06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

波左間9/30-2- 

1本目のダイビングを終え、いったんサービスに、戻ってきました。
「初」波左間のO夫、施設内をウロウロ、偵察していると
おぉ!サービスの前で、再圧チャンバーを発見。
これなら、いざって時も、安心ですね。
(まぁ、使わないのが一番ですが)
チャンバー
さて、休憩中、西川名のスタッフが
「2本目ですけど、今、生簀の中にいる、ジンベイザメを見に行きませんか?」
Oつがいは、できれば普通のポイントを、もう一度潜りたいと
リクエストしました。
「分かりました~!」と、元気よく去って行った、スタッフくん。
しかし、すぐに戻ってきて
「やっぱり、ジンベイじゃ、ダメでしょうか?」と
申し訳なさそうな顔で、聞いてきます。
どうやら、もう一人のゲストの方が、ジンベイをリクエストしている模様。
Oつがいも、鬼ではないので(笑)、了承し
2本目は、マンボウランドという、生簀でのダイビングとなりました。

ジンベイとのダイビングには、いくつかルールがありまして
まず、ジンベイザメを撮影時に、ストロボは使用禁止。
そして、潜水時間は、きっちり30分。
こうした注意事項を確認したうえで、港を出港しました。

マンボウランドに、到着。
イケス上
ここで、やさしい船頭さんが、エサのオキアミを撒いて
船の側に、ジンベイザメを、呼び寄せてくれます。
まずは、船上での撮影タイム、スタート。
給餌中
さぁ、いよいよエントリーです。
船頭さんの「ジンベイの立ち泳ぎは、是非撮ってね」のアドバイスに
水中に入ると、すぐに撮影開始。
体長4m前後の、まだ幼いジンベイザメですが
Oつがいのカメラの画角で、その全身を収めるには
かなり、距離を取らなければいけません。
残念ながら、この日は、透明度があまり良くなくて
全身が収まる距離まで離れると、ジンベイが見えなくなってしまう・・・
結局これが、限界でした。
立ち泳ぎ
ジンベイザメは、生簀の中を、ゆっくり回遊しており
わざわざ追いかけなくても、時間が経てば、また戻ってきます。
ただ透明度が悪い中、いきなり、ぬ~っと現れるので
なかなか、狙った写真が撮れません。
透明度が・・・
O夫、ずいぶん昔に、メキシコのエルバホと言うポイントで
野生のジンベイザメを見たことがあり、その時の体験をもとに
撮影のコツを、いろいろと考えていました。
「名前の由来になった、体のジンベイ模様を撮る」
「特徴的な、平べったい、頭部を撮る」
「強い推進力の源である、巨大な尾鰭を撮る」

いよいよ、実践です。
まずは、ジンベイ模様。
ん~、もっと、俯瞰で、全身を入れたかった。
体の割に、目が小さいです。
目は小さい
平たい頭部。
これも、できればジンベイ模様と、セットで撮りたかった。
頭部
巨大な尾鰭。
あ~、鰭の先端が、切れてる~(泣)
尾びれ
ダイバーとは贅沢なもので「いつでもジンベイが撮れる」となると
他の魚も、気になってきます。
そこで、生簀の魚チェック、スタート。
中層を、元気よく泳いでいた、ウマヅラハギ。
ウマズラハギ
シマアジ
生簀の編目が大きいので、このくらいのサイズの魚は
自由に出入りしているようです。
シマアジ
この他にも、イシガキダイやオヤビッチャ、ネンブツダイもいました。

続いて、水底へ。
ここには、カゴカキダイイシダイ(幼魚)が、いました。
カゴカキダイとイシダイ
アイゴも、よく見ることができます。
アイゴ
砂の中に、何かいないか、捜索してみましたが
何種類かの貝しか見つからず、空振り。
「じゃあ、また、ジンベイでも撮るか」と思っていたところ
(←なんて贅沢な!)
Oつまに呼ばれたので、行ってみると
のんびり佇む、クロイシモチがいました。
大瀬崎などでは、岩陰に隠れていることが多いので
早速、撮りまくり!
この場では、ジンベイよりも、扱いが上(笑)
クロイシモチ
ふと時計を見ると、すでに30分経過。
「お~ヤバい、タイムリミットだ」
ゲストの方と、Oつまが、ボートに上がり始めます。
エキジット中
最後にO夫の番。
ラダーに向かい、浮上を始めたその時、突然ジンベイが真横から現れ
O夫の浮上を、邪魔します!?
慌てて、もう一度潜行し、道をあけます。
ジンベイ、目の前を横切る
ジンベイの、通過待ち中(笑)
ジンベイ通過中
ようやくボートに上がり、港に戻ると、波左間の社長さんが
「30分って、言ったのに~」
Oつがい
「ごめんなさい、でも社長、凄く楽しかったです~!」
すると、ニッコリ笑って「そうか、そうか」
社長さん、優しくて、とってもいい人でした。
すっかり、波左間の海が気に入った、Oつがい。
また、潜りに行こうと思います。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ダイビング  ジンベイザメ  ウマズラハギ  シマアジ  カゴカキダイ  イシダイ  アイゴ  クロイシモチ   

