09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

川奈3/20-1- 

伊豆ダイブサファリも、いよいよ最終日です。
最後は、1日おいて再び、川奈でのダイビング
まず、卵を守っているサビハゼ(♂)を、見に行きました。
サビハゼの上に見える、黄色いものが卵。
天井部に産みつけられた卵は、棍棒状の形になり
ぶら下がった状態で、ハッチアウトの時を待ちます。
サビハゼと卵
砂の中に、シビレエイが隠れていました。
名前の通り、うかつに触れると電流を発生し、ピリピリとシビレます。
シビレエイ
強気なイトヒキハゼ
かなり近くまで、寄らせてくれました。
残念だったのは、一度も背鰭を広げてくれなかったこと。
よって、後日取り直し決定。
イトヒキハゼ
2日前には、1人1ダンゴ状態だったので、ガイドさんと
「今日は、ダンゴウオはスルーね」なんて話をしていたのに
「見つけてしまったので、つい・・・」と、指し示すガイドさん。
「紹介されたので、じゃあ・・・」と、撮るOつがい(笑)
ダンゴウオ
もう1個体いました。
前日の伊豆海洋公園では、成魚しか見かけなかったのに
ここ川奈は、天使の輪の付いた、生まれて間もない幼魚ばかりです。
ダンゴウオ
サザエの貝殻に付いている「藻」を食べている、ムラサキミノウミウシ
ムラサキミノウミウシ
砂の中から、顔を覗かせている、キビレミシマ
見慣れていても、この表情には、つい笑ってしまいます。
キビレミシマ
キビレミシマを撮影している時、誰かがフィンで水底を叩いたらしく
砂の中から飛び出してきた、サルエビ
本来なら夜行性で、ナイトダイビングでしか出会えません。
強気な個体だったのか、ビックリして放心状態だったのか
近寄っても、まったく動きませんでした。
サルエビ
伊豆ダイブサファリも、いよいよ次の1本で、終了です。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 川奈  ダイビング  サビハゼ  シビレエイ  イトヒキハゼ  ダンゴウオ  伊豆海洋公園  ムラサキミノウミウシ  キビレミシマ  サルエビ 

[edit]

« 川奈3/20-2-  |  川奈3/19 »

コメント

イトヒキハゼ なんと愛きょうのあるしかも美しい色合いのお魚でしょう!
ちょっと 夫がムクレれて横眼づかいで様子をうかがっている表情にも似てるなぁ〰と 親近感が湧いてきます。

ROMI #- | URL | 2012/06/23 20:22 * edit *

ROMI様。

ROMIさん、こんにちは。
イトヒキハゼに似てるなんて、旦那様、可愛い~(笑)
背鰭を開いてくれると、もっとよかったのですが・・・
O夫

メスを誘ったり、ライバルのオスを威嚇したりするときに
ハゼはさらに輝きを増し、美しい背鰭をピーンと立てます。
その一瞬を切り取れたら、ダイバーは天にも昇る心地なのですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/06/23 22:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/340-3ae5f10e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)