07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

伊豆海洋公園7/8-2- 

1本目のダイビングが終わり、昼食タイム。
Oつがいは、ピラフにしました。
ピラフ
あっという間に食べてしまい、海を眺めているうち、ふと気づいて
ガイドさんに「沖が、ずいぶん青いですね」と言うと
「黒潮ですよ。もっとこっちに来てくれないかな~」
残念ながら、黒潮はこのあと、どんどん遠ざかってしまいました。
黒潮接近中
さて2本目のダイビングは、話し合いの結果、やはり、滅多に見られない
オオクチイシナギの幼魚を、もう一度見に行くことになりました。
エントリーし、一直線に砂地へ。
しかし、午前中いた場所には、姿が見えません。
1本目と同様、みんなで捜索を開始しますが、Oつがいは
サビハゼに、こっそり浮気。
サビハゼ
ここで、ガイドさんがOつがいを呼ぶので、行ってみると
1本目で見た個体より、はるかに大きなカスザメがいました。
カスザメ1
みんなで取り囲み、撮影していると・・・
突然、ガバッ!!
カスザメ2
大きな口(というか上唇?)を、開けました。
あくびだったのか?、威嚇だったのか?
それにしても、口を開けると、何だかエイリアンみたいで
ちょっと不気味です。

この後、カスザメは泳ぎ去ってしまい
再び、皆さんは、オオクチイシナギの捜索。
Oつがいは、捜索しているフリをしながら、ヨウジウオと遊んでいます。
顔がうまく映らないと、ただの木片ですね。
ヨウジウオ
マダイの幼魚。
綺麗です。
マダイ(幼魚)
ここで、オオクチイシナギ発見の連絡が入りました。
まだ幼魚なので、10円玉くらいの大きさですが
成長すると2mにもなり、また生息域も400m以深へと移るので
まず、見ることができません。
オオクチイシナギ
オオクチイシナギを全員で激写しまくったあと、ガイドさんが
「気になる魚がいます。確認しに行ってもいいですか?」
さっそく移動し、みんなでチェックした結果
ハオコゼの幼魚であることが、判明。
それにしても、小さい。
ほんの数ミリしかありませんが、ちゃんとオコゼの形をしています。
ハオコゼ(幼魚)
浅場へ移動したガイドさん、Oつがいが熱烈にリクエストしていた
タナバタウオを、一生懸命見せてくれるのですが
岩の隙間を逃げまわられ、あえなく撃沈。
後姿ですが、かろうじて、婚姻色の青いヒレは撮れていました。
タナバタウオ
安全停止中は、いつものように、最近お気に入りの
ヒメオオメアミと、一本勝負。
ヒメオオメアミ
ふと、海藻の上を見ると、綺麗な模様が。
たぶん貝類の卵だと思いますが、親は誰だろう?
海藻と卵
ガイドさんが手招きしているので、行ってみると
岩の隙間から、顔だけ出して、こちらを窺っている
ナンヨウミドリハゼでした。
昔は、伊豆では珍しいと言われていたそうです。
ナンヨウミドリハゼ
2本目のダイビングも、無事終了。
今回も、内容の濃いダイビングでした。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: オオクチイシナギ  サビハゼ  カスザメ  ヨウジウオ  マダイ  ハオコゼ  タナバタウオ  ヒメオオメアミ  ダイビング  ナンヨウミドリハゼ 

[edit]

« 伊豆海洋公園7/8-3-  |  伊豆海洋公園7/8-1- »

コメント

カスザメってほんとうにエイリアンみたい!
珍しい場面を見せて頂きました

それに、黒潮って色の違いでわかるんですね~!
ただの流れかと思っていましたのでビックリです!

nohohon life #- | URL | 2012/10/09 10:09 * edit *

カスザメ

こんばんは。
カスザメ、初めて見ます!
写真から見る姿はエイに似ていますね。実物もそうでしょうか?!
口を開けると、逃げたくなりますが。。。怖い顔になりますね。

yokoblueplanet #- | URL | 2012/10/09 20:31 * edit *

nohohon life様。

nohohon lifeさん、こんにちは。
黒潮、食事をしている時は、もっと近くまで
真っ青だったんですよ。
急いで、写真を撮ったのですが
あっという間に、遠ざかって行ってしまいました。
O夫

カスザメのあくび?は、ガイドさんも見逃していたくらいで
たまたま、見られたんです。
シャッターを押しながらも、何だ今のは!?と驚愕しました。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/10 00:58 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
カスザメ、平べったいので、エイのように見えますが
正真正銘サメです(笑)
それにしても、凄い口ですよね!
O夫

カスザメは砂の中に潜んでいることも多く、姿をさらそうと砂を払っていた
ガイドさんの手にガブリ!なんて事例があります。
サメの名に恥じない性格かもしれないです。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/10 01:01 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/396-c80be6f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)