[edit]

« 波左間9/30-3-  |  波左間9/30-1- »

コメント

かわりはジンベイですか~。
それはうらやましい。
私はマンボウの時期しか行ったことないので。。。

ウミガメが驚いて、マッハで逃げるもマンボウに激突したのはいい思い出です(笑)
その時には土管の中にナヌカザメがいた気がします。

のんびりするには色々といい場所ですね。

うめざわ #- | URL | 2011/12/12 23:44 * edit *

私も昔沖縄の生け簀でジンベイダイビングしましたよー。
尾びれで顔をはたかれました(笑)。

M下 #uxYHNhu6 | URL | 2011/12/13 00:22 * edit *

うめざわ様。

うめざわさん、こんにちは。
マンボウランドに、土管があったんですか?
今回潜った時は、土管は見当たりませんでした。
見落としたのかな?
この生簀に、ウミガメが入っている時も、あるんですか?!
ジンベイと、マンボウ限定の、ポイントだと、思ってました。
O夫

生簀マンボウに時期があり、ジンベイにもあるということですか。
なるほど~。
万年、生簀があるなら、オリジナルな生き物をたんまり
貯め込むというのも、ダイバーにはありですよねe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/12/13 01:03 * edit *

M下様。

M下さん、こんにちは。
え~、M下さんも、生簀経験者でしたか?!
色々と、やってますね~(笑)
でも、M下さんと、ジンベイって、何かイメージ湧かないなぁ(爆)
O夫
某ダイビング漫画で、ジンベイスイムのタイミングを間違え
体当たりされた、というネタを読んだことがありますが
やっぱりジンベイって、ざっくりした性格なんですかね。
あ、沖縄の生簀って、もしや司法修習生時代!?
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/12/13 01:07 * edit *

しゅごいですね。

凄いを通り越して「しゅごい!」ジンベイさん、とても良いけど、やっぱし緊急再圧室に感動。
さすがダイビングスポットなんですね。

MK #c5NzTaeA | URL | 2011/12/13 06:49 * edit *

うわ~!
ジンベイいいですね♪
私もジンベイ見たくなりました~☆

でも30分なんて短すぎますね(+_+)

ゆかちん #- | URL | 2011/12/13 09:03 * edit *

近くでも潜れるのね

50代家40代の終わる頃 家族で沖縄離島(はいむるぶし)1週間の旅。
その時もダイビングをして~海の中ってきれい! 今でも思い出します。

こんなに近くても 潜ってお魚と遊べるのですネ。
以前は息子との家族旅行でしたが、今度は孫との爺・孫、婆・孫旅行で
孫達に海の中を見せてやりたいわ!

一度は孫達にも体験させたい海の中の美しさ不思議さ! 本当にすごいです。・・・・『波佐間』 に良い宿、初心者でも良いガイドさん いますか???
教えてください。

レディーのパパ&ママ #- | URL | 2011/12/13 12:35 * edit *

Oつがいさん、こんにちは☆

凄いコメント数ですね~。私のコメントは遅くなってもいいので、無理のないようにしてくださいね!私も年末の休みを利用してコメントをすべて返すつもりですが、凄いことになってて、意気消沈中です^^;

それにしても私の大好きなじんべいちゃんと横で泳げるなんていいですねぇ♪
でもクロイシモチのほうが扱いが大きいなんて、Oつがいさんらしいですね!

ウマヅラハギもシマアジも食べたくなった食いしん坊ミストでした(笑)

ミスト #- | URL | 2011/12/13 13:45 * edit *

え~、私、生簀どころかジンベイザメすら見た事ない・・・orz
ラパスのエルバホにも潜ったのですけどねぇ…
そして勿論マンボウも見た事ありません!

