08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

神津島11/8-3- 

それでは、いよいよ天上山山頂トレッキングスタート!
これが大まかな、コースです。
山頂案内図
まずやって来たのは、文政の石積跡(オロシャの石塁)
江戸末期、外国船籍の船が日本各地に出没するようになり
異国の人達が島に上陸した時、天上山に引き寄せて戦えるように
石積防塁を、約300mにわたって築いたそうです。
写真はその跡ですが、イマイチ分かりづらいかな?
オロシャの石塁
次に、千代池(せんだいいけ)へ向かいます。
途中の道では、ミヤマシキミの実を見ることができました。
ミヤマシキミ核果
足元には、イズノシマウメバチソウが咲いています。
イズノシマウメバチソウ
千代池が、見えてきました。
千代池
天上山の頂上台地には、いくつかの池があります。
中でも千代池は一番大きく、元々は、火口跡に
雨水が溜まって、できたものだそうです。
千代池湖畔
続いて、シダに覆われた道を進みます。
シダの道
ハチジョウアザミ?が咲いていました。
ハチジョウアザミ?
楽しみにしていたリンドウはと言うと、やはりまだ開花していません。
残念~。
リンドウ
天上山を代表するポイント、表砂漠へ続く道。
表砂漠への道
表砂漠に到着しました。
ここが日本であることを忘れそうな、独特の風景です。
表砂漠
今度は、裏砂漠へ向かいます。
空は明るいのですが、ポツポツと雨が降り始めてきました。
裏砂漠への道
ここが、裏砂漠です。
まるで、スターウォーズに出てくる、タトゥイーンのような風景。
今にもジャワ族が、スクラップを集めながら、出てきそうですが
実は、土砂降り。
当然ながら、雨をしのげるような場所もなく
民宿のお母さんがくれた合羽を、大急ぎで着込みました。
裏砂漠
裏砂漠、通過中。
スターウォーズ大ファンのO夫、本当はこのあたりで
ルーク・スカイウォーカー気分に、浸りたいところです。
しかし激しいお天気雨、しかも強風が加わり、前進するのも大変。
大急ぎで、裏砂漠を離れます。
裏砂漠を通過中
展望地に着きました。
写真手前が、祇苗島
奥に、うっすら見えているのが、三宅島です。
そう言えば昨晩、竹芝でお話した女性は
無事、三宅島に着いたでしょうか?
祇苗島と三宅島
左手に目を向けると、手前の平らな島が、式根島
その奥に重なって見えているのが、新島。
一番左奥の、三角の島が利島です。見えるかな?
式根島・新島・利島
ここにはテーブルがあり、休憩できるようになっています。
ちょうど雨も弱まってきたので、昼食にしました。
ダイビングショップで用意してもらった、おにぎり弁当です。
左から、普通の海苔を巻いたもの、神津島名物の岩のりをまぶしたもの
そしてワカメをまぜたもの。
おかずはソーセージ、甘い卵焼き、たくわん。
アルミホイルに包まれたのは、これも神津島名産、カワハギのみりん干。
仲良しオーナーのお母さん手作りで、最高に美味しい!
お昼ご飯
お腹が一杯になり、体も温まったので、再び出発します。

スポンサーサイト

テーマ: 登山

ジャンル: スポーツ

タグ: 天上山  ミヤマシキミ  イズノシマウメバチソウ  ハチジョウアザミ  リンドウ  表砂漠  裏砂漠  祇苗島  三宅島  式根島 

[edit]

« 神津島11/8-4-  |  神津島11/8-2- »

コメント

ほんとうに不思議!
ひとつの山なのに
こんなに雰囲気の違う景色が
広がっているなんて
それにダイビングまで楽しめる♪
(いえ反対か?登山までできる?)
どちらにしても
神津島は魅力の島ですね^^

nohohon life #- | URL | 2012/01/27 09:09 * edit *

おにぎり弁当

美味しそう~~。
こういうところで食べるお弁当って美味しいんでしょうね。

そして路の端々に咲いている花に心癒される感じです。

斑点ゾンビ #YYbKTuzQ | URL | 2012/01/27 19:44 * edit *

船からの景色もよかったですが、
山の景色も独特でいいですね~。
山行とおにぎりは見た目的にもマッチしてますよね。

昨年立山に行ったときに、
富山名物とろろこんぶ巻きのおにぎりを食べましたが、
岩海苔も美味しそう!

