09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

伊豆海洋公園7/7-1- 

夏の風物詩、ヤマドリの産卵を見るため、伊豆海洋公園
サンセットダイビングを、してきました。

まずはガイドさんを含め、全メンバーで、オスのヤマドリを探します。
ほどなく、1匹発見。
ヤマドリ♂
しかし、あまりにサイズが小さいことを危惧した、ガイドさん。
他の個体を探しに行く間、このオスを見失わないよう
O夫を、ウォッチャーに任命しました。

ひたすら、オスの後を追い続けるO夫。
ところが、視界の隅に、白い綺麗な物体が映りました。
コモンウミウシです。
思わず任務を忘れ、コモンウミウシを撮り始めてしまいました。
コモンウミウシ
一瞬、オスを見失ってしまい、焦りましたが
代わりにOつまが、オスの行方を、追いかけ続けてくれていたので
事なきを得ました(笑)
ほどなくガイドさんが、手でバツを作りながら、戻ってきました。
この辺りにいるオスは、この小さな子のみのようです。
そこへ、メス登場(奥側)。
オスとメス
早速、精いっぱい背鰭を広げて、メスの気を引こうとする、小さなオス。
ディスプレイ
ようやくメスが、近づいてきました。
しかし、経験不足な、若いオス。
広げた背鰭でメスをふっ飛ばすなど、何度も何度も、エスコートに失敗。
気がつけば、このカップルを見守り続けて、60分以上が経過しています。
左がオス、右がメス。
寄り添いました
「やはりダメか・・・」誰もが諦めかけた、その時。
なんと、痺れを切らしたメスが、オスをエスコート。
ご覧ください、奥のメスが、手前のオスの身体を持ち上げています。
普通なら、オスがメスを持ち上げて、浮上するのです。
浮上開始
ガイドさんからは、大体1mくらい浮上したあと、放精・放卵すると
事前に聞いていたのですが、このカップル、どんどん浮上していきます。
まだ上へ
まだまだ、水面に向かって浮上中。
見ているダイバーも、寝そべった状態から、完全に起き上がり
さらに、フィンが水底から離れる高さまで、一緒に浮上。
どこまで行くの~
「これ以上、追いかけられないよ~」という高さまで、浮上したところで
ついに、放精・放卵が始まりました。
2匹の間から出ている、モヤモヤしたものが見えるでしょうか?
放精中
気づけば、あたりはすっかり暗くなっていました。
エキジット口に向かう途中、何度も見かけた、変なネンブツダイ
お尻から、白いものを引きずったまま、泳いでいます(笑)
何を出しているのでしょう?
背負っているタンクが、海面に出てしまうくらいの浅場で
カゴカキダイの幼魚を、発見。
前へ、後ろへ、体を揺さぶられながら撮影。
カゴカキダイ
一時はハラハラさせられましたが、「肉食系」のメスのおかげで
産卵シーン、それもメスがオスをエスコートするという、珍しいパターンを
観察できて、結果的にはラッキーでした。
1匹のオスから始まり、気がつけば70分以上、ヤマドリカップルの後を
付け回していたことになります。
もしかしてダイバーって、ちょっと変態?(笑)
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 伊豆海洋公園  ダイビング  ヤマドリ  コモンウミウシ  ネンブツダイ  カゴカキダイ 

[edit]

« 伊豆海洋公園7/7-2-  |  大瀬崎7/1-3- »

コメント

Oつがい様はお魚をこよなく愛しておいでなのですネェ
だから長時間 お二人ではない二匹の愛の行方を見守って・・・♡❤まで。

海の中にも神秘な命の物語が、ステキにありますネェ
こんなところまで見させて頂き 良かった!今日のブログを見てラッキー!
雌の気持ち、伝わってきました、、、どの世界も女は強し=命を生むのですから。と感動。

ROMI #- | URL | 2012/10/04 06:54 * edit *

ヤマドリの産卵を
固唾を呑んで見ているダイバー。
傍から見たら
かなり怪しいです。

ストーカーみたいだなあって
去年自分で見ていて思っちゃいました (#^.^#)



でもヤマドリの産卵シーンって
なかなか感動的ですよね~。

カメラでこんなにきちんと撮れてて
すごいですね!

pullpullpull #- | URL | 2012/10/04 08:02 * edit *

久しぶりにコメントを

ヤマドリのやりとりに、少しほっこりとしてしまいました^^

k #- | URL | 2012/10/04 08:53 * edit *

マダラよりやはりこちらの方が遥かに価値がありますね。
こう言うのを見るとダイバーしてて良かった、と思います。

kimi #5r6GAHyA | URL | 2012/10/04 10:26 * edit *

魚の世界も!