ジンベイもマンボウも水族館だけだー
・ジンベイ:美ら海、海遊館
・マンボウ:大昔の江の水、サンシャイン
うーむ。

F #- | URL | 2011/12/13 22:13 * edit *

確か時期的にマンボウ、マンボウが水温的に厳しくなるとイトマキエイ。
それ以外のシーズンは何か。
って感じだった気がします。

漁業害獣が入っていることが多いです(汗)

うめざわ #- | URL | 2011/12/13 23:09 * edit *

MK様。

MKさん、こんにちは。
しゅごい!ですか?!(笑)
O夫も、港に、緊急再圧室があるのは、初めてみました。
入りたくは、ないですが・・・
O夫

中を覗くと、長時間の滞在に備えて、雑誌などが置かれてました。
でも閉所恐怖症の人は、耐えられないかもe-350
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/12/14 00:06 * edit *

ゆかちん様。

ゆかちんさん、こんにちは。
波左間の社長さん、波左間の生物たちを、愛しているので
ジンベイに、ストレスをあたえないよう
30分なんだ、そうです。
30分は、あっという間でしたv-16
O夫

大きいけれど、顔から動作から、幼さが見て取れて
可愛かったですよ~。
30分ダイブなんて、実に久しぶりでしたe-348
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/12/14 00:15 * edit *

レディのパパ&ママ様。

レディのパパ&ママさん、こんにちは。
はいむるぶしは、確か小浜島でしたよね。
すぐそばに、マンタで有名なポイントが、あるんですよ。
「波左間」は、O夫も初めてなので
あまり知らないんですよ。
ただ、館山なので、ホテルはあると思います。
波左間に行く途中の海沿いに、綺麗なホテルがありました。
ガイドさんについては、今度聞いてみますね。
O夫

Oつがいが、果たしてお役にたてるかどうか、自信はありませんが
お孫さんにも、ぜひ海の魅力を感じて頂きたいなぁe-349
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/12/14 00:33 * edit *

ミスト様。

ミストさん、こんにちは。
連日、たくさんのコメントをいただき、嬉しい悲鳴ですv-14
ミストさんのブログのコメントの返事、休み中かかってしまいそうv-12
ミストさんこそ、無理しないでくださいね。
O夫

うちのコメント数に目がいくとは、もしやご自身のコメント数に
連夜、うなされていらっしゃるのでは!?e-350
でもそのあと、美味しそうな魚にも反応して下さっているので
安心しましたe-446
Oつま

>

Oつがい #- | URL | 2011/12/14 00:40 * edit *

F様。

Fさん、こんにちは。
え?!Fさん、まだ、ジンベイ・・・
まぁ、Fさんは、正統派のダイバーですからね。
あの方は、沖縄の生簀で、ジンベイを見てるそうですよ。
本当に、貪欲ですよね~(笑)
でも、O夫は、ジンベイより、カ○ヂが見たいです。
魚より先に、ご本人を、見てしまいました(笑)
O夫

Oつまも、まさか生簀で初ジンベイとは、我ながらビックリe-451
今度エルバホで出会ったら、もっと上手に撮るぞっ(いつの話だ)
マンボウは、ぜひ一緒に大瀬で見ましょうよ!
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/12/14 00:51 * edit *

うめざわ様。

うめざわさん、こんにちは。
最近は、大物がいなくなると、クローズしちゃうみたいですね。
ただ「高根」が、とても面白かったので
今度は、波左間のガイドさんと、潜ってみようと、思っています。
漁業害獣といえば、大瀬のチョイ先に
ハンマーのもの凄い群れが、集まる場所があるのですが
そこでは、ハンマーは、漁業害獣だそうです。
ダイバーに、開放してほしいです。
O夫

波左間の社長さんは、マナーの悪いダイバーだけでなく
いろんなモノと戦っているのかも・・・e-350
人も魚も、できるだけ共存共栄でいきたいものです。
Oつま


> 確か時期的にマンボウ、マンボウが水温的に厳しくなるとイトマキエイ。
> それ以外のシーズンは何か。
> って感じだった気がします。
>
> 漁業害獣が入っていることが多いです(汗)

Oつがい #- | URL | 2011/12/14 01:03 * edit *

こんにちはー、オトンです。

こんなポイントもあるんですねー。
ボクもまだジンベエは見たことがないです。
まだダイビング始めたばかりなんで、ゆっくり出会えれば
いいかなー、なんて(笑
でも、出会えないときはこちらのポイントで潜ります!
クロイシモチにヒットしてるお二人が微笑ましいです♪
最後のジンベエ通過時の画像は迫力ですね!

