07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

2016年八幡野7/30-1- 

東伊豆の、八幡野へ潜りに行ってきました。
早速いつものビーチへ、エントリー。

まずは、八幡野でよく見られる、ベニカエルアンコウ
2016年7月30日八幡野1ベニカエルアンコウ
それに比べて、ちょっと数の少ない、オオモンカエルアンコウ
2016年7月30日八幡野2オオモンカエルアンコウ
マクロモードに目線を変えると、ホソテンロクケボリを発見。
2016年7月30日八幡野3ホソテンロクケボリ
こちらは、シロオビコダマウサギガイのペア。
左の個体は、チクチクした外套膜に覆われていますが
右は、外套膜を完全に開いています。
全然違う生物に見えますね。
2016年7月30日八幡野4シロオビコダマウサギのペア
砂地に移動すると、ヒラメが鎮座していましたが
2016年7月30日八幡野5ヒラメ
Oつがいが近づくと「寄るな〜」と、泳ぎ去ってしまいました。
2016年7月30日八幡野6ヒラメ
続いて、カスザメを発見。
2016年7月30日八幡野7カスザメ
本当はここに、砂に潜るカスザメの動画を入れるつもりだったのですが
動画のアップロードが出来ませんでした。
どなたか、アップロードの仕方がわかる方がいましたら、教えていただけないでしょうか?

続いては、砂の中から顔を出している生物、三連発。
まずは、口の動きから、古参ダイバーにパクパクと呼ばれている
ホウジロゴマウミヘビ
2016年7月30日八幡野8ホウジロゴマウミヘビ
ホウジロゴマウミヘビより体の大きい、ハナアナゴ
2016年7月30日八幡野9ハナアナゴ
そして、ハナアナゴより顔のいかつい、ホタテウミヘビ。
2016年7月30日八幡野10ホタテウミヘビ
1本目終了。
少し休んだら、もう一度ビーチで潜ります。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ベニカエルアンコウ  オオモンカエルアンコウ  ホソテンロクケボリ  シロオビコダマウサギガイ  ヒラメ  カスザメ  ホウジロゴマウミヘビ  ハナアナゴ    ダイナンウミヘビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 2016年八幡野7/30-2-  |  2016年新横浜ラーメン博物館・支那そばや7/18 »

コメント

久しぶりの“海物語”いいですね。
頭から知らない名前、難しい名前のオンパレード。でも楽しいです。

ミドリノマッキー #- | URL | 2017/06/02 19:49 * edit *

ミドリノマッキー様。

ミドリノマッキーさん、こんにちは。
しばらく海が続きますので、お楽しみに!
O夫

あぁカスザメの動画も、お見せしたかったですe-443
Oつま

Oつがい #- | URL | 2017/06/02 23:32 * edit *

コメントの投稿

Secret