うめざわ #- | URL | 2012/01/27 20:53 * edit *

nohohon life様。

nohohon lifeさん、こんにちは。
山頂トレッキングは、景色が次々と変わるし
風景が、まるで日本じゃないみたいなんです!
Oつがいは、まだ見たことがないのですが
いつか、天上山から、富士山を見てみたいです。
O夫

一歩進むごとに、植物が変わり、地面の色が変わり
異次元に迷い込んだような感覚が、味わえます。
そして見下ろせば、そこには広い海。
何度でも登りたくなる山です~。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/01/27 21:26 * edit *

斑点ゾンビ様。

斑点ゾンビさん、こんにちは。
植生のガラパゴスと、呼ばれている天上山。
春・夏・秋・冬と、それぞれのシーズンの植物を
見てみたいです。
O夫

強風の中でしたが、お弁当の美味しさは変わりませんでした。
手作り感に加えて、地元の材料を使っているところが
心にくいですよね。
オーナーも、こういう愛情弁当を食べて大きくなったのね、なんて
つい思ってしまいますe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/01/27 21:27 * edit *

うめざわ様。

うめざわさん、こんにちは。
島の山に登ると、すぐ目の前に海が見えるのも
ダイバーにとっては、嬉しいところですよね!
ダイビング編は、もうちょっとお待ちくださいねv-421
O夫

あ、とろろ昆布おにぎり美味しいですよね~。
神津には、岩海苔の炊き込みご飯もあるんですよ。
これがまた激ウマ!
お代わりが止まらなくなること、必至ですe-349
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/01/27 21:29 * edit *

島と言えば
潜ることしか考えてませんでした。

こういう楽しみ方も
あるんですね♪

何でもできるご夫妻は
凄いです。

pullpullpull #- | URL | 2012/01/27 22:05 * edit *

面白いですね!

こんばんは。
本州だと夏の終わりから秋にかけて咲く花が今咲いていますね。
興味深い展開です!
ありがとう。

yokoblueplanet #- | URL | 2012/01/27 23:59 * edit *

pullpullpull様。

pullpullpullさん、こんにちは。
Oつがいも以前は島と言えば、潜る→飲む→食べる→寝る、でした。
登るようになったのは、ここ最近ですよ~。
残念なのは島に滞在中、海が荒れたから
「じゃあ、今日は山にするか」って、出来ないので
どうしても、島に着いたら「まず登る」になってしまうことです(笑)
O夫

まずは、潜りついでに島巡りを始めたことが
最初だったかもしれません。
ある時はレンタルバイクで、ある時は仲良しガイドと。
島には濃い文化が息づいていて、とても面白いのです。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/01/28 01:11 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplaneさん、こんにちは。
そうなんです、島という環境のせいなか
花の開花時期や、植生が、微妙に違うようです。
そんなところも、島の山の魅力ですね!
O夫

魚だったら、今年はどうだこうだと、理解できるのですが
植物は本当にまるっきり、わかりません。
11月にしては、リンドウの開花が遅いんじゃないかなぁと
思いはしましたが、確証はなくe-449
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/01/28 01:12 * edit *

神津島の認識が変わりました!
こんな本格的なトレッキングが楽しめるんですねー

確かに大島とかも山のガイド人気ありますものね。
八丈、小笠原も豊かだし、屋久島も似た感じがあります←唯一トレッキングした場所(^_^;)
植物相も面白くて良い感じですが、山が苦手なのは、登ったら降りなきゃ行けない所・・・
まぁ、海も潜ったら上がらなきゃ行けないけど、どちらも帰りがしんどいって事ですね。

F #- | URL | 2012/01/28 02:09 * edit *

F様。

Fさん、こんにちは。
神津でいつもお世話になっている、ダイビングショップのオーナーは、神津生まれなんですが
子供の頃には、普通に登っていた天上山なのに、大人になったら登るの(上に上がる)のが辛くて
気が付いたら、下に降りる専門になっていたそうです(笑)
明日は、千葉の波左間に潜りに行ってきます!
O夫

確かにね~、下りは辛いですね。
ビーチダイビングのエキジットだって、時間こそ短いけれど
いつも地獄。慣れとは別問題ですな。
でも天上山は標高がそんなに高くない(わりに山頂は広々として
満喫できる)ので、Fさんでも全然行けると思います!
Oつま

Oつがい #- | URL | 2012/01/28 18:24 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/260-c4ae06a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)