07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

大山-5- 

阿夫利神社下社へ、やってきました。
建物の右側に「大山名水入口」の、文字を発見。
阿夫利神社
早速、入ってみました。
長寿延命の神泉だそうです。
一杯、ありがたく頂いちゃいました。
大山名水
奥は、宝物庫のようになっていました。
置かれていた、さざれ石。
さざれ石
さあ、下界までは、もう少し。
ここからは、ケーブルカーで、下山することもできるのですが
「エセ」とはいえ、Oつがいも、クライマーの端くれ。
自分の足で、下山することに、こだわります。
ケーブルカー
往きは、男坂を登ってきたので
帰りは、女坂を使って、下りることにしました。

女坂には「女坂の七不思議」が、あるそうです。
七不思議、その七(麓から、数えてあるため)。
眼形石(めかたいし)
人の目の形をしたこの岩に触れて、お祈りすると
目の病気が、治るといわれているそう。
岩が、どうしても目の形に見えないのは、Oつがいだけ?
眼型石
七不思議、その六。
潮音洞。
洞に近づいて、心を鎮め耳を澄ませると
潮騒の音が、聞こえるそう。
しかし、雑念の多いOつがいに、聞こえるはずもなく・・・
次へ、行きましょう!
潮音洞
七不思議、その五。
無明橋。
おしゃべりをしながら、この橋を渡ると
橋から落ちたり、落とし物をしたり、悪いことが起こるそうです。
もともと寡黙なOつがいには、まったく関係ありません(笑)
無明橋
大山寺に、到着しました。
ここで少し、休憩。
大山寺
鉢に浮かぶ、水連。
モネの世界ですね~。
水連
ここ、大山寺は、かわらけ投げの、名所のようです。
1回、300円。
登山客や、外国からいらした方々が、興味深そうに見ているので
少し待ってみましたが、挑戦者は、現れませんでした。
かわらけ投げ
かわらけ投げの「的」と、真下で、のんびり食事中の、鹿。
的と鹿
大山寺のすぐ下には、龍神洞があります。
元々は、頂上を目指していた時に見物した
二重瀧のそばに、あったそうです。
龍神洞
龍神洞のすぐ隣には、寳珠山来迎院があります。
いかにも、歴史を感じさせる建物。
賽珠山来迎院
女坂の七不思議、その四。
逆さ菩提樹。
上が太くて、下が細いので
逆さまに、生えたようにみえるそうです。
この木は、2代目とのこと。
逆さ菩提樹二代目
この辺りで、ちょうど下から登ってきたカップルが
息も絶え絶えに「上まで、あとどのくらいですか?」と、聞いてきたので
優しく「あと、ふた頑張りくらいですよ」と、答えると
男性が、息絶えてしまいました(笑)

さらに少し下って、女坂の七不思議、その三。
爪切り地蔵。
弘法大師が、道具を一切使わず
一夜のうちに、手の爪で、彫刻したと、言われているそうです。
爪切り地蔵
七不思議、その二。
子育て地蔵。
最初は、普通の地蔵として、安置されていたのが
いつの間にか、童の顔に、変わっていたそう。
子育て地蔵
そして、女坂の七不思議、その一。
弘法の水。
弘法大師が、岩に杖を突くと、そこから、コンコンと清水が湧き出し
夏でも枯れることがなく、いつも水量が一定だそうです。
別名「弘法の加持霊水」
手を入れてみると、冷たくて気持ちのいい水でした。
弘法の水
こちらが、今回のルートです。
ルート4
無事、コマ参道に、戻ってきました。
さぁ、昼食です。
スポンサーサイト

テーマ: 登山

ジャンル: スポーツ

タグ: 大山  阿夫利神社  女坂の七不思議  龍神洞  寳珠山来迎院  男坂  二重瀧 

[edit]

« 大山-6-  |  大山-4- »

コメント

パワースポットの雰囲気が
写真からも伝わってきます。
きっと凄いパワーを頂いたのは
ないでしょうか?
神秘的です!!



いちごっ娘 #- | URL | 2011/08/27 15:13 * edit *

大山にはこんな名所がたくさんあったんですね。知りませんでした。

いつも小田厚を通ると目にする山だし、自分にとって、とても身近な存在です。


そうそう.... ドクターイエローの件、色々と教えて頂きありがとうございました。
あの日の訪問者数と、皆さんからのコメントの多さに、記事を書いた本人が一番びっくりしています。(笑)

でも一番、嬉しかったのは、こうしてBlogで、しかもGolfとは全然違うジャンルの方と知り合って、色々と教えて頂けたことです。
知り合ってなければ、こういう事も知らなかったわけですから。



Mackdaddy #- | URL | 2011/08/27 21:28 * edit *

いちごっ娘様。

いちごっ娘さん、こんにちは。
大山は、本当に、修行の山って、感じでした。
おそらく、凄いパワーを、頂いたと思うのですが
貰うより、使う量が多い、Oつがい
すでに、頂いたパワーは
底をつきました・・・
また、パワーチャージに行かないと(笑)
O夫

つたない写真から、雰囲気を感じ取ってくださり
ありがとうございます。
昔から信仰されている山には、お寺や神社も存在しますが
やはり、山そのものに力が備わっているような気がします。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/08/27 23:48 * edit *

MD様。

MDさん、こんにちは。
Oつがいも、ダイビングに行く時
いつも、見ていた山なのに
全然、大山の事を、知りませんでした。
ドクターイエロー、反響凄かったですね(笑)
Oつがいも、MDさんと知り合えて、よかったです。
今後とも、よろしくお願いします。
O夫

登山客の多さにも、びっくりしましたよ~e-451
大山参りを日課?にしていそうな、ツワモノから
ついうっかり、軽ーい気持ちで登りはじめてしまい
瀕死の方まで(笑)
登山とパワースポット、両ブームが合わさった
結果でしょうか。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/08/27 23:51 * edit *

なつかしくて・・一言・・

Oつがいさん・おばんでした。
大山詣での記事、興味深く拝見しました。
6年前までは大山の麓・伊勢原市串橋に住んでいました。
日向薬師さまから頂上まで、いつも遊ばせていただきました。
なんども【ヤマヒル】に噛まれ血を流したものです。
煤が谷の村営温泉によく浸かったことを思い出しました。
神奈川の記事、これからもよろしくお願いします。
【桂恋村総務課 モーモー花子】

よきちのひろ #- | URL | 2011/08/28 21:31 * edit *

モーモー花子様。

モーモー花子さん、はじめまして。
今回のルートは、男坂と、女坂で
だいぶ、やられたので、次回は、日向薬師からのルートで
登るつもりでした。
日向薬師からのルート、ヒルがいるんですか・・・
煤が谷の村営温泉、次回、行ってみたいと思います。
情報、ありがとうございました。
O夫

いらっしゃいませ!
さすが地元の方は、大山頂上まで、遊び場なんですねぇ。
素人Oつがいは、何とか登りました。
もう少し、山にも強くなりたいな~と思います。
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/08/28 23:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/166-166826ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)