09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

井田5/6-1- 

一夜明け、井田の民宿での、朝食。
朝の定番メニューが、並びます。
もちろん、ご飯はお代わり自由。
朝食
Oつがいが井田で潜るのは、10年振りくらいかな?
現在、ダイビングの窓口になっている、井田ダイビングセンターは
その頃には、まだありませんでした。
ガイドさんに
「何か、リクエストはありますか?」と、聞かれ
「旬の生物が、見たいです」と、答えると
「では、コイを見に行きましょう」と、ニヤニヤ。

さあ、1本目のダイビングです。
まずは一押しの、コイに遭遇。しかし・・・
鯉の死体
ガイドさんによると、数日前の大雨で流されてきて
海水に対応できず、お亡くなりなったそう。
旬といえば、旬ですが
Oつがいのリクエストは、あくまで「生物」です(笑)

さて、仕切り直し。
まずは、マハタの幼魚。
他のポイントでも見られますが、井田の個体は人に慣れているのか
結構、近寄らせてくれました。
マハタの幼魚
今度は、正真正銘、旬の生物。
謎のジョーフィッシュです。
ちょうどこの頃、井田のスタッフが、見つけたばかり。
しかも神経質な個体で、近寄らせてくれないので、識別が難しく
とりあえず「井田ジョー」と呼ばれていました。
これが、寄れる限界です。
謎のジョーフィッシュ1
トリミングしても、この程度。
もう少し、ダイバー慣れしてくれたら、いいのですが。
謎のジョーフィッシュ2
O夫の借り物のTZ3では、撮れそうもないので
井田ジョーはOつまに任せ、O夫はひとり
マツカサウオの幼魚と、1本勝負。
マツカサウオ(幼魚)
もうひとつの旬の生物、カエルアンコウ
砂地にぽつんと、真っ白い個体。
目立ち過ぎです(笑)
カエルアンコウ
深度を上げ、アオリイカの産卵床に寄ってみましたが
産卵床の中に、イカ狙いのウツボが入り込んでいた為
一匹もいなくなっていました。残念。
せっかく来たので、卵だけ撮っておきました。
アオリイカの卵
さらに、深度を上げた浅場で、ヤマドリを発見。
しばらく動きを見ていると、もう一個体が現れました。
すかさず、ゲストみんなで、取り囲みます。
2匹のヤマドリ
「これは、ディスプレイが見られるぞ」と、誰もが思った瞬間
2個体とも、ビンビン背鰭を立てはじめました。
ゲスト全員の頭の上に「なんだ、両方オスじゃん!」という
吹き出しが見えた、Oつがいです。
鰭全開
オス同士のケンカになると、やはり身体の大きな個体が勝つようです。
ほぼ勝負がついたところで、クツワハゼの仲裁?が入り、終了。
クツワハゼの仲裁
久しぶりの井田でのダイビング、楽しいぞ~。
2本目も、楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 井田  ダイビング  コイ  マハタ  ジョーフィッシュ  マツカサウオ  カエルアンコウ  アオリイカ  ヤマドリ  クツワハゼ 

[edit]

« 井田5/6-2-  |  雲見~井田 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/372-28eb195c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)