09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

八幡野12/29-1- 

この日は東伊豆の、川奈で潜る予定だったのですが
到着してみると、まさかのクローズ。
やむなく、八幡野へ移動することになりました。
荒れ模様の城ヶ崎エリアで、唯一オープンしていた、八幡野には
他の場所で潜る予定だったダイバーも、続々と集まってきて、大混雑。
ふだんから、人ごみが大の苦手なOつがいですが、この日ばかりは
ダイバーの群れを避けて通るのは、ムリそうです。

エントリーし、できるだけ人のいないところを選んで、水中散策。
まず見つけたのは、シラコダイの幼魚。
シラコダイ
浅場には、激しいうねりが入っていますが
どこ吹く風と、カマスベラが、のんびり泳いでいます。
カマスベラ
イソギンチャクの中に、見慣れないエビを発見。
あとでガイドさんに、聞いてみたところ
イソギンチャクエビの、幼体だそうです。
初めて見ました。
イソギンチャクエビの幼体
トゲトサカの中には、擬態上手の、イソコンペイトウガニがいました。
イソコンペイトウガニ
激しいうねりの中、時おり吹き飛ばされそうになりながら
岩の上を必死に移動している、チゴミドリガイ
そんなに急いで、どこへ行くのでしょう?
チゴミドリガイ
サンゴイソギンチャクの中から、こちらを覗き見ている
クマノミの幼魚。
幼魚は、あどけなくて可愛いですね。
クマノミの幼魚
ピタリと、岩に張り付いている、イロカエルアンコウ
交代で撮影していたOつがいが、ふと人の気配を感じ、振り返ると
順番待ちのダイバーが、ずらりと列を作っていました。
撮影を始めた時には、誰もいなかったのに・・・
小心者のOつがい、急いで退散。
イロカエルアンコウ
イバラカンザシ
英名はChristmas tree wormです。
イバラカンザシ
キンギョハナダイソラスズメダイを、緑バックで。
キンギョハナダイとソラスズメダイ
1本目終了。
予想以上に、ダイバーだらけの海でしたが
もう1匹、オレンジ色のイロカエルアンコウがいるらしいので
2本目は、その子を狙ってみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: シラコダイ  イソギンチャクエビ  イソコンペイトウガニ  チゴミドリガイ  カマスベラ  クマノミ  イロカエルアンコウ  イバラカンザシ  キンギョハナダイ  ソラスズメダイ 

[edit]

« 八幡野12/29-2-  |  泰興楼 »

コメント

並ぶダイヴァー!

こんにちは。
後ろに並ばれたら、やはり圧迫感を感じてしまいますね。。。
その並んでいるダイヴァーの姿を想像してしまいましたが、魚達から見ると、どんな風に見えるのだろうって。
イソコンペイトウガ二、目を凝らさないと分からない!
イロカエルアンコウ、イソカンザシも派手な色ですが、天敵は近くにいない?

yokoblueplanet #- | URL | 2013/02/01 10:52 * edit *

イソギンチャクエビはすごく小さいんですよね~
それに透明これは写真でないと見つけられない!

イソコンペイトウガニも写真でさえ見つけにくい!

どうやって見つけられるんでしょうか~
もしかしてオーラが出ている?(笑)

nohohon #- | URL | 2013/02/01 13:34 * edit *

イロカエルアンコウに1票!!

しかし懐かしい八幡野。確かAOW取得のナビをやった記憶があります…
その後、潜った記憶が殆どない(^_^;)

あ、香港で見れる魚ですが、普通種に強い“プロの魚おたく”が興奮する海らしいです。
和名のない魚が多いみたい。で、見れるのは泥っぽく、内湾~汽水域辺りな魚が多い感じです。
でもねー「地味っ!」って感じです。種的には面白いんですけど。
私の感覚だと鹿児島~奄美に似てるかも。

どんなのか気になるなら「魚類写真DB」の詳細検索で撮影地香港で検索すると、
結構出てきます。


F #- | URL | 2013/02/02 01:08 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
そうですね、水中でずらりと後ろに並ばれると
かなり、プレッシャーです。
場合によっては、並ばれるだけじゃなく
囲まれるときも、あります(笑)
O夫

ターゲットの魚は明らかに迷惑がっていますが、周りの魚たちは
何やってんのかな~、と遠巻きに眺めていますよ。
どの生物も、写真では派手な色に見えますが
海中だと周囲の環境に、それは見事に擬態しているんです。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/02/02 21:00 * edit *

nohohon様。

nohohonさん、こんにちは。
イソギンチャクエビは、目が慣れてくると
自分でも、見つけられるように、なりますよ。
イソコンペイトウガニは、イソギンチャクエビより
難易度が、上がりますが、アヤトリカクレエビや
ウズラカクレモエビに比べると、難易度は低いです。
ただ、分かりやすく撮るのは、難しいです~。
O夫

生物探しをしているガイドさんを、じーっと観察しては
真似してみるんですけど、全然上達しませんe-455
生物のいそうな環境を、熟知していること。
それから驚くほど忍耐強く、探すこと。
やっぱり、プロはかっこいいですね~。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/02/02 21:02 * edit *

F様。

Fさん、こんにちは。
お~、FさんのAOWは、八幡野だったんですか?!
そうですよね。昔は伊豆ダイバーだったんですよね。
「魚類写真DB」見ました。
香港の海、ハマりそう(笑)
でも、しっかり見せられるガイドが、いるんでしょうか?(爆)
O夫

予想はしていましたが、テンジクにハゼにギンポに・・・
「プロの魚おたく」のジャンルは、とてつもなくキビシイ!
しかも泥系でしょう、撮影環境もキビシイ、と。
行く前から、撃沈しましたe-447
Oつま

Oつがい #- | URL | 2013/02/02 21:03 * edit *

こんにちはー、オトンです!

八幡野がいっぱいだと、結構ツライよーな。。。(苦笑
何度か潜りましたが、少々多めになるだけでも
大変だったもんで(笑

イロカエルアンコウ。急いで撮影したよーには
見えないくらいステキな1枚です♪

カエルアンコウ好きとしては、こんなカンジで
撮影してみたいのですが、いつも背中ショットばかりです。

オトン #- | URL | 2013/02/04 18:42 * edit *

オトンとオカン様。

オトンさん、こんにちは。
イロカエルアンコウは、最初Oつがいしかいなかったので
その隙に、撮りまくりました(笑)
八幡野は、EN/EXが狭いから、混むと待たされますよね。
そうそう、先日友人が、八幡野でEXの時、混んでいたので
脇から上がろうとして、足を滑らせ、膝のお皿を割りましたv-12
O夫

カエルアンコウ、いつもこんな具合のいいところにいるとは
限りませんよね~。
小さい子なんか、ものすごい隙間に挟まっていたりして・・・
正面顔を撮るなら、まずは砂地に住んでいるザ・カエルを
狙ってみてはいかがでしょうか?
Oつま


Oつがい #- | URL | 2013/02/04 22:40 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/449-cc62d377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)