09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

水根沢-2- 

さあ、いよいよ入渓です。
入渓
ジャブジャブと、水の中を進んでいくと
早速、小さなが現れました。
最初の滝
を見るや、いきなりテンションの上がる、隊員の皆さん。
胸まで水に浸かりながら、つぼをグングン進むN村隊員は
アメリカヨセミテ渓谷を登ったこともある、ツワモノです。
N村隊員
Yたか隊長の山岳部時代、部長を務めていた、スージー部長は
ロッククライミングのエキスパート。
サイドから、渋くを攻めています。
スージー部長
スージー部長の会社の後輩、T口隊員はトラバース中。
T口隊員
Oつまは、正面突破を狙って、小さなと格闘。
Oつま
Oつまに続き、お子様の胃袋を持つN水さんも
長い手足を活かし、滝を攻略中。
N水隊員
去年は、あまりに水量が多かったため
この場所で、無念のリタイアだったのでした。
今年は、別のグループが、ここでリタイアするようです。
前のパーティー待ち
しかし今年のYたか隊長は、ネバーギブアップ。
リタイアする気など、さらさらなく、更に先を目指します。
O夫も、踏ん張りながら、滝を攻めます。
O夫
どうしても登れない滝は、脇の岩場を登ります。
岩登り中
登りきったところで、開けた場所に出ました。
ここで、軽く食事休憩。
食事休憩
今回の写真の多くは、Yたか隊長に提供していただきました。
スポンサーサイト

テーマ: 登山

ジャンル: スポーツ

タグ:   アメリカ  ヨセミテ 

[edit]

« 水根沢-3-  |  水根沢-1- »

コメント

Oつがいさん、こんにちは☆

沢登りしているのに、写真撮れるんですか?
凄い技量ですね・・。

それにしても凄いハードそうな感じですね。
滝見ている分にはいいんですけど・・。
きれいですねー!

ミスト #- | URL | 2012/10/18 12:50 * edit *

冒険!

こんばんは。
スリル満点です!
これは絶対1人でしてはいけないスポーツですね。
1人では危険過ぎます!!
でも楽しそうですね〜!

yokoblueplanet #- | URL | 2012/10/18 18:30 * edit *

こんばんわ!

ほとんど登山ですね?
水捌けのいい渓谷用のブーツとかもあるんですか?
赤いロープはザイルですか?

私はきっと登れません・・・
その前に川で転んで流されそうです。
いや~凄いです。

ちろビー #- | URL | 2012/10/18 18:58 * edit *

ミスト様。

ミストさん、こんにちは。
写真は、他の人が滝を登ったりしている時に、撮っています。
他の皆さんは、しょっちゅうクライミングジムに行ったり
岩に取りつきに行ったりしていますが、Oつがいは
歩く系の山以外は行かないので、全然上達しません(汗)
O夫

始めた頃は、よじ登る技量がなによりの問題でしたが
最近ではそれに、「寄る年波」問題が加わり、難易度は
上がる一方ですe-452
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/19 00:27 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
間違いなく、スリルはあります(笑)
Oつがいは、二人でも、入渓は無理ですe-443
O夫

こうして毎年、沢に挑むことができるのは、ひとえに
重いロープやOつがい用のハーネスを、全部しょってくれる
優しい隊員の方々のおかげでありますe-349
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/19 00:34 * edit *

ちろビー様。

ちろビーさん、こんにちは。
登山と、ロッククライミングを、合わせた感じでしょうか?!
先輩たちによると「沢靴は岩にピタっと張り付く感じ」だそうです。
赤いロープは、ザイルです。
重いザイルを背負って、滝を登る先輩たちは、本当に凄いですv-91
O夫

川で転んだこともありますが、そんなに流されませんでした。
でも、滝を登りホッとして、最後の一歩を油断すると
冗談では済まされない事態になりますe-447
気を付けるようにと、毎回、Yたか隊長に念を押されています。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/19 00:52 * edit *

うわ~!キレイ☆
素敵な場所ですねー(^^)
でも、最後から2枚目、3枚目の写真見て
自分には無理な場所だと思いました(^^;)
Oつがいさん、こんなところにも行けちゃうなんてすごいです♪

ゆかちん #- | URL | 2012/10/20 13:23 * edit *

ゆかちん様。

ゆかちんさん、こんにちは。
Oつがいも、二人だけだったら、絶対ムリです~。
先輩方の、手厚いフォローのおかげで
綺麗な景色を、見ることができます。
先輩たちに、感謝v-425
O夫

毎回あとから写真を見て、うわ緑がきれいだな~なんてe-452
どちらかというと足元やら、目の前の滝やらを睨みつつ
必死に登っているのです。もったいないですよね~。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/20 20:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/401-f65caede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)