08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

2016年富戸7/31-2- 

2本目は、ヨコバマの岩場へ。
エントリーしてからずっと「水中が白く濁っているなぁ」と思っていましたが
原因は、これ。
あちこちでサザエが交接しては、放精しています。
2016年7月31日富戸1サザエの交接
ここでも動画を載せたかったのですが、やはり動画アップロードが出来ず残念。
サザエの放精はどんな様子なのか、想像してみてください(笑)

続いては、ずっとここに居ついている、アカシマシラヒゲエビ
2016年7月31日富戸2アカシマシラヒゲエビ
普通種ながら、つい撮ってしまう、ナガサキスズメダイ
2016年7月31日富戸3ナガサキスズメダイ
ウミウシもいます。
こちらは産卵中の、サキシマミノウミウシ
2016年7月31日富戸4サキシマミノウミウシ
ガラスハゼ
目の前に産みつけた、半透明の卵塊を守っています。
2016年7月31日富戸5ガラスハゼと卵
続いて、子供達を2個体。
まずは、ニシキウミウシの幼体。
成体と姿形がぜんぜん違うので、以前は別種とされていました。
2016年7月31日富戸6ニシキウミウシの幼体
こちらは、ビシャモンエビの幼体。
どんな生物でも、子供はやっぱりかわいいですね。
2016年7月31日富戸7ビシャモンエビの幼体
綺麗な、フジイロウミウシ。こちらは成体です。
2016年7月31日富戸8フジイロウミウシ
イソギンチャクの中には、カザリイソギンチャクエビが暮らしていました。
2016年7月31日富戸9カザリイソギンチャクエビ
そしてイソギンチャクの隙間にいた、超・普通種サラサエビ
2016年7月31日富戸10サラサエビ
名残惜しいですが、これにて2日間のダイビング終了。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: サザエ  アカシマシラヒゲエビ  ナガサキスズメダイ  サキシマミノウミウシ  ガラスハゼ  ニシキウミウシ  ビシャモンエビ  フジイロウミウシ  カザリイソギンチャクエビ  サラサエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« 2016年Shangri-La  |  2016年富戸7/31-1- »

コメント

コメントの投稿

Secret