オトン #- | URL | 2011/12/14 18:56 * edit *

こんばんは。
すごいです...ジンベイと海の中で戯れることが出来るなんて。

沖縄の美うみ水族館で、直立して餌を食べるのを見たことがありますが、
一緒に泳ぎながらは、すご~~いですね!

いろんな趣味、ご夫婦で楽しめるなんてうらやましいね~(笑)

ノリーダヨ #- | URL | 2011/12/14 19:33 * edit *

>マンボウは、ぜひ一緒に大瀬で見ましょうよ!
お誘い嬉しんですが、マンボウの出る時期の水温考えたら・・・
む、無理~
大物見たいリストのTOPの方にはいるんですが、
私、死滅回遊魚なもんで…((+_+))

F #- | URL | 2011/12/14 22:22 * edit *

オトンとオカン様

オトンさん、こんにちは。
生簀ダイビングは、ここ以外でも、やっている所が、何カ所かあるようです。
Oつがいも、オトンさんと、同じで
生物との出会いは「縁」と言う、考えなんですが
そのせいで、O夫は、ハンマーに会うのに、700本を費やしてしまいました。
生物によっては、会える時に会っておいた方が、いいかも?!
             ↑
          煽ってどうする(笑)
ちなみにこのジンベイ、先日放流されたそうです。
O夫

クロイシモチを見つけた時は、きゃーかわいい!と
大げさにかぶりつくOつまに、なんだなんだと
ガイドくんが、すっ飛んで来ましたけど
頭の上に??印がいっぱい出てましたe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/12/14 22:59 * edit *

ノリーダヨ様。

ノリーダヨさん、こんにちは。
沖縄でも、生簀の中のジンベイが見られる所が、あるらしいですよ。
でも、楽にジンベイを見たかったら、水族館が一番ですよね。
ちなみにO夫、メキシコでジンベイに遭遇した時は
ジンベイの背鰭に摑まって、一緒に泳ぎました。
遊泳スピードが速く、横を向くと、マスクが、吹っ飛びそうでした(笑)
O夫

生簀ジンベイに会えて良かったことは、水族館やテレビなどで
分かっていたはずの、動きや質量を、体感できたことです。
赤ちゃんジンベイとはいえ、やっぱり本物は違いますね!
水の中では、どんな小さい魚でも、同じ目線で出会うことになり
そこが、たまらないのです。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/12/14 23:01 * edit *

Oつがいさん、こんばんわ。
そろそろマンボウの入る季節になってきました~。
マンボウのいる春~初夏までは、タツノオトシゴなんかも見られますよ。

1枚目の立ち食いシーン、いい色で撮れてますね、波左間じゃないみたい。

あ、そうそう、Oつがいさんのブログ、リンク張らせていただきました、よろしくお願いします。

DI #wr80fq92 | URL | 2011/12/15 00:19 * edit *

F様。

Fさん、こんにちは。
O夫も、Fさんと、マンボウを見たいですが
もっと、見たい魚が・・・
例の、ハナダイ(笑)
このハナダイなら、ほっかほかの海ですよ~。
O夫

大丈夫!慣れです!
バリでも見たけど、バリも水温低かったから
マンボウ見たいなら、慣れです!
(あえて申し上げますが、Oつまだって強度の寒がり)
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/12/15 00:33 * edit *

DI様。

DIさん、こんにちは。
マンボウの季節ですか!
そう考えると、マンボウランドは
休みなしの、ポイントなんですね!
年が明けたら、波左間に行きますので、ガイドお願いしますね。
こちらも、DIさんのブログと
生物図鑑を、リンクに入れさせてもらいました。
今後とも、よろしくお願いします!
O夫

うわー、立ち食い写真ほめられちゃいました。うれしいな!
なにしろ初・ジンベイだったので、他は失敗写真ばかり。
小さくて(って本当は大きいんだけど)ホントかわいい子でした。
もっと波左間の海を知りたいので、いっぱい教えてくださいね。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/12/15 01:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/238-457937d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)