね^^

とっても綺麗な画像がいっぱい!

nohohon life #- | URL | 2013/02/12 18:12 * edit *

こんにちはー、オトンです!

ワイドにマクロに本当にステキな写真だらけですねー。

先日、オカンと二人してウミウシフォトグラフィなるものの
講習を受けてきて、初めて構図のお勉強をいたしましたが、
なかなか難しいですね。。。早く、こんな写真を撮れるように
なりたいものです。

オトン #- | URL | 2013/02/12 19:21 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
何人くらいだろう?
数えてないんですが、5~6人はいたような。
もっと、珍しい生物の時は
その生物を囲むように、ダイバーのドームが
できる時も、あります。
そんな風景に出くわしたら、一度写真に撮ってみますね。
O夫

たとえば今回の、お腹ポッコリカエルアンコウの場合
O夫と撮影していたつもりが、振り向くとすぐ隣に
全然知らないダイバー(ガイドさん)のドアップ顔があり
その後ろに、引率のゲストさん数名が、待機してました。
さらにその後ろには、別のグループもe-447
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/02/12 22:39 * edit *

ノリーダヨ様。

ノリーダヨさん、こんにちは。
水中ポスト、ダイバーが投かんして
現地のガイドさんが、回収します。
ちゃんと、郵便局が配達してくれますよ~。
思い出になるからと、結構利用者が、多いそうです。
O夫

これだけ潜っているのに、毎年、新しい生物を教わるんですよ~。
ですからOつがいにも、まだまだ未知の世界なのです。
これからもノリーダヨさんに、楽しんでいただけるよう
張り切ってまいります!
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/02/12 22:40 * edit *

nohohon life様。

nohohon lifeさん、こんにちは。
サザナミヤッコygは、頑張っていましたよ~。
越冬は、無理だと思うので、もういないと思います。
前日の八幡野とこの日のIOP、海況不良で
よそから流れてきた、ガイドさんが多かったので
誰かが撮影しているところを狙って、生物探しをしていたようです。
並んでいるダイバーの中に、現地のガイドさん組は、見かけませんでしたから。
O夫

たしかにカエルアンコウは、面白いし、動かなくて観察しやすいし
あらゆるダイバーに人気ですよね。
粘って撮影しているうちに、周りが全員知らない人になっていると
さすがに焦ります・・・e-447
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/02/12 22:44 * edit *

オトンとオカン様。

オトンさん、こんにちは。
オトンとオカンさんのブログ、見ましたよ~。
ウミウシを撮るのは、難しいですよね。
どうしても、図鑑写真になってしまって。
Oつがいも、写真の先生に
「図鑑写真は、卒業しなさい」と、言われています。
お互い、いい写真が撮れるよう、頑張りましょう!
O夫

フォトセミナーは、勉強になりますよね!
Oつがいも、専属?の写真の先生に加え、写真が上手な友人や
写真が上手なガイドさんに、たくさん教えてもらっています。
それでも、わからないことだらけ・・・
時々落ち込むOつまですが、めげずに頑張りますe-444
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/02/12 22:45 * edit *

ベンガルフエダイってはじめて見ました。
ヨスジフエダイとどこが違うんですか???
初心者的質問ですみません。

海洋公園
やっぱりいいですね~。

pullpullpull #- | URL | 2013/02/15 08:11 * edit *

pullpullpull様。

pullpullpullさん、こんにちは。
ベンガルとヨスジの違いですが、ベンガルが背鰭棘が11本に対し
ヨスジが10本というのが、決定的な違いです。
ただ、水中で背鰭棘を数えるのは、かなり根気?がいるので(笑)
ダイバーの見分け方としては、目の下のラインが太いのがベンガルで
細いのが、ヨスジです・・・が、これも見慣れないと
太い、細いがよくわからないので、もっと分かりやすいのは
目の下のラインの下に、もう1本ラインがあるのがヨスジで
無いのが、ベンガルです。
O夫

ベンガルフエダイを検索すると、たくさんの方々が
今までヨスジと思ってたけど実はベンガル!?とか
ここはベンガル率がひじょうに高いぞとか
おおいに萌えていらっしゃいますよe-446
フィッシュウォッチング道に、終わりはありませんね~。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/02/15 22:40 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/454-9f36ea0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)