06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

2016年八幡野8/6-1- 

毎夏恒例、東伊豆のIOPへ潜りに行きました。
・・・が、この日は、まさかのクローズ。
急遽、7/30日に潜ったばかりの、八幡野へ向かうことになりました。
前回ご一緒した、八幡野のガイドさんから情報収集した結果
ユウゼンがいることを知り、これを目標にエントリー。

途中、ちょこちょこ魚をチェックしながら、移動します。
背景の綺麗なところにいた、コガネスズメダイ
2016年8月6日八幡野1コガネスズメダイ
目の前を通過していく、イサキの小さな群れ。
2016年8月6日八幡野2イサキ
砂地では、ムスメベラが給餌の真っ最中。
2016年8月6日八幡野3ムスメベラ
前回と全く同じ場所にいた、オオモンカエルアンコウ
2016年8月6日八幡野4オオモンカエルアンコウ
婚姻色が出て綺麗な、オトヒメベラ
2016年8月6日八幡野5オトヒメベラ
あれれ、ユウゼンは?
結局、見つかりませんでした。
少し休憩したら、2本目、再度捜索します。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 八幡野  東伊豆  コガネスズメダイ  イサキ  ムスメベラ  オオモンカエルアンコウ  オトヒメベラ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 2016年八幡野8/6-2-  |  2016年Shangri-La »

コメント

オオモンカエルアンコウ

こんばんは。
姿勢も表情も何とも可愛いですね!

yokoblueplanet #- | URL | 2017/06/21 14:32 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
人間からしたら、こんな狭い場所って思いますが
彼にとってはここ、居心地がいいんでしょうね(笑)
O夫

人気のカエルアンコウの中でも、オオモンは
ぼへ〜とした、のんきな雰囲気が魅力ですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2017/06/21 20:32 * edit *

コメントの投稿

Secret