FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

2020年富戸12/6-1- 

10ヶ月振りに、ダイビングに出かけました。
今回潜るのは、東伊豆の富戸です。
ポイントは、ヨコバマ。
久しぶりなので、浅いところをのんびり潜ります。

エンントリーすると、いきなり不穏な雰囲気。
左のトラウツボに、ウツボがじりじりと近寄っています。
2020年12月6日1ウツボVSトラウツボ
今にも、戦いが始まりそうな距離まで、近づきました。
あやうし、トラウツボ
2020年12月6日2ウツボVSトラウツボ
Oつがいは見たことがないのですが、ガイドさんによると
この2種が戦うと、勝つのは体の大きいウツボで
負けたトラウツボは、頭から食べられてしまうそうです。
写真を見ても、明らかにトラウツボが逃げ腰ですね。
2020年12月6日3ウツボVSトラウツボ
勝負の行方を見届けたかったのですが、長期戦になりそうなので、移動。
穴の奥で、2匹のフリソデエビが、ヒトデをむしゃむしゃと食べています。
2020年12月6日4フリソデエビ
砂地に移動すると、キュビエ器官(いわゆる内臓)を放出している、なまこを発見。
誰かにいじめられたのでしょうか?
2020年12月6日5ナマコ
綺麗なイソギンチャクの家に住む、アカホシカクレエビ
2020年12月6日6アカホシカクレエビ
可愛いマツカサウオの幼魚を見上げているのは、イタチウオ
2020年12月6日7マツカサウオ&イタチウオ
右に左に揺れ、まるで枯れ葉のような、ハダカハオコゼ
2020年12月6日8ハダカハオコゼ
O夫が大好きな、南方種のセナキルリスズメ
2020年12月6日9セナキルリスズメ
ネッタイミノカサゴは、岩の裏側にへばりついています。
なかなか広い場所で撮らせてくれません。
2020年12月6日10ネッタイミノカサゴ
パッと見ると、どこが前なのかわからない、アケウス
2020年12月6日11アケウス
上から見たら、前後がわかりました。
2020年12月6日12アケウス
キンギョハナダイの群れに紛れている、季節来遊魚のウメイロモドキの幼魚
(青地に黄色い尾)。
12月なのに、まだこんなに元気だなんて。
2020年12月6日13ウメイロモドキの幼魚
待ちに待った久しぶりのダイビング、大満足のうちにエキジット。
ところが、Oつまの装備に不具合が発生。
2本目のダイビングに、影響がなければいいのですが。
スポンサーサイト



テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: トラウツボ  フリソデエビ  アカホシカクレエビ  マツカサウオ  イタチウオ  ハダカハオコゼ  セナキルリスズメ  ネッタイミノカサゴ  アケウス  ウメイロモドキの幼魚 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 2020年富戸12/6-2-  |  2020年圓福寺11/29 »

コメント

本当、久しぶりの海中!

こんにちは。
久しぶりの海中の様子ですが、、、最初から命をかけての戦いに遭遇ですね。
他人事ながら、ドキドキしちゃいます。😰

yokoblueplanet #- | URL | 2021/05/23 14:03 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
身内に不幸が続き、しばらくダイビングを休んでいましたが
やっと、ダイビングを再開することができました。
これからは、ダイビングの記事が増えていきますので
今後ともよろしくお願いします。
O夫

なぜかウツボと縁のあるOつま、久々にエントリーした途端
こんなシーンに出くわしてしまいましたe-451
お邪魔している人間などお構いなく、生きものの営みは行われていますe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2021/05/23 18:57 * edit *

コメントの投稿

Secret