09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

鴨川・勝浦ツーリング-3- 

道の駅を出発し、鴨川道路へと向かいます。
ETCに未対応の、ローカル感漂う料金所がありました。
「二輪車は、いくらだろうか?」料金表をじっと見つめるO夫に
料金所のおじさんが、ニッコリと笑いながら
指を2本立てて、200円と教えてくれました。
どこの料金所でも、ETCが主流になってきましたが
こうした触れ合いも、旅の良さですね。
鴨川道路へ
鴨川道路に入ると「ようこそ鴨川へ」の、大きな看板が
歓迎してくれます。
鴨川へ入りました
さすが、シーワールドで有名な鴨川。
橋の欄干が、シャチです。
う~ん、水中で出会いたい!
シャチの欄干
次の目的地、仁右衛門島まで、あと5km。
仁右衛門島へ
左手に、房総の海が見えたら、仁右衛門島はもうすぐです。
海が見えてきました
仁右衛門島への、渡船(赤船)乗り場に到着。
赤船って、なんだろう?」
渡船のりばへ
渡船乗り場の、すぐ目の前が仁右衛門島
仁右衛門島
船着き場は、小さな漁港の中にあります。
漁港
そしてここが、船着き場のようです。
船着き場
乗船券を買いに、チケット売り場へ。
お一人様¥1350-也!
泳いでも、行けちゃうくらいの距離なのに・・・
ちなみに売り場には「泳いで渡っても、値引きはありません」と、書いてあります(笑)
さすがに「¥1350-は、高いな~」と、思っていたのですが
チケット売り場
仁右衛門島から、船がやってきました。
何と、手漕ぎです。
なるほど手漕ぎ船で往復なら、¥1350-も納得。
赤船
近づいてくる船を見ると、赤い・・・
渡船(赤船)って、そのまんまだったんですね(笑)
到着
さあ、乗船です。
この船(というかボート)に32人乗ったら、どうなっちゃうんだろう?
乗船
渋~いおじさんが、前に一人、後ろに一人
ゆっくり櫓を漕いで、出航です。
出航
ほとんど揺れませんが、港と島の中間あたりで
ちょうど潮がぶつかるのか、少しだけ波立つ場所があります。
移動中
仁右衛門島の港が、近づいてきました。
仁右衛門島の港
間もなく、上陸です。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行記

ジャンル: 旅行

タグ: 鴨川道路  道の駅  シーワールド  シャチ  仁右衛門島  赤船  漁港 

[edit]

« 鴨川・勝浦ツーリング-4-  |  鴨川・勝浦ツーリング-2- »

コメント

懐かしいです

おはようございます。
鴨川には親戚があるので、子供のころは毎年夏には1週間ほど夏休みを過ごしました。
毎日のように泳いで、フラワーセンターや鯛の浦、そして仁右衛門島には何度も遊びに行きました。
子どもだけで行ったこともあったので、当時はただだったのかしら・・・
いづれにしても懐かしい光景を見させていただきました^^

薄荷脳70 #z3DJMOlI | URL | 2012/11/22 06:07 * edit *

「泳いで渡っても、値引きはありません」
ユニークですね~笑ってしまいました

やっぱり高いって思ってしまいますもんね~^^
でも手こぎなら・・・やっぱり人件費は高いです(笑)

どんな島が待っているのか続きが楽しみです♪

nohohon life #- | URL | 2012/11/22 09:18 * edit *

薄荷脳70様。

薄荷脳70さん、こんにちは。
有料になったのは、最近なのでしょうか?
一応、中学生1050円。
小学生及び5才以上幼児950円と、なっていました。
あっ、もしかして、薄荷脳70さん
遊びに行っていたのは、4才以下でした?!
今度は、鯛の浦の遊覧船に、乗ってみたいです。
O夫

うわ~絵に描いたような、素晴らしい夏休みの思い出ですね。
毎年、仁右衛門島に行けたら、どんなに楽しいでしょう!
いつも、真っ黒に日焼けしていらしたのでは?e-446
Oつま


Oつがい #- | URL | 2012/11/22 23:00 * edit *

nohohon life様。

nohohon lifeさん、こんにちは。
最初は「高いなぁ」と、思いましたが
往復の船賃と、入島代込みだと思えば
決して、高くないのかもしれませんね。
O夫

島の管理も、きっと大変なんでしょうね。
ダイビングだと、漁船やスピードボートにしか乗りませんから
少なくとも情緒は、たっぷりありましたよe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/11/22 23:01 * edit *

あらー

おじさま、素敵ねえ。矢切の渡し、唄っちゃいそうな光景。真っ昼間だけど。

○し #- | URL | 2012/11/23 10:48 * edit *

○し様。

○しさん、こんにちは。
無口で、渋~いおじさんでしたよ。
O夫

たぶん、漁協のおじさんだと思う。
港の方ばっか見ていたものe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/11/23 21:08 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/419-28b3805e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)