07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

PALAU 3/9-3- 

2本潜った後は、午後のダイビングに備え、休憩。
美しい景色を眺めながら、島へ向かいます。
dc051904 コピー1
この日は、ウーロン島に上陸。
dc051908 コピー1
O夫の昼食は、カツ丼弁当。
どうだ、と言わんばかりのボリューム。
dc051913 コピー1
Oつまは、またしてもオムライス弁当。
dc051914 コピー1
ウーロン島といえば、アンテロープ号
前回の上陸時は、記念碑を、見に行きましたが
今日は、乗組員の住居跡を、案内してもらいました。
ガイドは、陸でも頑張る、パラオのT氏。
パラオ歴8年になるT氏は、足場の悪い所を、裸足で歩いていきます。
だんだん、野生化しているようです(笑)
dc051918 コピー1
地面には、所々、大きな穴が開いています。
これは、オカヤドカリの、巣穴だそう。
dc051921 コピー1
ジャングルを、かなり分け入った頃、石垣が見えてきました。
この石は、島のあちこちから、人力で運んできたそうです。
ビーチから、かなり奥に入った場所に、住居を建てたんですね。
dc051923 コピー1
石垣を越えると、空き地が広がっています。
今では、住居らしき面影は、どこにもありません。
dc051926 コピー1
空き地の片隅には、土器や、石器が打ち捨てられています。
T氏によれば、乗組員達が、使った物ではないかとのこと。
ちなみに、右上に写っているのは、T氏の足。
痛くないんでしょうか?(笑)
dc051925 コピー1
アンテロープ号の、乗組員達の苦労を、みんなで偲んでいた時
突然Oつまの、絶叫が。
指さす先をみると、巨大な蜘蛛の巣。
dc051928 コピー1
Oつま、蜘蛛が怖くて、叫んだのではありません。
何が凄いかというと、この蜘蛛の巣、立体構造になっているのです。
人間の世界なら、高層マンションと、言ったところか?!
生物好きの、○しさんも大喜び。
dc051930 コピー1
ジャングル探検を終え、ビーチに戻ると
後から来た、ボートの舳先には、ロウニンアジが、ぶら下がっていました。
ボートのキャプテンが、休憩時間に、釣り上げたらしいです。
dc051938 コピー1
ウーロン島探検を終え、さぁ、3本目のダイビングに、出発!
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

タグ: ウーロン島  アンテロープ号  ダイビング 

[edit]

« PALAU 3/9-4-  |  PALAU 3/9-2- »

コメント

こんばんは。
本当に裸足ですね。
ここで裸足はすごいですね。

あかちん #- | URL | 2011/05/25 17:47 * edit *

あかちん様。

あかちんさん、こんにちは。
ジャングルを裸足なんて、凄いですよね。
5年前に会った時より、見かけも野生化しているように、見えました。
あっ、こんなこと書くと、また、怒られちゃう(笑)
O夫

そんな彼ですが、昼食後にはボートの上で、いつも長い時間をかけて
歯を磨いており、そこだけ?は文化的です(笑)
Oつま

Oつがい #- | URL | 2011/05/25 20:53 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://travelaroundtheworld.blog84.fc2.com/tb.php/108-0096ba70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)