こんばんは。
魚の世界も志を強く保たないと目的達成できませんね〜!
健気な姿に感動しました!

yokoblueplanet #- | URL | 2012/10/04 20:45 * edit *

ROMI様。

ROMIさん、こんにちは。
魚の世界にも、ドラマがありますね~。
世間では、肉食女子と草食男子がブームのようですが
魚の世界も、同じブームが起きているようですね。
O夫

ふだんから岩の上で生活している、小さな魚なので
ダイバーでなければ、目にすることは少ないでしょう。
でも、アプローチからエスコート、産卵までの
懸命な営みを見たら、きっと誰でも感動するはず。
記事にして良かったです!
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/04 22:06 * edit *

pullpullpull様。

pulloullpullさん、こんにちは。
本当に、相手が魚じゃなかったら、犯罪ですよね(笑)
他の魚に比べても、ヤマドリの産卵は、感動的らしいです。
来年は、あっけない産卵の、コブヌメリを狙ってみたいです。
O夫

この子たちは、動くたびに「吹き出し」をつけたくなるほど
ドラマティックでしたよ~e-446
我々も一緒になって、一喜一憂ハラハラしどおし!
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/04 22:07 * edit *

k様。

kさん、こんにちは。
ガイドさんによれば、通常1ダイブで、何度も産卵シーンが、見られるらしいのですが
今回は、とにかくオスが、若すぎました(笑)
70分、1匹のオスを追いかけ続け、今か今かと待つには、かなりの集中力が必要でしたが
待ったかいがあって、いいシーンが見れました。
O夫

オスが複数いる場合、大きくて強い子がメスを独占し
若い子や小さい子は、見向きもしてもらえません。
小さい上に不器用なこのオス、ある種ものすごく
ラッキーだったといえましょうe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/04 22:08 * edit *

kimi様。

kimiさん、こんにちは。
マダラより、こっちの方が、体にも優しいですしね(笑)
今回で、だいぶ撮影のコツがわかったので
来年は、もっといい写真が撮れるよう、頑張ります!
O夫

ふつうなら、もっと楽に何度も見られるはずなのに、と
ガイドさんは、かなり焦っていましたがe-446
結果として、いろいろと「普通じゃない」カップルで
むしろ大満足でした。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/04 22:09 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
1時間も待たされた挙句、自らオスをエスコートしたメスも
かなりの、ツワモノですよね!(笑)
O夫

ちっこい魚なのですが、表情がとても豊かで
ふつうにごはんを食べている姿なんかも、かわいいんですよ。
「一生懸命」に、サイズなんか関係ないですね。
無事に産卵を終えたとき、思わず一同そろって拍手してました。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/04 22:10 * edit *

いいもの見てきたんですね~
ヤマドリはよく見かけるけど
背鰭を広げたところも産卵も見たことないなぁ~
見てみたいでござる!!

オカン #- | URL | 2012/10/05 19:49 * edit *

オトンとオカン様。

オカンさん、こんにちは。
運がいいと、1DIVEで、何度も産卵シーンが見れるらしいのですが
この時は、70分で、たった1度でした。
背鰭を広げるシーンは、オスとオスが出会った時も、見られますよ。
O夫

季節は夏ですよ。
産卵じたいは、日没時を狙わないといけませんが
オスのディスプレイなら、リクエストすれば見せてもらえると思います。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/05 22:30 * edit *

すごいですね、バッチリ交尾の瞬間を狙えるなんて!
私なんかこうびはおろか鰭を立ててるとこすら見たことありません。

DI #wr80fq92 | URL | 2012/10/07 00:35 * edit *

わ、いつの間にかアップされてました!
ようやくご一緒した時のヤマドリの産卵でしたね~!

上昇時の角度、良かったですね~!!ばっちり撮れてますね。
私は、後姿しか撮れませんでしたTT。

nabi #8zyxN7ck | URL | 2012/10/07 09:35 * edit *

DI様。

DIさん、こんにちは。
このオスに、70分以上かけましたよ~。
知り合いでも、いい写真を撮ってる人は
とにかく粘りますが、今回のヤマドリの産卵で
決定的瞬間を撮るには、忍耐だと思い知りました。
O夫

他にもゲストさんがたくさんいらしたのに、もしかしたら
一番がっついて撮っていたかもしれませんe-449
ずっとずっと見たかったシーンだったので、うれしくて
夢中になってしまいました。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/07 19:03 * edit *

nabi様。

nabiさん、こんにちは。
ようやく、ここまで記事がきました(汗)
このヤマドリの産卵で、位置取りの大切さを
改めて、思い知りました。
とは言え、どの角度で上昇するかは
運任せなのが、辛いところですよね~。
O夫

かなり諦めモードでいたもので、いきなり始まった時は
焦った焦った!
次回のカップルには「もう少し低い位置でお願いします」と
事前に依頼しておきたいですよねe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/10/07 19:08 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/393-58e1448d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)