09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

西川名6/24-1- 

房総半島西川名へ、潜りに行きました。
この時期は、トビエイの群れが見られることで、有名です。
もちろんOつがいも、他のお客さんも、狙いはひとつ。
ダイビングサービスのログを見ても、連日群れているようなので
かなり期待しながら、Cポイントからエントリー。

が・・・
ご覧のとおりの海況。真っ暗です。
しかも、耳元でゴーッと音がするほどの、強い流れ。
透明度
この透明度を見て、瞬時にトビエイの群れを諦めた、Oつがい。
マクロモードへチェンジです。
岩穴の中にいる、ゴンズイの群れを撮影しながら
いつものように、アクタウオ探しを始めました。
ゴンズイ
しかし、責任感の強い?ガイドさんは、トビエイの群れを求めて
V字谷方面へ、移動を始めました。
慌てて後を追う、Oつがい。

透明度の悪い中を移動すると、目の前に突然、魚が現れます。
当然、寛いでいた魚たちにとっても、いきなりダイバーが現れるわけで
ビクッとした後、凄い勢いで、逃げていきます。
写真は、慌てて逃げていく直前の、コロダイ
コロダイ
V字谷に、到着しました。
V字谷の主、ヒゲダイ達は、突然のダイバーの訪問にも
まったく慌てず、堂々としたもの。
「こんな海況の中、よく来るよなぁ」とでも、思っているのでしょうか?
ヒゲダイ
ここで、しばしのフリータイム。
相変わらず、流れもかなり強いので、潮陰を選んでマクロ撮影。
ビヨ~ンと、体をのばしている、アオウミウシ
アオウミウシ
コモンウミウシ
透明度が悪くても、マクロ撮影には、関係ありません。
まさに「マクロに外れ無し」です。
コモンウミウシ
V字谷を離れ、再びトビエイの群れを求めて、移動開始。
すっかりトビエイを諦めているOつがいは、移動の合間に
トラウツボを、撮影。
トラウツボ
通常この距離なら、ハッキリ見えるクエ
ぼんやり確認できる程度です。
クエ
Cポイントに戻って、1本目のダイビング終了。
この海況なら、2本目はマクロ希望のOつがいですが・・・
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 西川名  房総半島  ダイビング  ゴンズイ  コロダイ  ヒゲダイ  アオウミウシ  コモンウミウシ  トラウツボ  クエ 

[edit]

« 西川名6/24-2-  |  トマト »

コメント

暗い!

こんばんは。
光を持って行かないと、かなり暗そうですね。
マクロに外れは無い、良い言葉です。
どの位の光源を持って行っているのでしょうか?!

yokoblueplanet #- | URL | 2012/09/16 18:06 * edit *

いきなりの何だかコワイと感じてしまう画像
音が聞こえる程の流れってスゴイですね!

そんな中での次回のお写真はどんなのか
楽しみです♪

nohohon life #- | URL | 2012/09/16 19:10 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
Oつがいは、550ルーメンのライトを2つと、250ルーメンのライト1つで、潜っています。
写真を撮らなければ、十分な光量なんですが
写真を撮るとなると、車のフォグライトのような
水中ライトが、欲しくなります(笑)
O夫

そう、マクロよりワイドの方が難しいんです!
カメラ初心者のOつま、写真における光の大切さを知るのに
けっこう時間がかかりました。
まして光を操るとなると、まだまだ分からないことだらけですe-449
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/09/16 21:55 * edit *

nohohon life様。

nohohon lifeさん、こんにちは。
西川名は、もともと流れるポイントなのですが
一旦、着底してしまうので、ファンダイビングをするのに
そんなにつらくは、ありません。
ただ、写真を撮るとなると、話は別でして・・・
こういう状況だと、ガイドさんと、どれだけ意思疎通ができているかが、鍵ですねe-258
O夫

海底には鎖が張られていて、飛ばされることはなく安全ですが
さーて、このキビシイ海況をどう料理するか?
Oつがいとガイドさんが、うまくタッグを組めた時には
俄然、面白くなるのです。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/09/16 21:57 * edit *

すごい!!

こんばんは!
この透明度で流れがあるの怖いですね~。
ナイトダイビングみたいです。
こんな時にはマクロに気持ちを切り替えるしかないですね。
とはいえ何がいるのか中々見えなさそうです。
2本目も楽しみにしております。

きょん #PZXyn44A | URL | 2012/09/16 23:27 * edit *

うはは~、私西川名はこんな色の時しか潜ったことないです。
でもあのヒゲダイは面白いですよね。
なんであんなきれいに並んでるのかと。

DI #- | URL | 2012/09/17 00:02 * edit *

きょん様。

きょんさん、こんにちは。
流れあって、透明度が悪いのは、嫌ですね~。
Oつがいは、マクロで四畳半ダイビングで、良かったのですが・・・e-43
O夫

やはり西川名は、みなさん大物狙いでやって来るので
ガイドさんも、頑張っちゃうんですよね~。
遠くにワラサがいたのを見たとか見ないとか、話しているのを
よく頑張るなぁ~とのんびり聞いていた、Oつがいですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/09/17 19:03 * edit *

DI様。

DIさん、こんにちは。
Oつがいは、透明度のいい、西川名しか知らなかったので、ビックリでした~v-12
さすがにこの日は、名物のヒゲダイも、単体でしか、確認できませんでしたv-406
O夫

初めて潜った時、ヒゲダイが岩に同化していて気づかず
超接近してしまい、それでも動じない彼らに感服しましたe-446
つぎは捕食シーンが見てみたいなぁ。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/09/17 19:04 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/386-7e920c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)